2012年06月19日 11:00

FTR、3次元検査測定システム『OLIVIA-XYZ』シリーズ 手軽な3次元形状検査を実現する新パッケージを開発!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社富士テクニカルリサーチ(神奈川県横浜市 代表取締役社長 名取孝)は、高速3次元検査測定システム『OLIVIA-XYZ』シリーズに新たに3つのパッケージを開発した。

富士テクニカルリサーチ(以下 FTR)が開発した3次元検査測定システム「OLIVIA-XYZ」は、従来の2次元画像処理では検査が困難で人の目に頼っていた傷などの形状検査を手軽に実現するシステムである。
カメラやコンピューターといったハードウェアと、機器制御と測定結果処理を行うソフトウェアを組み合わせたオールインワンパッケージのシステムとなっており、敷居の高かった高速3次元測定を、誰でも手軽に行えるのが特徴。

目視検査の削減、トレーサビリティの構築
本システムは製品表面の形状を、3次元で測定し検査処理を行うシステムである。自動車部品、電子基板、製罐業界、食品業界、製薬業界といった幅広い業界の製品検査では従来の目視検査に頼っており、3次元検査測定システムの導入することで、目視検査のバラつき、見落とし、人件費コストを削減することが出来る。
また、製品検査を3次元デジタルデータで処理するため、製品トレーサビリティのデータベース化も可能で、ユーザーは品質検査のコスト削減と共に管理も容易となる。

簡単な計測設定 3種類の新パッケージ
今回新たに開発された3つのパッケージは、検査対象物の形状と大きさに合わせたラインナップとなっており、ユーザーは検査対象の製品に適したパッケージを選択購入することで手軽に3次元形状検査が行えるようになる。
新パッケージは手の平サイズの製品を対象としたST-S5000、中・大型製品の表面検査用のMR-S3000、タービン翼などの縦長形状の製品を対象としたBX-S7000となっている。

高速な計測処理
『OLIVIA-XYZ』は全パッケージにおいて、最大で毎秒35,000profile処理可能な高速カメラデバイスを採用してる。
また、FTRが長年培ってきた3次元デジタルデータ処理技術により、測定した3次元形状をその場で素早く検査可能だ。
OLIVIA-XYZシリーズは、すべてのパッケージにおいて、製品のイレギュラーチェックのための様々な機能を搭載しており、
低コスト、高品質のモノづくりをサポートする。

【処理ルーチン例】 
●ノイズ処理、フィルタリング処理
 - 測定時に発生するノイズをソフトウェア処理
●断面抽出 ●断面計測 ●角度・距離計測 ●3次元コンター表示
 - 3次元データ上で多彩な測定、表示を実現
●形状エラーチェック
 - CADデータ、OK品の測定結果をマスターデータとして比較処理

こちらのシステムは6月20日(水)から22日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される『第23回 設計・製造ソリューション展』にて発表展示を行う。

展示会開催概要
第22回 設計・製造ソリューション展日時: 【2012年6月20日(水)~6月22日(金)】
会場: 東京ビッグサイト
FTRブース位置: 3次元測定ゾーン [23-5]
HP: http://www.dms-tokyo.jp/

□■□■□■□■□■□■□本プレスリリースの問い合わせ先□■□■□■□■□■□■□■□
株式会社富士テクニカルリサーチ(Fuji Technical Research Inc.)
システムソリューション開発室 高橋、神戸
Tel:045-650-6650/Fax:045-650-6653
E-Mail: galaxy@ftr.co.jp
URL: http://www.ftr.co.jp/
〒220-6215
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5クイーンズタワーC棟15階
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社富士テクニカルリサーチ(カブシキガイシャフジテクニカルリサーチ)
代表者
名取 孝(ナトリ タカシ)
所在地
〒220-6215
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC15F
TEL
045-650-6650
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.ftr.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.