2014年04月10日 11:00

コンピュウェア、Ovum社からもアプリケーションパフォーマンス管理のマーケットリーダーとして認められる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンピュウェアコーポレーション(NASDAQ: CPWR)は、英国の市場調査会社Ovum社による「Ovum意思決定マトリクス:アプリケーションパフォーマンス管理ソリューションの選択(2014~15)」レポートにおいて、APMマーケットリーダーとして認められたことを発表しました。

※当資料は、コンピュウェアコーポレーションが米国時間2014年3月26日に発表した報道資料の抄訳です。
※本文中のリンクの一部は英語表記です。

米国ミシガン州デトロイト - 2014年3月26日発表 - コンピュウェアコーポレーション(NASDAQ: CPWR)は、英国の市場調査会社Ovum社による「Ovum意思決定マトリクス:アプリケーションパフォーマンス管理ソリューションの選択(2014~15)」レポートにおいて、APMマーケットリーダーとして認められたことを発表しました。コンピュウェアは、世界トップレベルの複数のアナリスト企業からAPMマーケットリーダーとして認められている唯一のAPMベンダーです。Ovum社によるCompuware APMソリューションのSWOT評価の結果は、コンピュウェア社のホームページにてダウンロードできます(無料、英語のみ)。

このレポートは、技術、市場における実行力・影響力の視点から選定されたベンダー10社を評価したものであり、コンピュウェアは、14個のAPM機能のうち、次の12個の機能で最高得点を獲得しました。
1)ソリューションの範囲、2)開発および品質保証の方向性、3)運用の方向性、4)クラウドサービス、5)ビジネストランザクション管理、6)エンドユーザ体験管理、7)モバイルアプリケーション パフォーマンス管理、8)サーバパフォーマンス管理、9)データベースおよびストレージパフォーマンス管理、10)メインフレームパフォーマンス管理、11)警告、レポーティング、およびダッシュボード、12)パフォーマンス分析。

Ovum社はレポートの中で次のように述べています。
「最先端APMソリューションの導入を希望している企業は、コンピュウェアを最終候補に残すべきである。当社は、機能の豊富さと奥深さに感銘を受けている。コンピュウェアは、インターネット世代のニーズにはSaaS APMサービスで対応し、モバイル世代のニーズにはフルネイティブからウェブおよびハイブリッドのモバイル監視機能で対応している。さらに、開発者、テスト担当者、データベース管理者、ITインフラ運用者、ビジネストランザクション管理者に適したディープダイブ機能も備えている。IT部門全体にDevOpsを導入する組織にとって、幅広いソリューションポートフォリオを有するコンピュウェアは卓越したAPMベンダーであると言える。」

Ovum社のSWOT評価(リンク先:英語のみ)では、Compuware APMの強みとしてモバイルおよびウェブのユーザ体験管理、クラウド環境における管理アプリケーション、また、ビジネスレベルのトランザクションをサポートするビッグデータ管理が挙げられています。

コンピュウェアAPM事業部のゼネラルマネージャであるJohn Van Siclenは次のように述べています。
「リーダーの立場を自ら主張していても、業界トップの全てのアナリスト企業から同様の評価を得られるとは限りません。今回当社が認められたことは、APM市場において競争力のある足場を築いていることを証明しています。Ovum社からAPM市場のリーダーとして認められることは、大変な名誉であり、導入を検討中の企業にとっては、マーケティング広告に左右されずにベンダーを選択するための確固たる第三者的指標となるでしょう。」


■ Compuware APMについて
Compuware APMは、新世代のアプリケーションパフォーマンス管理のリーディングソリューションです。従来のAPMソリューションが、動作が重く、使いづらく、リアクティブであるのに対して、Compuware APMは軽く、使い易く、プロアクティブに問題に対処できるシステムです。Compuware APMは、モバイル、クラウド、ビッグデータ、SOAを含めた、複雑化する最新のアプリケーションを管理できるように作られています。大企業から中小企業まで5,000社を超える企業が、Compuware APMを利用し、数万におよぶアプリケーションを最適化し監視しています。企業は、実際のエンドユーザ体感を理解することにより、より洗練された分析機能、先進的な自動化、パフォーマンスライフサイクルの基礎を活用し、パフォーマンスの向上、プロアクティブな問題解決、アプリケーションリリースの短縮、アプリケーション管理コストの削減を実現しています。
APM市場におけるコンピュウェアのリーダーシップについては、コンピュウェア社のホームページに詳しく記載されています。


■ コンピュウェアコーポレーションについて
コンピュウェアは、‘The Technology Performance Company’として、顧客企業の持つ、最も中核にある革新的な技術について、パフォーマンスをより最適化することにより、顧客企業のビジネスを前進させるためのツールを提供します。
現在、世界的に最も大規模な組織の多くを含む、7,100社以上の企業が、パフォーマンスを管理するために、コンピュウェア社のその新世代アプローチを不可欠としています。

・米コンピュウェアコーポレーションhttp://www.compuware.com (英語)
・日本コンピュウェア株式会社 http://www.compuware.co.jp/ (日本語)

コンピュウェアは、Twitter、Facebookなどからも情報を配信しています。
http://twitter.com/compuware (米国本社アカウント:英語)
http://twitter.com/compuware_japan (日本コンピュウェアアカウント:日本語)
http://www.facebook.com/Compuware (米国本社アカウント:英語)
http://outageanalyzer.com/ (Outage Analyzer:英語)


■ お問い合わせ先
・報道関係の方
日本コンピュウェア株式会社広報事務局 (株式会社ジャパン・カウンセラーズ内)
TEL:03-3291-0118、Email:compuware@jc-inc.co.jp

・Compuware APMソリューションをご検討の方
日本コンピュウェア株式会社営業部代表
TEL:03-5473-4531、Email:marketingjapan@compuware.com
※記載されているすべての製品名および会社名は各所有者の商標です。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

日本コンピュウェア株式会社
商号
日本コンピュウェア株式会社(ニホンコンピュウェアカブシキガイシャ)
代表者
牧野 和夫(マキノ カズオ)
所在地
〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル
TEL
03-5473-4531
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
http://jp.compuware.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.