2013年04月19日 16:00

JKに大人気のケータイ小説、「通学」シリーズが100万部突破!(集英社刊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JKのこころをぎゅっと掴んで離さない、切ない恋物語が人気のケータイ小説、「通学」シリーズ(ピンキー文庫・集英社刊)が、4月25日発売の最新刊、「通学範囲」で遂に100万部を突破する。毎回、このシリーズには旬の俳優やモデルがカバーに登場するが、今回カバーを飾るのは、溝端淳平と波瑠。アイドルになって遠い存在になってしまった幼なじみの彼との切ない恋愛が、瑞々しい筆致で描かれる。

女子中高生に今いちばん読まれているケータイ小説ーー
それは間違いなく集英社ピンキー文庫の「通学」シリーズ(みゆ・著)だろう。
2010年8月に発刊された『通学電車~君と僕の部屋~』から数えて、
8巻目にあたる最新刊『通学範囲~僕は君の傍にいる~』が
4月25日に発刊されることによって、「通学」シリーズは、ついに累計100万部を突破した。

「通学」シリーズ最新刊
『通学範囲~君は僕の傍にいる~』
4月25日(木)発売
定価578円(税込)  
表紙:横溝淳平&波瑠

シリーズ人気の秘密は、ヒロインである女子高生たちのまっすぐな恋愛模様。
巻ごとに違う少女が主人公となり、性格も境遇も悩みもそれぞれに異なるのだが、
みなひたむきに正直に恋をする。
やり場のない怒りや哀しみに傷ついたり、自分が実は孤独であることに気付いたりしながら、
「恋ってなんだろう、愛なんて信じていいんだろうか」…と、ヒロインたちはは迷い、つまずき、
それぞれの形で恋をし、愛を見つけていく。
読者であるJKたちは、ヒロインたちのそんな姿に共感を覚え、勇気をもらうと言う。

『通学電車~君と僕の部屋~』 
定価580円(税込) 表紙:三浦翔平&鈴木友菜

そして、「通学」シリーズに人気が集まるもう一つの大きな理由、それは毎回、
人気の俳優やモデルがカバーや口絵のピンナップを飾っているところだろう。
最新刊はもちろん、今までも、憧れの存在が表紙に登場してきた。
JKたちが夢みる恋愛世界がカバー写真に体現されており、
彼女たちの気持ちにぴったりと寄り添う物語が「通学」シリーズにはある。
ピュアでまっすぐで、傷つきやすいけれど強い光を放つ10代の恋愛がそこにはあり、読者の心を捉えて離さないのだ。

上左から
『通学路~君と僕の部屋~』(定価580円(税込)表紙:松野高志&北出奈穂
『通学時間~君は僕の傍にいる~』(定価588円(税込)表紙:千葉雄大&草刈麻有)
『通学途中~君と僕の部屋~』 (定価588円(税込)表紙:瀬戸康史&大政 絢

下左から
『通学区~君は僕の傍にいる~』(定価588円(税込)表紙:大東駿介&岸本セシル
『通学風景~君と僕の部屋~(上)』(定価588円(税込)表紙:三浦翔平&本田 翼
『同(下)』(定価546円(税込))

★『通学』シリーズとは★
2009年冬に雑誌「セブンティーン」で行った「ケータイ小説グランプリ」で準グランプリを受賞した「通学電車」に始まる、女子高生の恋物語シリーズ。

【お問い合わせ先】集英社広報室 03-3230-6314

下写真
『通学記~君は僕の傍にいる~』 (定価588円(税込)表紙:松坂桃李
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社 集英社(カブシキガイシャ シュウエイシャ)
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.shueisha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.