2011年11月30日 18:00

アクロニス、Red Hatのアレックス・ピンチェフを社長兼CEOに任命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想・クラウド環境における データプロテクション、バックアップ・リカバリソリューションに注力したビジネス展開をさらに加速

アクロニス社(本社:米国マサチューセッツ州/日本:東京都港区、代表取締役 村上 督、以下: アクロニス)は、アレックス・ピンチェフ(Alex Pinchev)がAcronis, Inc.社長兼最高経営責任者(CEO)に、2012年1月17日(火)付けで就任することを発表した。アクロニスは、ピンチェフのリーダーシップのもと、仮想・クラウド分野のビジネス展開をさらに加速することで、アクロニスの事業の拡大を目指す。

ピンチェフは、米Red Hatのグローバルセールス、サービス、フィールドマーケティング部門担当社長、上席副社長を歴任。氏は、Red Hatにおいて、新興国における市場拡大を統括・指揮し、同社事業の躍進に貢献。ピンチェフは、ストレージや仮想化分野での豊富な経験と、グローバル組織を牽引した実績を活かし、アクロニスにさらなる飛躍をもたらす。
アレックス・ピンチェフ(Alex Pinchev)談:
「アクロニスは、優秀な社員と最先端のテクノロジ、また広領域なチャネル販売システムとグローバルな顧客基盤など全てを有した企業です。物理環境、仮想環境、クラウド環境のデータプロテクション、ディザスタリカバリのソリューションの提供に加え、今後はさらに多様なテクノロジを活用し、マーケット拡大を目指していきます。また、さらに世界中のお客様のニーズに合わせ、最適な製品、サービスを提供することに注力します。」

アクロニスは未上場企業の中でも成長著しい米国に本社を有するソフトウェア企業。2003年に初めてディスクイメージングのテクノロジを利用した製品を発売して以来、2万社以上のチャネルパートナー企業との販売体制を構築し、グローバルで175,000社、300万人以上の個人のお客様に製品をご利用いただいている。2011年にはディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション「Acronis Backup & Recovery 11」を発売。当製品では、VMware(R), Microsoft(R), Red Hat(R), Citrix(R) and Parallels(R)などの主要なハイパーバイザーをサポート。仮想化などの新しいテクノロジが浸透するに従い、さらに当社も仮想環境に対応したソリューションを投入していく。

■本プレスリリースの原文(英語)は、以下リンクより
http://www.acronis.com/pr/2011/11/29-07-06.html

アレックス・ピンチェフ(Alex Pinchev)略歴:
応用数学、コンピューター・サイエンスの学士号取得後、コンピューター・サイエンスの修士号を取得。その後、1987年から1996年まで2社のソフトウェア会社をヨーロッパで起業し、社長兼CEOに就く。1996年には、ソフトウェア会社、Maincontrol社を起業し、会長兼社長兼CEOに就任。2002年まで同職に従事。2002年6月~12月にかけては、MRO Software社の上級副社長を務め、その後2003年よりRed Hatにてグローバルセールス上級副社長、インターナショナル部門の担当社長となり、5年間従事。2008年4月からは、Red Hatのグローバルセールス、サービス、フィールドマーケティング部門の担当社長を務めた。また、2008年からQualys社、LogiXML社の取締役、2010年11月より、アクロニス社の取締役。

アクロニス・ジャパン株式会社 マーケティング  担当 北尾、今村
TEL: 03-6430-1442 / Email: Media_jp@acronis.com

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
アクロニス・ジャパン株式会社(アクロニス・ジャパンカブシキガイシャ)
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.