2013年10月18日 12:00

10月27日は「美容外科」が正式に診療科目になった記念日! ~社会の認知を広げて35年、施術も多様化~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容整形が、国会で「美容外科」の診療科名で正式に認められたのが、1978年(昭和53年)10月27日。今年で35年目を迎えます。そこでこの日に合わせ、美容整形の「今と昔」の調査結果を報告します。

報道関係資料                
20131018

財団法人 日本美容外科学会
十仁美容整形

美容整形が、国会で「美容外科」の診療科名で正式に認められたのが、1978年(昭和53年)10月27日(※)。今年で35年目を迎えます。そこでこの日に合わせ、美容整形の「今と昔」の調査結果を報告します。

※それまでは「整形外科」を標榜


◆「美容外科」の制定まで

 故・梅澤文雄十仁病院長が中心となり1948年(昭和23年)に「日本美容医学研究会」を設立。そして1956年(昭和31年)、当時の美容整形の権威である米バースン医師が来日した際には、日本橋三越ホールで「日米美容整形講演会」が開催されました。1966年(昭和41年)には「日本美容医学研究会」の付属機関として「日本美容整形学会」を設立。以来春秋2回の学会が開催されるようになります。

こうした美容医学の普及・啓蒙活動を経て、1977年(昭和52年)、日本美容整形学会が「美容整形科」を診療科名に制定するよう厚生省と自民党に要望を提出。政府・国会への働きかけを行いました。その後、診療科名を「美容外科」に改め、国会議員、厚生省、日本医師会、日本医学会等の協力を得て、1978年(昭和53年)10月の臨時国会で無事制定。同年10月27日より施行が決定しました。


◆美容整形の「今と昔」

十仁美容整形が統計を開始した1973年(昭和48年)と2013年(平成25年)の最新データで部位別の手術比率を比較すると、1973年はもっぱら「目」と「鼻」に施術対象が集中。2013年は「目」が依然として人気がある一方で、「鼻」は9%に減少。代わって「その他」が10%から40%に増加しました。昔は「西洋人のような高い鼻=美人」というイメージが一般的でしたが、日本人の美意識が変化し、より多様化していることの表れかもしれません。これまでにも「アヒル口」「ぽってり唇」「涙袋」「タレ目」が流行するなど、昔とは異なるトレンドが次々と生まれています。

また「その他」には、「フェイスライン」「フェイスリフト」「レーザー治療」「疲労回復・免疫力UP点滴」「ワキガ・多汗症」など、幅広い施術内容が含まれます。美容医学の発達により、患者の負担を減らす短い施術時間、“切らない”治療へと進化。レーザー治療など美容機器や注射・点滴、薬・サプリメントの処方等の美容内科へと広がりを見せています。

手術を受ける年齢層も10代から80代まで幅広く、近年はシニア男性の来院も3年前の約5倍と急増しているのが特徴です。


*本調査は1973年(1~12月)と2013年(3~9月)の十仁美容整形への来院患者を対象としています。



<調査結果>…部位別手術比率(十仁美容整形調べ)

■1973年
目…47%、鼻…33%、しわ…8%、口もと…2%、脂肪…0%、その他…10%

■2013年
目…35%、しわ…12%、鼻…9%、口もと…3%、脂肪…1%、その他…40%




<報道関係お問い合わせ先>
e-mail:info@unitepr.net


  • 医療、福祉

会社概要

商号
十仁美容整形(ジュウジンビヨウセイケイ)
代表者
梅澤 文彦(ウメザワ フミヒコ)
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座8-9-11 天国ビル5階
TEL
0120-834-128
業種
医療・福祉・健康関連
上場先
未上場
会社HP
http://www.jujinhospital.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.