2012年11月06日 11:30

【重要政策世論調査】消費税10%に値上がりについて反対意見が68.8%!(モッピーラボ調べ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モッピーラボでのスマートフォンリサーチの結果、消費税10%に値上がりについて反対意見が68.8%にも及んだ。原発政策については再稼働反対で2030年代原発ゼロが多数を占めた。また、政党支持率トップは自由民主党(14.7%)であり、日本維新の会(9.8%)が続いた。

株式会社セレス(本社:東京都港区、代表取締役:都木聡)が運営するモッピーラボでは、2012年10月30日~10月31日に自社アンケートモニターにてスマートフォリサーチ「重要政策世論調査」を実施しました。調査対象は全国の男女16歳以上で、有効回答数は955サンプル(男女・年代で均等割付)です。

重要政策スマートフォン世論調査
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/599


■消費税10%にすることに反対68.8%!

全国の男女955人に対して「重要政策世論調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。「TPP参加に賛成ですか」という質問に対して、「賛成」と答えた人は全体の7.4%であり、「反対」と答えた人は8.3%であった。賛成か反対か、意見がハッキリしている人は全体の2割にも満たず、「どちらかと言えば賛成」(21.8%)、「どちらかと言えば反対」(16.5%)の曖昧意見を加味して賛成派と反対派を比較したところ、賛成派の数が反対派を若干上回った(賛成派:29.2%、反対派:24.8%)。全体の半数近くの人が「分からない」(46.0%)と答えたことからも、当政策に対しての人々の興味の薄さ、または戸惑いがうかがえる。

「消費税10%にすることに賛成ですか」という質問に対して「反対」と答えた人が全体の68.8%を占め、「賛成」(7.6%)、「分からない」(13.6%)という回答が続いた。現時点で既に当法案が成立していることからも(平成24年11月5日時点)、政府に対する国民の視線は一層厳しくなることが予想される。


図表参照:【図1】TPP参加に賛成ですか(n=955)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/599


図表参照:【図2】消費税10%にすることに賛成ですか(n=955)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/599


■原発再稼働に賛成派34.9%、反対派50.0%に

全国の男女955人に対して「重要政策世論調査」についてスマートフォンにて世論調査を実施した。「原発の再稼働に賛成ですか」という質問に対し、全体で34.9%の人が賛成派であり(賛成:13.3%、どちらかと言えば賛成:21.6%)、50%の人が反対派であることが分かった(どちらかと言えば反対:23.9%、反対:26.1%)。また、反対と回答した人にのみ「電気代が倍になることを容認しますか」と聞いたところ、容認派はわずか8.4%に留まり(容認する:1.9%、どちらかと言えば容認する:6.5%)、値上反対派は90.2%にも及んだ(どちらかと言えば反対:21.0%、反対:69.2%)。原発再稼働反対派にとっては、現在の電気代を値上げする事なく、他エネルギー(太陽・水力・風力など)からの電力供給が理想のかたちと言えそうだ。

「2030年代の原発ゼロを目指す政策に賛成ですか」の質問に対しては、57.9%の賛成に対して、反対24.9%とダブルスコアになった。原発ゼロに賛成と回答した人にのみ「あなたの居住地近隣に核廃棄物最終処分所の設置を容認しますか」を聞いたところ、74%が反対と回答し、現実的に政策として原発ゼロにすることが難しい回答結果となった。東日本大震災の原発事故を受けて、原発もいや、電気料金値上げもいや、最終処分場受け入れもいやと袋小路の難題に政治が対応しなければいけない結果となった。


図表参照:【図3】原発の再稼働に賛成ですか(n=953)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/599

図表参照:【図4】電気代が倍になることを容認しますか(n=477)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/599


図表参照:【図5】2030年代の原発ゼロを目指す政策に賛成ですか(n=955)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/599

図表参照:【図6】あなたの居住地近隣に核廃棄物最終処分所の設置を容認しますか(n=553)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/599


■支持率トップは自由民主党(14.7%)に

全国の男女955人に対して「政策世論調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。支持する政党を聞いたところ、「どの党も支持しない」と答えた人が全体の半数を占めた(50.9%)。一方、最も多く選択された政党は自由民主党であった(14.7%)。続いて多かったのは日本維新の会(9.8%)であり、民主党については5.1%に留まった。石原新党として注目を浴びている「たちあがれ日本」を選択した人は4.7%であり、政権を握る民主党との差はわずか0.4%となっている。同設問を男女で比較すると、「どの党も支持しない」と選んだのは男性よりも女性の方が多く(男性:44.4%、女性:58.8%)、政党選びの基準は女性の方が男性よりも厳しいと言えそうだ。男女それぞれの支持政党は以下の通りとなった。男性(自由民主党:16.0%、日本維新の会:12.5%、民主党:6.6%、たちあがれ日本:5.9%)、女性(自由民主党:13.2%、日本維新の会:6.4%、みんなの党5.5%、公明党:4.5%)。それぞれ首位2党については自由民主党と日本維新の会があげられたが、3位以下が男女によって差が生じた。

図表参照:【図7】支持する政党を選択してください(n=687)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/599

図表参照:【図8】支持する政党を選択してください(男女別、n=687)
URL:http://pc.moppy.jp/lab/archives/599


モッピーラボとは、モバイルリサーチ/スマートフォンリサーチによって直接生活者からアンケートを回収し、リアルなライフスタイル・世論の動向を調査・分析し、一般ユーザーへコンテンツとして提供することを目的とした、株式会社セレスが運営する、マーケティングリサーチサイトです。
モッピーラボURL : http://pc.moppy.jp/lab/

全設問・選択肢を含む単純集計結果、クロス集計結果、フリー回答を含むロウデータについて全て無償にて提供しておりますので、お問合せフォームより問い合せください。調査がモッピーラボであることを明記のうえ、自由にご利用・転機いただけます。

調査手法:スマートフォンリサーチ
調査地域:全国
調査対象:男女16歳以上
調査期間:2012/10/30~10/31
有効回答数:955サンプル
(男性:465人/女性:490人、10代/20代/30代/40代/50代以上で均等割付)

■調査内容
1.TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加に賛成ですか(SA)
2.消費税10%にすることに賛成ですか(SA)
3.財源不足による社会保障カットを容認しますか(SA)
4.原発の再稼働に賛成ですか(SA)
5.電気代が倍になることを容認しますか(SA)
6.2030年代の原発ゼロを目指す政策に賛成ですか(SA)
7.あなたの居住地近隣に核廃棄物最終処分所の設置を容認しますか(SA)
8.支持する政党を選択してください(SA)

※モッピーラボHPにて全データ詳細を掲載しております。
http://pc.moppy.jp/lab/ 

※単純集計・クロス集計をした調査結果データを用意しております。スマートフォン調査がモッピーラボであることを明記のうえ、自由にご利用・転機いただけます。

■会社概要
会社名:株式会社セレス
代表者:代表取締役 都木聡
所在地:東京都港区北青山3-6-16 佐阿徳ビル4階
設立日:2005年1月28日
資本金:80,000,000円
事業内容:インターネットメディア事業
URL:http://ceres-inc.jp/

運営メディア
モッピー: http://pc.moppy.jp/
モッピージョブ: http://mpjob.jp/

■問い合わせ先
株式会社セレス モッピーラボ担当
モッピーラボのお問い合せフォームより問い合せください
http://pc.moppy.jp/lab/
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社セレス(カブシキガイシャセレス)
代表者
都木 聡(タカギ サトシ)
所在地
〒158-0097
東京都世田谷区用賀4-10-1 世田谷ビジネススクエアタワー 24階
TEL
03-5797-3317
業種
通信・インターネット
上場先
東証一部
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.ceres-inc.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.