2013年10月23日 14:00

ヘルスケア業界をリードするNoom、アメリカ国立衛生研究所の支援を受け、摂食障害治療に向けたモバイルテクノロジーを開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Noom Inc(本社:米ニューヨーク、代表:セジュ・ジョン、アーテム・ペタコフ)は、アメリカ国立衛生研究所(National Institute of Health) の支援を受け、摂食障害治療向けアプリ「Noom Monitor」を開発し、米ニューヨーク市内のマウント・シナイ病院で導入を開始することを、本日10月23日(水)、発表いたします。


Noom(読み:ヌーム)は、ニューヨーク・マンハッタンに本社を置き、健康・フィットネスアプリでヘルスケア分野をリードするテクノロジー会社です。「テクノロジーで人々の生活がさらに健康的になるようサポートをする」というミッションのもと、Google出身のエンジニア、アーテム・ぺタコフ(Artem Petakov)と、19歳で韓国から単身渡米して以来のアントレプレナー、セジュ・ジョン(Saeju Jeong)の共同創設者によって設立されました。



今回のアメリカ国立衛生研究所からの助成金は、摂食障害治療においてモバイルテクノロジーがどのような効果をもたらすかを研究するためのもので、ニューヨーク市内のマウント・シナイ病院の摂食障害研究者であるビルダーブランド博士によって、過食傾向のある患者に対し2年間の研究を通して使用されます。研究で使用されるアプリ「Noom Monitor(以下、Noomモニター)」は、Noomのダイエットアプリ「Noomダイエットコーチ」を、過食のトラッキングを目的として部分的に修正し、開発されたものです。


研究チームは、今後1年半のうちで80名の登録患者数を見据えており、患者は最初の治療フェーズ3ヶ月間に食事ログや、週ごとに行われるセラピーに参加していき、その後6ヶ月間は経過観察期間として充てられます 。


摂食障害のセラピーは従来、患者に紙と鉛筆で食事状況や精神状態を記録させる、という方法が主流で、食事以外にも食事の時間帯や自分自身をコントロールできないときの気持ち、下剤の使用や過剰なエクササイズなどの「埋め合わせ」行動、「埋め合わせ」に対する衝動、身体をくまなくチェックする行動なども記録するというのが通常の方法です。今回の研究では、患者は、これらの記録を従来通り紙とペンで行うか、Noomモニターを使うかを選べるようになります。紙とペンでなく、Noomモニターを使うメリットについてビルダーブランド博士は「自助的であることや粘り強さを助長してくれ、セラピー後の経過観察期間にわたっても(治療の)効果が期待できそうである」と述べています。
また、Noomモニターは、セラピストがリアルタイムで患者がどのような状態にあるのかを観察できるダッシュボードも備えています。このダッシュボードにより、もし特定の患者が苦しんでいる際には、せらピストはその患者に注意することができます。「セラピーがきちんと効果を示しているかどうかを客観的に判断してくれるモノや人が必要である」とNoom創設者のアーテム・ペタコフは考えています。


「メンタルヘルスのアプリが成功するには、患者が今回のNoomモニターのようなモバイルテクノロジーを用いた治療に意欲的でない場合にも、どれだけ効果を発揮できるかにかかっている」と博士は言います。そして、「全ての患者がアプリを使い続ける忍耐を持ち続けることは難しいかもしれないが、このアプリによってこういった患者の行動を予測できるようになることは、テクノロジーがメンタルヘルス分野で成功するカギとなるであろう」とも話しています。


今回の研究参加を通じて、Noomは今後のステップに以下のような点をふまえ、人々の健康的な生活に貢献するモバイルテクノロジーを開発してまいります 。
・より多くの患者人口に導入
・「最も必要とされる」データや情報へのアクセスを可能にする
・糖尿病予備軍などほかの疾患への展開の可能性を検討
・医療機関、研究機関のニーズを学び、ヘルスケア・エコシステムの変化に応じてヘルスケア研究者と共により良いサービス開発をする



※ Noom について
ニューヨークの本社を拠点とし、健康管理アプリを開発するスタートアップ。Noomのアプリは世界累計1,900万ダウンロードを記録しており、「テクノロジーで人々の生活を健康にするお手伝いをする」というミッションのもと、健康・フィットネスに特化したアプリを開発している。代表アプリは「Noomダイエットコーチ」をはじめ「Noom ウォーク歩数計」など。

※ Noomダイエットコーチについて
世界累計900万ダウンロード、Google Play11ヶ月売上1位(健康&フィットネスカテゴリ)のダイエットアプリ。食事と運動の両方を組み合わせ、生活習慣、食習慣改善の「コーチング」をするスマートなアプリです。さらにユーザーの活動傾向、ダイエット進行状況から、毎日パーソナライズされたダイエットプランを提案してくれます。

Noomダイエットコーチ (Google Play):
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.wsl.noom&hl=ja


----------------------------------------------------------------
Noom ジャパン
http://noomapp.jp/
Noom 本社(US)
http://www.noom.com/http://noomapp.jp/
----------------------------------------------------------------
Noom ジャパンオフィス
〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1
セルリアンタワー15階

本プレスリリースに関するお問い合わせ先:
Noom ジャパンオフィス
TEL:+81-50-5539-1884
Email:press@noomapp.jp
----------------------------------------------------------------
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

Noom Inc
商号
Noom Inc(ヌーム インク)
代表者
Saeju Jeong(サエジュ ジョン)
所在地
〒001-0001
530 W 25th St. Suite 502New York, NY USA
TEL
050-5539-1884
業種
通信・インターネット
上場先
その他
従業員数
50名未満
会社HP
http://noomapp.jp/
公式ブログ
http://noomapp.blog.fc2.com/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.