2011年11月21日 11:00

パイプドビッツ、BIM建築プロジェクト管理クラウドサービスの開発と実現を目指し、 4社共同プロジェクトチーム「ArchiSymphony Project」を発足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社パイプドビッツ、ペーパレススタジオジャパン株式会社、株式会社ネクストシステム、株式会社エムエムは、BIM(Building Information Modeling)の普及促進を目的に、BIM建築プロジェクト管理クラウドサービス「(仮称)ArchiSymphony(アーキシンフォニー)」の開発と実現を目指す、4社合同プロジェクト発足に合意いたしました。

国内最大規模の情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を提供する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長 CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)、ペーパレススタジオジャパン株式会社(本社:福岡県福岡市 代表取締役:勝目高行、以下「ペーパレススタジオジャパン」)、株式会社ネクストシステム(本社:福岡県福岡市 代表取締役:藤田義生 以下「ネクストシステム」)、株式会社エムエム(本社:福岡県福岡市 代表取締役CEO兼社長:槇埜賢二、以下「エムエム」)は、2011年11月21日付にて、BIM(Building Information Modeling)の普及促進を目的に、BIM建築プロジェクト管理クラウドサービス「(仮称)ArchiSymphony(アーキシンフォニー)」の開発と実現を目指す、4社合同プロジェクト「ArchiSymphony Project」発足に合意いたしました。

1.「ArchiSymphony Project」発足の背景

 BIMとは、3次元の建物形状データに加え、部材の仕上げや設備の仕様、コスト等、建物を構成するあらゆる要素の属性情報をデータベース化することです。建物の設計から施行、ファシリティマネジメント(建物設備の運用管理)に至るまで、あらゆる建築サイクルの工程でBIMを活用することにより、各業務の効率化に繋がるだけではなく、一元管理された建物情報を可視化することで、施主への付加価値向上効果が期待されます。

 2005年から米国政府主導で推進した次世代建築生産プロセスBIMは、世界中に普及が進み、日本では、建設業界へのBIM導入が加速した2009年が「BIM元年」といわれています。発注者側においても、2010年3月に国土交通省がBIM導入の試行を開始するなどの広がりをみせています。発注者が建設後のファシリティマネジメントに有効なBIMへの対応を発注者に要求するケースは今後も増加するものと予想されます。

 建設業界は、国内15兆円の巨大な市場である一方、売上は年々縮小傾向にあり競争が激化しています。「BIMは建設革命」と称されています。BIMにより3D化された建築設計情報を建築オブジェクトのデータベースに集約し、IT業界が築いてきた情報処理技術を活用することで、建設業界に新たな時代が築かれることが期待されています。
 図面ありきの業務スタイルが浸透してきた建設業界において、業界全体へのIT技術の浸透には未だ長い時間を要しておりますが、今後はBIM技術の普及を契機に急速にIT化が進展するものと考えております。

2.「(仮称)ArchiSymphony」の特長
 「(仮称)ArchiSymphony」は、BIM設計支援ソフトと建築資材カタログをクラウド上で連携することにより、各企業が今までの業務フローを維持しながら、BIMを導入できる日本初のサービスを目指します。

BIM+クラウド+ファシリティマネジメント=スマートシティー
 「(仮称)ArchiSymphony」は、1プロジェクト数万とも数十万ともいわれる建築オブジェクトデータをクラウドにて管理するもので、オーナーの資産であるファシリティの資産価値の維持に貢献いたします。また、新規建設プロジェクトが減少する一方で、高度成長期の建て替え需要が増加する時代において、建設業界の新たなビジネス基盤となるファシリティマネジメントに貢献してまいります。

 「(仮称)ArchiSymphony」は、ファシリティマネジメントの延長として、将来的には再生可能部材のリサイクル管理をも視野に入れたソリューションの提供を目指します。
 現在、環境配慮型の都市をつくろうとする「スマートシティ」プロジェクトの市場規模は、2030年までに世界累計4,000兆円規模に迫ると試算されております。
 グローバルスタンダードな建築生産プロセスを支える「BIM」と、中長期的に成長が見込まれる「スマートシティ」市場への参入により、当事業は、今後大きな成長と拡大が見込めるものと考えています。


3.「ArchiSymphony Project」の役割分担
 「ArchiSymphony Project」は、4社が持つ技術、ノウハウ、知見等を集約し進めてまいります。
・ペーパレススタジオジャパン : BIM、建築プロジェクト管理、ファシリティマネジメントのノウハウの 提供。「ArchiSymphony Project」全体の推進及び統括。
・ネクストシステム      : ARに関する技術の開発及び提供。
・エムエム : 3Dコンテンツに関する技術の開発及び提供。
・パイプドビッツ : データベース、情報資産プラットフォームに関する技術の開発及び提供。


■ ペーパレススタジオジャパン株式会社 概要 http://www.paper-less-studio.com
  社名     ペーパレススタジオジャパン株式会社
  所在地    福岡県福岡市中央区赤坂1丁目5番2号 Able赤坂3F-E
  設立     1998年9月7日
  資本金    12,500千円 (2011年10月31日現在)
  代表者    代表取締役 勝目 高行
  従業員    9名 (2011年10月31日現在)
  事業内容   事業内容 建築プロジェクトプロデュース&マネジメント、BIMコンサルタント


■ 株式会社ネクストシステム 概要 http://www.next-system.com/
  社名     株式会社ネクストシステム
  所在地    福岡県福岡市南区井尻3丁目12番33号 アンビエント井尻2F
  設立     2002年8月28日
  資本金    10,000千円 (2011年10月31日現在)
  代表者    代表取締役 藤田 義生
  従業員    33名(2011年10月31日現在)
  事業内容   スマートフォン向けモバイルシステム及びAR(現実拡張)開発


■ 株式会社エムエム 概要 http://www.mma.co.jp/
  社名     株式会社エムエム
  所在地    福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目24番20号 グロリアス博多ビル4F
  設立     1970年4月
  資本金    10,000千円 (2011年10月31日現在)
  代表者    代表取締役社長 槇埜 賢二
  従業員    13名 (2011年10月31日現在)
  事業内容   グラフィックデザイン・プログラム開発

■ 株式会社パイプドビッツ 概要 http://www.pi-pe.co.jp/
  社名     株式会社パイプドビッツ
  所在地    東京都港区赤坂 2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
  設立     2000年4月3日
  資本金    186,831千円 (2011年8月31日現在)
  代表者    代表取締役社長 CEO 佐谷 宣昭
  従業員    169名 (2011年8月31日現在、臨時雇用者含む)
  事業内容   情報資産プラットフォーム事業



■ 報道関係者様お問合せ先
株式会社パイプドビッツ  (http://www.pi-pe.co.jp/
社長室 広報担当 : 高橋、立花
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail : pr@pi-pe.co.jp
  • 住宅、建築、不動産

会社概要

株式会社パイプドビッツ
商号
株式会社パイプドビッツ(カブシキガイシャパイプドビッツ)
代表者
林 哲也(ハヤシ テツヤ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂2-9-11 オリックス赤坂2丁目ビル(受付2F)
TEL
03-5575-6601
業種
通信・インターネット
上場先
東証一部
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.pi-pe.co.jp/
IR情報
https://www.pipedohd.com/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.