2013年02月19日 16:30

テガラ、小型ボードコンピュータ「PandaBoard ES」に、Android搭載SDカードなどをセットにしたキットモデル発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組み込み開発用や実験用の小型シングルボードコンピュータの「PandaBoard ES」へ、Android 4.21搭載の起動用SDカードとACアダプタをセットにした商品を2月19日より発売した。ボード上のスロットにSDカードを挿し込むだけですぐにAndroidを動作させることができる。価格は¥29,800-(税別)。同社の海外製品調達サービス「ユニポス」にて販売する。

海外製品の調達販売を手がけるテガラ株式会社は、Circuitco Electronics社(pandaboard.org/)が製造している小型シングルボードコンピュータ「PandaBoard ES」に、Android4.2.1が起動できるSDHCメモリーカードとACアダプタ(5V 4A)をセットにしたキットを2013年2月19日より販売開始した。

製品名は「PandaBoard ES Androidプリインストールキット(型番:UP-PEA01)で、価格は¥29,800-(税別)。
在庫を持っているため、ご注文後当日~翌日にはキットを出荷できる。(数に限りあり)

注文はテガラの海外製品調達サービス「ユニポス」で受け付けている。


PandaBoard ESではSDカードにOSイメージを書き込むことでAndroidやLinux(Ubuntu)を動作させることができるが、このキットでは最初からAndroidの最新安定版である4.2.1が起動できるSDカードを用意していることが最大の特長だ。また、ACアダプタもPandaBoardの推奨する出力に準拠する5V 4.0Aのものを用意している。


「PandaBoard ES」は、同じCircuitco Electronics社の「BeagleBoard」に端を発する小型シングルボードコンピュータブームの代表的製品の一つで、ほかには同社の「BeagleBone」、Mini-ITX規格などで有名なVIA社のAndroid小型ボード「APC 8750」「APC Rock」、Leopard Imaging社によるカメラ開発用ボード「LeopardBoard」、ラズベリーパイ財団がイギリスで開発したLinux対応小型ボード「Raspberry Pi」などがある。
■テガラ株式会社について
テガラは1990年代初頭より、20年以上にわたりカスタムメイドパソコン(コンピュータ)の設計製造を手がけており、主に地元浜松や山形の大企業や研究機関への販売を行っていた。

現在は販路を全国に拡げ、産業用PCや研究開発用PCに特化した製品づくりを行っている。また、2003年より海外製品の調達販売を開始し、10年を経た現在では全国の大学や研究機関、大企業などを主要顧客としている。創業時より現在まで「研究開発を加速する」というモットーのもと、国内外のユニークな製品を主要顧客である研究者・開発者へいち早く提供することを企業方針としている。

今回発売したPandaBoard ES Androidプリインストールキットは、カスタムメイドパソコンの設計製造やサポートで培ったノウハウと、海外製品調達で培った輸入販売のノウハウの融合を図った製品だ。

■本製品およびテガラ株式会社に関するお問い合わせ先
テガラ株式会社 ユニポス事業部
〒430-0812 静岡県浜松市南区本郷町1308-14
sales@unipos.net TEL:053-468-2655

海外製品調達サービス 「ユニポス」 WEBサイトhttp://www.unipos.net/

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
テガラ株式会社(テガラカブシキガイシャ)
代表者
佐藤 俊彦(サトウ トシヒコ)
所在地
〒435-0045
静岡県浜松市中区細島町8-3 
TEL
053-468-2655
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.tegara.com/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.