2014年01月22日 14:30

心電計初のデュアルディスプレイ搭載~解析付心電計「Kenz Cardico(ケンツ カルディコ) 1215 D」を新発売~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医薬品卸の株式会社スズケン(本社/名古屋市、社長/太田裕史)は、心電計初(※1)のデュアルディスプレイを搭載した解析付心電計「Kenz Cardico 1215 D」を平成26年1月20日に発売いたしました。

Cardico 1215 Dはデュアルディスプレイ(2画面)を採用することにより、メインディスプレイで「12誘導心電図波形表示」、サブディスプレイで「不整脈波形表示」といった異なる情報を同時表示することができ、検査に携わる医療スタッフの「異常波形の出現を的確に捉える」といった要求を新しい発想で実現しました。病院の検査室や病棟・健診、診療所まで幅広く心電図検査をサポートします。
Cardico 1215 Dでは、より快適で使い易い検査環境の構築と院内のシステム化をサポートするための連携機能を強化しました。さらに、重篤度の高い急性心筋梗塞やブルガダ型心電図(※2)等の解析精度を向上させた新解析プログラムを搭載し、精度の高い心電図検査結果を提供します。
■製品特長
1. 心電図検査に新提案!異常波形の出現を的確に捉える“デュアルディスプレイ搭載”
心電計初のデュアルディスプレイを搭載することにより、メインディスプレイに12誘導心電図波形を表示しながら、サブディスプレイに約2分間の圧縮波形を表示することで不整脈等の異常波形を的確に捉えることができます。また、メインディスプレイの心電図波形を隠すことなく、サブディスプレイで被検者情報を入力することができ、心電図波形を見逃すことがありません。

2.
新解析プログラムで解析精度向上
新解析プログラムを搭載し、精度の高い解析結果を提供します。特に重篤度の高い所見である急性期の心筋梗塞やブルガダ型心電図などについて、高い検出精度を確保しています。

3.
電子カルテとスマート接続
高機能な心電図ビューアソフト(※3)を標準装備しています。別途サーバーパソコンを用意することなく、ネットワークハードディスクのみで、シンプルかつスマートに電子カルテとの連携を実現します。

4.
心電計を多様な検査装置に拡張可能(オプション)
ソフトウェアを追加することにより、運動負荷試験(※4)、ホルター心電図検査(※5)、運動指導や睡眠時無呼吸検査の解析が可能となります。

※1 2画面波形表示できる心電計として国内初 2014年1月現在 当社調べ
※2 ブルガダ型心電図とは、心筋梗塞や心不全などの所見が認められないのに、突然重篤な不整脈である心室細動により失神し、死に至ることがある心電図所見です。
※3 記録した心電図データを閲覧できるソフトウェアで電子カルテとも連携できます。
※4 体を動かした時に異常が現れる心臓病を診断する検査で、運動により心臓に一定の負荷をかけた時の心電図を見ます。
※5 「動悸」「息切れ」「めまい」「胸痛」などの自覚症状の原因(不整脈など)を精査するために、携帯型の心電計を24時間装着して心電図を記録する検査です。

■製品概要
1.販売名:解析付心電計 Kenz Cardico 1215 D (カルテ゛ィコ1215D)
2.認証番号:225AGBZX00020000
3.定  価:3,900,000円
4.販売目標:今後3年間で1,500台以上(Cardico 1215シリーズ合計)
5.製造発売元:株式会社スズケン

<お問合せ先>
株式会社スズケン ケンツ事業部 学術企画課 井上
〒465-0045 名古屋市名東区姫若町26 スズケン東名ビル
TEL:052-701-4403 FAX:052-701-6181
  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社スズケン(カブシキガイシャスズケン)
代表者
宮田 浩美(ミヤタ ヒロミ)
所在地
〒461-8701
愛知県名古屋市東区東片端町8番地 
TEL
052-961-2331
業種
小売・流通
上場先
東証一部
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.suzuken.co.jp/index.html
IR情報
http://www.suzuken.co.jp/company/ir/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.