2014年06月13日 14:00

「バイリンガルスペシャリストの意識調査」 -6月18日は海外移住の日 働いてみたい国1位はアメリカ-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日系・外資系企業問わず、経験と語学力を活かし働くビジネスマン・ウーマンを「バイリンガルスペシャリスト」と位置づけ、キャリア・ライフプランの意識や実態を調査しています。6月18日の「海外移住の日」を前に、「働いてみたい国」を訪ねてみたところ、バイリンガルスペシャリストが選んだ国は、1位アメリカ、2位シンガポール、3位イギリス、という結果になりました。

バイリンガルスペシャリスト人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は、この度、6月18日の「海外移住の日」にちなみ、当社のサービス利用者の中から418名を対象に「海外勤務」についての意識調査を行いました。

当社では、日系・外資系企業問わず、経験と語学力を活かし働くビジネスマン・ウーマンを「バイリンガルスペシャリスト」と位置づけ、キャリア・ライフプランの意識や実態を調査しています。今回は、1908年6月18日に移民船がブラジル、サントス港に始めて入港したことにちなみ、内閣府が定めた「海外移住の日」を前に、「働いてみたい国」を訪ねてみました。

■まとめ

1.バイリンガルスペシャリストの「働きたい国」ベスト3は、
1位 アメリカ、2位 シンガポール、3位 イギリス

2.地域でみると、20代にはヨーロッパ、30代以降にはアメリカが人気

3.人気の地域を職種別にみてみると、各国の代表産業が分かる結果に!?
アメリカ・・・IT
ヨーロッパ・・製薬・ヘルスケア



■調査結果
1.バイリンガルスペシャリストが選ぶ、「働いてみたい国」第1位はアメリカ

第1位のアメリカには165票が集まり、全体の37.8%を占めました。2位はシンガポール(16.7%)、3位はイギリス(5%)という結果になりました。いずれも英語圏という共通点があり、「英語が通じる」「英語で仕事ができるから」という声が多く、語学力を海外でも活かしたいと思うバイリンガルスペシャリストが多数いることが分かりました。



2.20代にはヨーロッパ、30代以降にはアメリカが一番人気

働いてみたい国を地域に分け、年代別でみると、20代はヨーロッパ諸国への票が一番多く、続いて2位にアメリカ、シンガポールを含むアジア諸国が3位という順位になりました。30代では、1位アメリカ、2位ヨーロッパ、3位アジアという結果となり、一方で40代~50代ではアジアとヨーロッパの順位が逆転するかたちとなりました。ヨーロッパを選んだ20代は「労働環境・制度がしっかりしてそう」「ワークライフバランスがよさそう」など、“働きやすさ”を重視した回答が目立ちました。30代以降はアメリカを選んだ理由として「ビジネスチャンスがありそう」「ステップアップになる」など、自身の“キャリア”を追求する回答が半数以上でした。年齢とともに、海外勤務に求める価値も違うことが分かりました。

3.IT系人材にはアメリカ、医薬・ヘルスケア人材にはヨーロッパが人気

総合順位で1位だったアメリカは、IT・オンライン人材の52%に選ばれており、この分野のバイリンガルスペシャリストに特に人気な国だということが分かりました。「アメリカはITの中心」「IT系職種が豊富・魅力的」という回答もみられ、アップル、マイクロソフト、グーグルなど大手はもちろん、IT産業の最先端をいくアメリカはスペシャリストにとって自身のスキルを活かせる憧れのフィールドでもあるようです。また、ヨーロッパにはスイス、フランス、英国、ドイツを中心に大手製薬会社が本社を構えています。42%の医薬・ヘルスケア人材がヨーロッパ諸国を働いてみたい国に選びました。職種・業界に特化しているバイリンガルスペシャリストは、自身のキャリアの延長線上で国を選ぶ傾向もあるようです。
【調査概要】
■方法:インターネットによるアンケート調査
■対象:当社サービス登録者から418名
■期間:2014年5月26日~2014年6月6日
ロバート・ウォルターズについて
ロバート・ウォルターズ株式会社は、1985年に英国ロンドンにて設立され、世界24カ国53の主要都市に拠点を有するスペシャリスト人材紹介会社です。日本では、2000年に設立以来、東京と大阪を拠点に正社員から派遣・契約社員まで、専門分野に特化した人材紹介および人材派遣サービスを提供しています。
当社は、日系の中小企業から大手企業、世界有数のグローバル企業に至るまで、幅広い層のクライアント企業と取引があります。人材紹介の業種と職種は多岐に渡り、金融、経理・財務、IT、法務・コンプライアンス、営業・マーケティング、人事、秘書・サポート業務、物流・購買・サプライチェーン、リテール、サービス業、医療・医薬、製造、エネルギー・インフラ、化学など幅広く取り扱っています。



【会社概要】
会社名 : ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
代表者 : 代表取締役社長 デイビッド・ スワン (David Swan)
資本金 : 1,400万円
設立  : 2000年1月4日
所在地 : 東京都渋谷区渋谷3丁目12番18号 渋谷南東急ビル14階
URL   : http://www.robertwalters.co.jp
事業内容: 人材紹介・人材派遣・人材コンサルティング業務

【本件に関するお問い合わせ】
ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 
Tel : 03-4570-1513 (担当:長谷川)
Email:tokyo@robertwalters.co.jp
  • ライフスタイル

会社概要

商号
ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(ロバート・ウォルターズ・ジャパンカブシキガイシャ)
代表者
デイビッド スワン(デイビッド スワン)
所在地
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル14階
TEL
03-4570-1500
業種
人材関連
上場先
未上場
会社HP
http://www.robertwalters.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.