2012年10月02日 11:00

世界を代表する夜景が決定! 「世界新三大夜景」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この度、一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューローでは、世界を代表する夜景として「世界新三大夜景」の認定を開始します。

この度、「一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー」では、世界を代表する夜景として「世界新三大夜景」の認定を開始します。これまでの日本三大夜景の基準であった「港町の夜景であること」を踏襲する一方、
時代に即したものとして、「魅力ある夜景が楽しめること」「夜景観光への取り組み」を評価する新たな基準を設定。世界のあらゆる夜景を対象に検証し、これに該当する夜景として「世界新三大夜景」を決定いたします。
なお、発表は10月5日に開催する「夜景サミット2012 in 長崎」にて発表いたします。

<世界新三大夜景とは>
日本三大夜景、世界三大夜景というブランドは、いつ誰が決めたものか、定かではありません。
調べると、1950年~60年代にかけての日本の高度経済成長期にかけて、旅行会社が商品造成の際に発信したのでは?と言われていますが、これも確かでありません。一方、それから50年。日本はもちろん世界の夜景は大きく変わり、「三大夜景」というブランドも新たな時代へと入っています。そこで、当時から半世紀が経過した現在において
新たなる「世界三大夜景」を認定し、世界へ発信していこうとするものです。



<世界新三大夜景・決定の流れ>
2011年12月 一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューローの前身、
      「日本夜景遺産事務局」内に「世界新三大夜景認定委員会」を設置。
2012年5月 全国3500名の夜景鑑賞士(夜景検定資格保有者)に対し、
       第一次ノミネート作業を実施(あなたが選ぶ世界のベスト夜景は?等
       アンケートの実施(約120カ所のノミネート)。
2012年5月 「世界新三大夜景認定委員会」にて以検証作業を開始。
2012年7月 検証作業を受け、第二次ノミネートを決定(約18カ所)
2012年8月 第二次ノミネートから現地調査(必要な場合は管轄行政・
       団体へのヒアリング作業を実施)を行い、最終ノミネート(6カ所)。
2012年9月  第一次・第二次・第三次の再検証を行い決定へ。
       管轄行政・団体への報告。
2012年10月「世界新三大夜景」の発表。


<世界新三大夜景認定に向けた検証11項目>
A.魅力ある夜景が楽しめること
(1)対象となる都市を象徴する俯瞰的夜景が存在していること。
(2)鑑賞できる俯瞰的夜景に対してアプローチ可能な複数の視点場が存在していること。
(3)これら複数の視点場は対岸・対山等に分散し、それぞれが異なる表情を創出していること。
(4)視点場が整備され、安全性やバリアフリーが確保されていること。
(5)視点場へのアクセスが整備され、充実していること。
(6)対象となる都市において、夜間の観光的魅力を高める演出照明(ライトアップ)があること。
(7)複数の視点場において、夜間の鑑賞時間が比較的長く設定されていること。
(8)対象となる都市において、複数の夜景種類が混在し、鑑賞可能なこと。

B.夜景観光への取り組み
(1)行政や地域団体、民間企業が夜景に対する観光的取り組みを行っていること。
(2)対象となる都市において、歴史的及び文化的夜間イベントがあること。
(3)国際的な観光への取り組みに積極性を持っていること。


認定団体について>
認定団体:一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー
目的及び事業(定款より抜粋)
当法人は、夜景を観光資源として活用する観光「夜景観光」に関する普及、啓発活動を行い、
もって地域の活性化及び観光産業全般の発展に貢献することを目的とし、その目的に資するため以下の事業を行う。
1)夜景観光に関する情報収集及び普及、啓発活動
2)日本夜景遺産の認定
3)夜景鑑賞士の検定事業
4)夜景サミットの企画、開催、運営
5)夜景に関する各種イベント、セミナー、講演会等の企画、制作、開催、運営
6)夜景観光コンサルティング事業
7)夜景観光プロデュース事業
8)夜景ナビゲーター、夜景ガイドの教育、育成事業
9)夜景に関する書籍、出版物、コンテンツ企画、制作、執筆、編集、デザイン、写真撮影、発行、販売
10)夜景に関する各種商品の企画、開発、販売及びそのプロモーション事業
11)当法人の目的を達成するために必要な事業及び前各号に附帯又は関連する一切の事業
同団体が運営するWEBサイト等による会員数:12万人
同団体が運営する「夜景検定」認定者会員:3500名 
代表理事:丸々もとお(夜景評論家・夜景プロデューサー)
夜景に関するネットワーク会員数は日本のみならず世界ナンバーワンを誇ります。
夜景に関する認定団体は当団体以外にはありません。



<御取材&御掲載のお問い合わせ>
一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー
東京都中央区勝どき1-13-6 プラザタワー勝どき3412
電話:03-6204-0115(代表)電信:03-6204-0112
info@yakeikentei.jp
担当:瀬戸怜人、丸田あつし
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
マルタアドバタイジング・日本夜景遺産事務局(マルタアドバタイジング・ニホンヤケイイサンジムキョク)
代表者
丸々 もとお(マルマル モトオ)
所在地
〒104-0054
東京都中央区勝どき1-13-6 プラザラワー勝どき3412
TEL
03-6204-0111
業種
その他
上場先
未上場
会社HP
http://www.superyakei.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.