2011年09月05日 09:00

Joe'sウェブホスティング、EC-CUBE 2.11がプレインストールのサーバーを、http://サブドメイン名.ec-cube.orgの形式で、1年間無償で提供 (EC-CUBE標準サーバー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Joe'sウェブホスティング(本社: 大阪市、代表: 鈴木禎子)では、9月5日から、ショッピングカート構築用CMSのEC-CUBEを搭載したサーバーを1年間無償で提供を開始する。2011年4月28日にリリースしたEC-CUBE標準サーバー(http://www.ec-cube.org)の入門プランというサービス名で、http://サブドメイン名.ec-cube.orgの形式で利用できる。


------------------------------------------------------------------------------------------------
報道関係者各位                                 

2011年9月5日

Joe'sウェブホスティング、EC-CUBE 2.11がプレインストールのサーバーを、http://サブドメイン名.ec-cube.orgの形式で、1年間無償で提供を開始 (EC-CUBE標準サーバー入門プラン)


http://www.ec-cube.org

小規模のEコマース(EC)では、楽天やアマゾンを利用して出展することもありますが、本格的なビジネスでは、独自にECのサイトを保有して、商品の陳列、受注を行うことが多いといえます。その場合、サーバーにショッピングカートのソフトウェアをインストールして、商品の情報を入力し、注文、顧客の管理を行うことになります。ショッピングカートには、有償のものもありますが、費用を抑えるために、オープンソースを利用することもあります。

最近、EC-CUBEといって、オープンソースのショッピングカートが、よく用いられるようになっています(主要開発元: 株式会社ロックオン)。弊社では、2011年4月28日より、EC-CUBEを利用することに特化したサービス、EC-CUBE標準サーバー(htt://www.ec-cube.org)の提供を開始しています。

しかしながら、サイトを保有していないような小規模なEコマース事業者から見ると、信頼のできるレンタルサーバー会社の選択、ドメイン名の取得、EC-CUBEのインストール、料金の支払など、ECの事業者がEC-CUBEのサイトを保有するまでには、依然として高いハードルがある、と言っても過言ではありません。たとえば、ドメイン名の取得に際しては、専門的な知識が必要です。お金を払ったからといって、ECサイトが保有できるわけではありません。

そこで、弊社では、EC-CUBE標準サーバーの中に入門プランといって、http://サブドメイン名.ec-cube.orgという形式(サブドメイン名は、自由に選べる)でアクセスでき、EC-CUBE 2.11がプレインストールされたサーバーを1年間無償で提供することとなりました。1年を経過後、上位の有償のプランに移行する場合は、無償でデータを移行するだけではなく、新しいURLにリダイレクションを設定しますので、以前の(http://サブドメイン名.ec-cube.or)URLからシームレスに移行できます。

入門プランは、無償であっても、有償の契約者と同様、土日祝日や電話のサポートを受けられます。9月5日より申し込み開始です。

無償提供に関しては、これまでNetCommonsに対しても行っています(NetCommons標準サーバー(http://www.netcommons.ac)入門プラン)。弊社では、同様の無償提供を、将来性のあるオープンソースに逐次適用していく予定です。これら無償提供の経費の一部は、Joe's SSL市場(https://www.joes-ssl.com)、Joe'sビジネスセンター(http://www.joes-office.com)の剰余金が充当されています(Joe's オープンソース推進プロジェクト)。

■Joe'sオープンソース推進プロジェクト
レンタルサーバーという業種は、EC-CUBEのようなオープンソース(無償で利用できるソフトウェア)を利用して、これまで発展してきたと言って過言ではありません。Joe’sウェブホスティングでは、オープンソースのイベントや、各コミュニティの発展に寄与してきました。このたび、EC-CUBEについても、無償で提供させていただき、多くの方にご利用いただいて、コミュニティを盛り上げていきたいと考えています。Joe’s SSL市場、Joe’sビジネスセンターなどの他サイトの剰余金の一部が、推進プロジェクトの予算に充当されています。(Joe’sオープンソース推進プロジェクト)

■関連する最近のプレスリリースJoe'sウェブホスティング、NetCommonsが無償ですぐに使える「NetCommons標準サーバー」を提供開始 (http://www.netcommons.ac
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000037088


■株式会社Joe'sウェブホスティング 会社概要
社 名:株式会社Joe'sウェブホスティング
責任者:代表取締役 鈴木 禎子
資本金:1,000万円
設 立: 2002年11月住 所:大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11番4-923号 大阪駅前第4ビル9F
青山オフィス
〒107-0062 東京都港区南青山2-11-13 南青山ビル4F
銀座オフィス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル7F


契約ユーザ数20,000社、専用サーバー650台、専用SSL証明書40,000件発行、
バーチャルオフィス1,000社
http://www.joeswebhosting.net

http://www.joes-ssl.com
http://www.joes-office.com
http://www.instantssl.co.jp

http://www.cpanel-plesk.net
http://www.ec-cube.org

■本件に関するお問い合わせ
株式会社Joe'sウェブホスティング
広報担当: 刀禰、坂本 T E L : 0120-087-388
サポートおよびチャット:https://www.joeswebhosting.net/websupport/

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社Joe'sクラウドコンピューティング(カブシキカイシャジョーズクラウドコンピューティング)
代表者
田中  邦裕(タナカ クニヒロ)
所在地
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9階
TEL
06-6345-6070
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.joeswebhosting.net/
IR情報
http://joes.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.