2012年04月02日 17:00

FARO、FOCUS3D専用3Dスキャン処理ソフトウェアの新製品、SCENE5.0のリリースを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FARO、FOCUS3D専用3Dスキャン処理ソフトウェアの新製品、SCENE5.0のリリースを発表。 3D立体ビジュアライゼーション、合成作業プロセスの改善、及び新しいネットワーク機能を完備したSCENE5.0は、レーザースキャニング用途に最適なソフトウェアです。

FARO、FOCUS3D専用3Dスキャン処理ソフトウェアの新製品、SCENE5.0のリリースを発表
3D立体ビジュアライゼーション、合成作業プロセスの改善、及び新しいネットワーク機能を完備したSCENE5.0は、レーザースキャニング用途に最適なソフトウェアです。

フロリダ州レイクメリー(2012年3月) - ポータブル3次元測定器とイメージングソリューションで世界をリードするファローテクノロジーズ社(FARO Technologies, Inc. ナスダック:FARO、以下:FARO)は、Focus3D専用点群処理ソフトウェアの新製品であるSCENE5.0のリリースを発表しました。SCENEユーザーは、かつてないほどのリアリティで3Dのスキャン画像を表示することができます。 自動ファイン登録機能を使うと、複数のスキャンデータをつなぎ合わせるときに使用する基準球などのターゲットが、多くの場合で不要になります。又、新規プロジェクトデータベースにより、ユーザー間ネットワークが強化されます。

SCENE5.0には、新機能として自動ファイン登録が導入されています。それは、スキャンをする多くの場合で、基準球などのターゲットを配置する必要性を低減または排除し、後処理時間の大幅な短縮をもたらします。 このソフトウェアは、球体またはチェッカーボードを使う代わりに、スキャンの範囲内でコーナーやエッジ、平らな構造等の目立つオブジェクトを識別し、それらを基準点として使用します。 これらの機能が複数のスキャンをシームレスに結合し、完全に一体化した点群を形成します。 SCENE5.0に導入された新しい機能クラウド?ツー?クラウドは、ネットワークでつながれたユーザー間でのスキャンの合成を迅速に処理します。

もう一つの新しい機能であるプロジェクトデータベースは、スキャンプロジェクト作業を容易にします。この新製品は、各スキャンプロジェクトの情報や段階ごとの履歴をシームレスに格納します。 また、処理の途中でも、ユーザーは、すばやく簡単に、スキャン・データベース内のどこの段階にでも戻ることができます。 この機能により、特定のプロジェクトに表示する詳細が選択でき、ユーザーはどのレベルの詳細を表示するかを選択し、余分なデータポイントを削除することができます。 更に、SCENE5.0は、メーカーに依存しない3Dデータのバイナリデータ交換フォーマットであるASTM(アメリカ材料試験協会) E57に準拠した新しい工業規格をサポートしています。 これによりユーザーは、キャプチャ用レーザースキャナに依存せずに、スキャンデータをインポートおよびエクスポートすることができます。

SCENE5.0の新機能、立体ビジュアライゼーションを利用することで、ユーザーは3D対応モニターでスキャン画像を立体的に表示することができます。その結果、詳細レベルが追加され、まるで映画を見ているような臨場感が得られます。 不動産マーケティング、建築、改築などに携わるユーザーに対して、この3D表示機能は、スキャンデータに文字通り第3の次元を追加します。 Focus3Dのシニア・テクニカル・プロダクト・マネージャ、オリバー・バークラーは「SCENE5.0は、使いやすさ、ネットワーク、および3D表示によって、最高のスキャン処理を実現するソフトなのです」と説明し、「FAROは、将来にわたり、3Dレーザースキャン技術とソフトウェアのリーダーであり続けたいと思います。シーン5.0で、当社は再び水準を引き上げることができたのですから」と抱負を語ってくれました。


■ SCENE について
http://www.faroasia.com/products/scene/jp/


■ FAROについて
ファロー(NASDAQ: FARO)は、コンピュータ支援型ポータブル三次元測定器およびソフトウェアの開発・販売をグローバルに展開しているテクノロジー企業です。ファローのポータブル三次元測定器は、生産や品質保証のプロセスにおいて、部品や組立構造の高精度な三次元測定、分析や比較を実現します。検査、イメージング、リバースエンジニアリング、アセンブリ、生産企画、在庫のドキュメント化、測量を行うことができます。また事故・犯罪捜査や現場再現も可能にします。

ファロー製品を使うことにより、顧客は安心して三次元測定のニーズを満たすことができます。ファローはポータブル三次元測定器のパイオニアかつマーケットリーダーとして、最新のテクノロジーを駆使して、常に正確で信頼性が高く、簡単に使うことのできる製品を提供します。顧客の作業を簡素化することに重点を置き、現場での測定時間の大幅な短縮やコスト削減を可能にします。
全世界で約13,000社の顧客と26,000台以上の導入実績を持つファローは、米国フロリダ州レークメリーに本社、ドイツ・シュツットガルトに欧州本社、シンガポールにアジア太平洋本社を置いています。また、日本、中国、インド、韓国、タイ、マレーシア、ベトナム、カナダ、メキシコ、英国、フランス、スペイン、イタリア、ポーランド、オランダに支社があります。
http://www.faroasia.com/home/jp/index_jp.html?rid=jp020412nr
http://3dsokutei.jp?rid=jp020412nr



問い合わせ先:
ファロージャパン株式会社 営業部
TEL: 0561-63-1411
Email: japan@faro.com


報道関係者連絡先:
ファロージャパン株式会社 マーケティング 飯田 剛弘
Tel: 0561-56-0125
Email: Yoshihiro.Iida@faro.com



  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
ファロージャパン株式会社(ファロージャパン)
代表者
伊佐治 尚(イサジ タカシ)
所在地
〒480-1144
愛知県長久手市熊田716 
TEL
0561-63-1411
業種
製造・メーカー(機械)
上場先
未上場
会社HP
http://www.faroasia.com/home/jp/index_jp.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.