2014年05月07日 14:00

テガラ、PCIバスをネイティブサポートするWindows7搭載PCを発売。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動作要件の厳しい産業用PCIボードを組み込んだ利用を想定。評価機も無料で貸し出し。PCI×2のミニタワーモデルが¥133,000-、PCIスロット×3のミドルタワーモデルが¥162,000-(税別価格)。

産業用オーダーメイドPCの製造販売会社テガラは、2014年5月7日よりPCIバスをネイティブサポートするWindows7搭載PCを2機種発売した。標準価格はPCIスロットを2本搭載するミニタワーモデルが¥133,000-(税別)、PCIスロットを3本搭載するミドルタワーモデルが¥162,000-(税別)。どちらもCPUは標準でIntel Core i3-3220 3.3GHz(2コア)を搭載している。CPUや搭載メモリ、HDD容量などのカスタマイズにも対応している。販売は自社の産業用PC直販WEBサイト「産業PCおてがら屋」にて行っている。

PCの拡張スロットといえば、長らくPCIが主流を占めていたが、しだいに後継規格のPCI-Expressに取って代わられ、最近ではPC内部で各インターフェースを制御しているチップセットにおいてもPCIのサポートが無くなっていた。最新のPCでもPCIスロットが備えられている機種が一部で存在するが、その多くではPCI-ExpressをPCIに変換するブリッジチップが利用されている。そのような形態のPCIスロットでは、特に動作要件のシビアな画像キャプチャボードや産業用ボードなどにおいて、デバイスを認識しない、正常に動作しない、といった不具合が発生する場合がある。ネイティブサポートのPCIスロットを搭載するPCであれば、そういったトラブルが発生する可能性を大幅に軽減できる。

とはいえ、産業用のPCIボードではネイティブサポートのPCIスロットであっても動作に問題が発生する場合があるため、テガラでは積極的に評価機を貸し出し、購入前にテストを行うことを推奨している。評価機の貸し出しは無料で、標準貸出期間は2週間としている。

なお、テガラではこれまでいくつかの機種において評価機貸出サービスを実施してきたが、過去1年間の貸出実績において、評価機でのテストをパスした割合は75%となっている。25%は評価段階で何らかの課題が確認され、購入後のトラブル回避につながっている。
● ラインナップ
PC-TS015 Windows 7 Pro/PCI×2/ミニタワー型 ¥133,000-(税別、送料込み)
PC-TS016 Windows 7 Pro/PCI×3/ミドルタワー型 ¥162,000-(税別、送料込み)
標準納期:ご注文後7-14営業日


● 本製品に関するお問い合わせ先
産業PCおてがら屋 WEBサイト http://otegaraya.com
テガラ株式会社 営業部
〒435-0045 静岡県浜松市中区細島町8-3
TEL: 053-468-2655 / FAX:053-466-3368 E-mail: otegaraya@tegara.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
テガラ株式会社(テガラカブシキガイシャ)
代表者
佐藤 俊彦(サトウ トシヒコ)
所在地
〒435-0045
静岡県浜松市中区細島町8-3 
TEL
053-468-2655
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.tegara.com
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.