2014年01月08日 10:00

出産祝いに!1500年の歴史をもつ越前漆器の技を継承する「内田さんの越前漆器」を発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ママの疑問を解決するための子育て応援サイト「赤ちゃん子供新聞」を運営している株式会社島岡(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:木島康嘉)は、「内田さんの越前漆器」を2014年1月8日(水)より、「赤ちゃん子供新聞ストア」にて発売開始しました。


ママの疑問を解決するための子育て応援サイト「赤ちゃん子供新聞」(http://www.babynews.jp/)を運営している株式会社島岡は、「内田さんの越前漆器」を2014年1月8日(水)より、「赤ちゃん子供新聞ストア」 (http://www.rakuten.co.jp/babynews/)にて発売開始しました。

「お子さんの行事は、本物の漆器で祝ってあげたい。」
「お子さんに、小さい頃から本物の漆器を使わせてあげたい。」

そうお考えの方にお勧めの漆器が、「内田さんの越前漆器」です。

越前国鯖江藩生まれの初代・内田忠左衛門が、寛政4年(1793年)に漆業を創業してから、一貫して漆器の製造販売を生業としてきた内田家。

7代目当主は、日本漆器協同組合連合会から永年の産業振興が認められて表彰されるなど、多方面で活躍しています。
彼が作る越前漆器は、1500年の歴史をもつ越前漆器の技を継承する、伝統的な越前漆器です。

次世代を担う8代目は、最年少伝統工芸士。
越前漆器の塗師(ぬし)として伝統を守りつつも、常に革新的な製品の開発に挑み続けています。

「内田さんの越前漆器」は、そんな2人が作る漆器です。

素材はもちろん天然木です。合成樹脂や木粉の混合物ではありません。
塗料ももちろん、天然の本漆です。合成樹脂塗料は一切使用していません。
「下地~中塗り~上塗り」という、10を超える伝統的な塗りの工程を経てやっと完成する本格漆器です。


こちらは伝統的な越前漆器。男の子用の喰初膳(お食い初め膳)です。

赤ちゃんが生まれてから100日前後の頃に、
「一生、食べ物に困りませんように。」という願いを込めて行われる伝統行事。
それがお食い初めです。
お食い初めには、男の子は朱塗りの漆器、女の子は黒塗り(内側は朱塗り)の漆器を、伝統的に使用してきました。

一汁一菜の考え方に基づき、器は飯椀と吸物椀、平椀の3つ。
飯椀はお赤飯に、吸物椀は蛤汁などに、平椀はお頭芋や煮合物に使用します。
器の構成が、お赤飯とお吸い物、尾頭つきの魚、煮物、香の物の5品からなる一般的なメニュー用の構成ではないのは、ご飯と汁物だけの2品の食事が当たり前だった時代には、おかずがお膳に1品並ぶだけで十分豪華な食事だったということからきているようです。


こちらは女の子用の喰初膳(お食い初め膳)です。
男の子用も女の子用も、このように家紋を入れることができます。

家紋は、専門の蒔絵師がひとつひとつ丁寧にお入れします。
蒔絵というのは漆器の装飾技法のひとつで、漆器の表面に漆で家紋を描き、それが乾
かないうちに金粉を蒔くことで定着させる技法です。


こちらは三つ子(こども器揃え)です。


子供の頃に本物の漆器でいただく美味しい食卓の記憶は、きっと大人になっても色褪せることなく、
その後の人生を豊かなものにするに違いない。
だから、お子さんにも、木の質感のあたたかさや漆の手触りの良さを実感していただきたい。

三つ子(こども器揃え)は、そんな思いで企画された「こどものための漆器」です。

お箸を使い、お椀を持って食べ始めるのが3歳のころ。
3歳児にも使いやすく手に馴染む形を追求し、試行錯誤の末ようやく完成しました。


【商品概要】
商品名:内田さんの越前漆器
価格:13,965円(税込)~ ※送料込
発売日:2014年1月8日(水)
材質:
素地/天然木(ケヤキ)
塗装/本漆
発送日数:通常4、5日です。
備考:包装・のし(熨斗)も無料で利用可能。
販売URL:「赤ちゃん子供新聞ストア」 http://item.rakuten.co.jp/babynews/c/0000000113/

【赤ちゃん子供新聞とは】
「赤ちゃん子供新聞」は、株式会社島岡が運営するママの疑問を解決するための子育て応援サイトで、先輩ママが経験したお宮参りや初節句、七五三などの行事について様々な情報をアンケート形式で掲載しています。
「赤ちゃん子供新聞ストア」は、日本の大切な伝統文化を次世代の子供達へ伝えるため、制作者である職人の顔やこだわりがしっかりとわかる安心安全で良質な商品を全国のママ向けに販売しています。
赤ちゃん子供新聞: http://www.babynews.jp/
赤ちゃん子供新聞ストア:http://www.rakuten.co.jp/babynews/
Facebook:https://www.facebook.com/babynewsjp

【本件に関するお問い合わせ先】
商号:株式会社島岡
担当:岡崎貴仁
本社:〒132-0033 東京都江戸川区東小松川4-44-9船堀プラレールビル5F
TEL:03-5678-6440
FAX:03-5678-6441
メールアドレス:t.okazaki@shima-oka.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • ライフスタイル

会社概要

商号
株式会社島岡(カブシキガイシャシマオカ)
代表者
山田太郎(ヤマダ タロウ)
所在地
〒150-0021
東京都江東区東江東4-8-19 
TEL
03-2567-2465
業種
小売・流通
上場先
未上場
従業員数
10名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.