2012年08月03日 16:00

Taneja Report、 Acronis vmProtectをVMware vSphereベースの小規模仮想環境向け製品における「最も速く、簡単かつ効率的サーバ・バックアップ・ソフトウェア」と評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~他社類似製品と比較して、8倍の製品インストール速度、1.25倍の複数仮想マシンバックアップ速度、5倍のMicrosoft Exchange復元速度を実現~

物理環境、仮想環境、クラウド環境に対応し使いやすさを追求したバックアップと復元のソリューションを提供するリーディングカンパニーであるアクロニス社(本社:米国マサチューセッツ州/日本:東京都港区、代表取締役 村上 督、以下: アクロニス)は、テクノロジ評価レポート「仮想環境向けバックアップ: 操作は2倍簡単に、オーバーヘッドは半分に」を発表しました。レポートのダウンロードはこちらから可能です。
http://promo.acronis.com/jp-vmProtect7-taneja-report.html

同レポートは、テクノロジのアナリスト企業で、第三者リサーチ機関であるTaneja Group(タニージャ・グループ)によって作成され、仮想環境向けのバックアップ製品の分析結果を掲載しています。Taneja Groupのテクノロジ評価レポートでは、VMware vSphereベースの小規模な仮想環境のバックアップ製品を分析した結果、速度、効率性、操作性の面で、Acronis vmProtectが他社製品より優れていることを明示しています。同レポートでは、以下のような結果が導き出されました。

<Acronis vmProtectの評価結果>
■製品インストールの速度は8倍
■インストールの際、vRAMは半分しか使用されていない
■他社類似製品の3/4の時間で、複数の仮想マシンのバックアップを完了
■ Microsoft Exchangeの復元の速度は5倍

Taneja Groupによると、「Acronis vmProtectは高速なバックアップを実現するだけではなく、他社製品と比較して、必要とするリソースを大幅に削減し、効率的に活用することが可能。Acronis vmProtectは、優れたコストパフォーマンスと効果的な事業継続を目指す企業にとって、当然考慮すべき製品」と評価しています。

同レポートは、高速かつシームレスな方法で、企業の重要な情報資産を守ることにより、今後のビジネスの成長に大きく影響する予想しています。また、「バックアップを導入する際に発生するダウンタイムを最小化することが重要で、それを実現できるバックアップ製品を活用することが必須」と提言しています。

現在VMware社の仮想化市場での占有率は一般的に50~80%だと言われています。また、当社の調査*によると、2012年、従業員数1,000名以下中堅・中小企業の仮想化採用率は、21%増を達成すると予測されています。この成長率は、エンタープライズ企業における採用率14%増と比較して、仮想化が中堅・中小企業市場へ加速的に普及・浸透していることを反映しています。弊社は、バックアップ・リカバリのソフトウェアの専門家として、さらにお客様に満足いただける製品を提供し続けてまいります。

*世界18か国の従業員1,000名以下の中堅・中小企業IT管理者約6,000人を対象に2011年9月~10月に実施したバックアップおよびDRに関する信頼度調査。「アクロニス世界障害復旧評価指標: 2012 」の詳細については、http://promo.acronis.com/DRI-2012.htmlよりダウンロードが可能です。

【報道関係者のお問い合わせ先】
アクロニス・ジャパン株式会社 マーケティング  担当 北尾(PR担当)、今村
TEL: 03-6430-1442 / Email: Media_jp@acronis.com



  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
アクロニス・ジャパン株式会社(アクロニス・ジャパンカブシキガイシャ)
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.