2011年09月20日 12:30

【フリーターの実態に関する調査】フリーター男子はモテない?!恋人・配偶者がいない人は70%に(モッピージョブ調べ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイト求人サイト「モッピージョブ」でのモバイルリサーチの結果、フリーター男性の約70%に恋人・配偶者がいないことが判明。半数近くがフリーター歴3年以上、80%以上が年収200万円を下回っている状況に。

株式会社セレス(本社:東京都港区、代表取締役:都木聡)が運営するアルバイト求人サイト「モッピージョブ」は、2011年9月14日~15日に全国の15~49歳の男女のうち職業がアルバイト・パートのモニターに対して調査を行いました。アンケートは同社が運営する「モッピーラボ」にて実施され、955サンプルの有効回答を集計しました。

■フリーター男子はモテない?!

アルバイト・パートで生計を立てているいわゆる「フリーター」に対してパートナーの有無について聞いたところ、男性の69.8%が配偶者・恋人のいない状況であることがわかった。雇用面や収入面で安定していないフリーター男性に未婚者が多いことは容易に想像がつくが、恋人の有無にも影響を与えている可能性が高いことが判明した。将来に対して不安を抱くような要素が多い現代では、女性が結婚相手だけではなく恋人に対しても「安定」を求めているのかもしれない。

また、年代別に比較すると40代の62.2%に配偶者・恋人がいないことがわかり、さらには10代よりも既婚率が低いという実態が明らかとなった。「おひとりさま」の老後を避けるためには、まずはフリーターから脱することが一番の近道なのかもしれない。
図表参照:【性別】パートナーの有無
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/385

図表参照:【年代別】パートナーの有無
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/385


■フリーター歴が浅い40代

次にフリーター歴について聞いたところ、全体の45.3%が「3年以上」と回答し長期間に渡ってフリーターを続けていることがわかった。年代別に比較すると、年齢が上がるにつれてフリーター歴も長くなることは納得だが、特筆すべき点として40代の回答結果が挙げられる。フリーター歴が「3年以上」と回答した人は34.3%で20代(58.6%)・30代(69.3%)での割合よりも少なく、逆に「半年未満」(18.9%)・「半年~1年未満」(18.1%)・「1年~2年未満」(19.3%)については20~30代よりも多いという結果となった。40代のフリーターはわりと「最近」フリーターになった人が多いことがわかった。

この結果は、売り手市場時代に新卒入社した40代半ばの人々(いわゆるバブル世代)が最近になって不況の煽りを受けるなどして正規雇用から離れフリーターになったのではないかと予想できる。逆に「就職氷河期」に重なった20代・30代は、新卒での就職活動時に正規雇用として採用されず現在まで至る場合も多く、結果としてフリーター歴が長くなっているのかもしれない。
図表参照:フリーター歴
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/385

図表参照:【年代別】フリーター歴
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/385


■フリーターの82.2%が年収200万を下回る

次に1ヶ月の収入について聞いたところ、「5万円未満」(11.0%)、「5~10万円」(42.3%)、「11~15万円」(28.9%)と全体の82.2%が月収15万円以下、つまり年収200万円以下ということが判明した。ただ、全体の75.5%が「実家暮らし(家族と同居)」という結果も出ているためフリーター自身にとっては困窮するほどのレベルではないのかもしれないが、両親の高齢化が進むのは確実で、日本社会としてはこのような状況にある人々への対策をとらない限り経済成長は見込めなさそうだ。
図表参照:1ヶ月の収入
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/385

図表参照:住居形態
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/385


■正社員願望がもっとも強いバブル世代

次に今後希望する雇用形態について聞いたところ、もっとも多かったのは「正社員」(40.3%)、次いで「アルバイト・パート」(28.6%)、「雇用形態にはこだわらない」(25.0%)という結果となった。年代別に比較すると、40代では「正社員」を望む人が52.8%と半数以上にのぼるが、10代では「アルバイト・パート」(36.7%)と「正社員」(36.2%)がほぼ同じであった。この結果は、年齢的な問題だけではなく新卒時の雇用状況も背景にあると考えられる。「バブル世代」のフリーターは過去に正社員としての雇用を経験しているので、生活基盤の安定した正社員に一刻も早く戻りたいという強い思いがありそうだ。逆に「就職氷河期世代」のフリーターにとってはもともと「正社員」という壁が高かったため、雇用形態にこだわらないという考えが多いのかもしれない。
図表参照:今後希望する雇用形態
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/385

図表参照:【年代別】今後希望する雇用形態
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/385


「モッピージョブ」は株式会社セレスが運営するアルバイト求人サイトです。初期費用や求人広告の掲載に一切料金がかからず、採用が決定した時点ではじめて料金が発生する採用課金型の求人情報サービスです。モッピーの累計240万人のユーザー向けに、良質なアルバイト情報の提供を行っております。採用報酬額は一人採用につき5,000円からの設定が可能となっております。ユーザーには採用が決定した後、1,000円から最大4万円のお祝いポイントが贈呈されます。

モッピージョブ(携帯専用)
http://mpjob.jp/

モッピージョブ関東版(携帯専用)
http://mpjob.jp/kanto/

モッピージョブ関西版(携帯専用)
http://mpjob.jp/kansai/

求人広告主お問い合わせページ(PC専用)
http://mpjob.jp/ad-info/


モッピーラボとは、モバイルリサーチによって直接生活者からアンケートを回収し、リアルなライフスタイル・世論の動向を調査・分析し、一般ユーザーへコンテンツとして提供することを目的とした、株式会社セレスが運営する、マーケティングリサーチサイトです。
モッピーラボURL : http://pc.moppy.jp/lab/

全設問・選択肢を含む単純集計結果、クロス集計結果、フリー回答を含むロウデータについて全て無償にて提供しておりますので、お問合せフォームより問い合せください。調査がモッピーラボであることを明記のうえ、自由にご利用・転機いただけます。

■調査概要
調査手法:モバイルリサーチ(モッピー会員: http://pc.moppy.jp/
調査地域:全国
調査対象:15~49歳の男女のうち「アルバイト」「パート」のモニター
調査期間:2011年9月14日~15日
有効回答:955サンプル

■調査内容
1.住居形態(SA)
2.パートナーの有無(SA)
3.血液型(SA)
4.職業(SA)
5.アルバイト・パート歴(SA)
6.アルバイト・パートの理由(MA)
7.アルバイトを辞める理由(MA)
8.給与の使い道(MA)
9.1ヶ月の収入(SA)
10.希望する勤務日数(SA)
11.希望する勤務時間帯(MA)
12.今後希望する雇用形態(SA)
13.現在の仕事の数(SA)

※単純集計・クロス集計をした調査結果データを用意しております。調査がモッピーラボであることを明記のうえ、自由にご利用・転機いただけます。

■会社概要
会社名:株式会社セレス
代表者:代表取締役 都木聡
所在地:東京都港区北青山3-6-16 佐阿徳ビル4階
設立日:2005年1月28日
資本金:80,000,000円
事業内容:インターネットメディア事業
URL:http://ceres-inc.jp/

■問い合わせ先
株式会社セレス モッピーラボ担当
モッピーラボのお問い合せフォームより問い合せください
http://pc.moppy.jp/lab/ 
TEL:03-5774-7474
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社セレス(カブシキガイシャセレス)
代表者
都木 聡(タカギ サトシ)
所在地
〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-10-1 世田谷ビジネススクエアタワー 24階
TEL
03-5797-3317
業種
通信・インターネット
上場先
東証一部
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.ceres-inc.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.