2014年07月03日 10:00

夜景評論家丸々もとおプロデュース・名古屋テレビ塔60周年記念イベント『光の万華鏡』開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋テレビ塔60周年を記念したイベント『光の万華鏡』を開催。プロデュースは夜景評論家丸々もとお氏。スカイバルコニー(屋外展望台)としては”日本初”となるLEDイルミネーションを活用した「光と音のショー」を実現。まるで万華鏡の中に入ったような幻想的な世界感を堪能できます。

本企画は、展望台で来場者の絆を深めるとともに、ユニークでフォトジェニックな数々の仕掛けを行うものです。
総合プロデュースは、(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事/夜景評論家の丸々もとお氏。
現地調査を行った同氏曰く、「展望台の回遊性、照度、空間、演出、そしてバリエーション豊かな絆を深めたい
恋人にとって最良の視点場である」という。
またコンセプトについては、名古屋テレビ塔が建造物ライトアップにおける“光の先駆け”であり、
タワー型展望台としての“眺める企画”の元祖という二つの歴史的事実にもとづき、
「60周年を機に始まる未来へのストーリー、次なる時代を見通す夢の“AKARI”」を表現。
本イベントでは、市民の方々をはじめ、全国から訪れる観光客へ「展望台に上ってみたい」と
思えるような夜景演出を目指しています。

『光の万華鏡』について
~光と眺めにこだわり、未来を呼び込む幻想空間~
周囲の景色を万華鏡模様に映し出す装置をTeleidoscope(テレイドスコープ)と呼びます。
Telescope(望遠鏡)やTelevision(テレビ)に使われるように、「Tel」というのは、
遠いものとのつながりを表現し、遠くの景色を呼び込むこと。
その点において、万華鏡であるテレイドスコープは「遠華鏡」とも言われ、
千変万化の楽しみ方を提供してくれるのです。

(1)『光の万華鏡』 inスカイバルコニー
展望台の天井部及び側面に、光る「万華鏡パネル」を設置。まるで万華鏡の中に入り込んだような幻想世界を創出しました。全国には多々の展望台がありますが、オープンエアでLEDイルミネーション素材を活用した光と音のショー演出は全国でも初。「光と音のショー」は、10分毎に開催。なお、天井部のパネルは全て、カメラに万華鏡と取り付け、テレビ塔とテレビ塔から撮影した夜景を使用しています。

(2)『光の万華鏡』 inスカイデッキ
カメラに万華鏡を設定して名古屋の夜景を撮影。すると名古屋の夜景が万華鏡に!スカイデッキ内の一角では、これら「名古屋夜景万華鏡」を天井部や周囲の壁に張り込み、夜景を眺めるための幻想的な空間を創出。天井部には万華鏡をモチーフにしたレーザー光線が瞬きます。夜景写真撮影は、業界の第一人者である夜景フォトグラファー・丸田あつし氏が担当。

【開催概要】
■開催期間:2014年7月1日(火)~8月31日(日)
■開催場所:名古屋テレビ塔展望台(スカイバルコニー/スカイデッキ)
■主催:名古屋テレビ塔株式会社
■企画・監修:丸々もとお氏(夜景評論家/夜景プロデューサー)

夜景評論家・夜景プロデューサー
丸々もとお氏 プロフィール
1965年生まれ。立教大学社会学部観光学科卒。
ぴあ(株)情報誌『WEEKLYぴあ』の編集記者、(株)リクルートを経て独立。
92年『東京夜景』上梓以降、日本で唯一無二の夜景評論家として本格的活動を始める。
夜景の魅力を観光学、景観学、色彩心理学など学際的に評論する独自の「夜景学」の構築に取り組んでいる。
夜景に関する著作は30冊以上。新聞・雑誌連載等の執筆活動のほか、宿泊プラン、夜景イベント、
レストラン&展望台プロデュース、不動産コンサルティング、夜景観光町おこし、講演会、インターネットにて活躍中。近著に「絶対に見たい!美しい世界の夜景」(宝島社)、「夜景手帳」(光村推古書院)、「日本夜景遺産」(河出書房新社)、「世界の夜景」(ダイヤモンド社)、「日本の夜景」「東海道夜景五十三次」(エンターブレイン)。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市、周南市等の夜景観光アドバイザー、夜景検定(夜景鑑賞士検定)総監修、日本夜景遺産事務局長、LED光源普及開発機構理事等を務める。全国に広がる“工場夜景クルージング”の仕掛け人で、テレビ東京「ソロモン流」では“夜景の賢人”として紹介された。
※商標登録『夜景評論家』第4408194号
※照明コンサルタント(社団法人照明学会認定)

夜景フォトグラファー
丸田あつし氏 プロフィール
1968年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、同大学院中退。
1994年にデザイン会社(有)マルタアドバタイジングに入社。
グラフィックデザイナーに加え、夜景フォトグラファーとして本格的に活動をはじめる。
現在、世界各地の夜を撮影することをライフワークに、新聞・ウェブの連載、雑誌・週刊誌グラビア、
写真展、夜景関連ホームページなどで活動中。実兄の夜景評論家・丸々もとおとの夜景関連出版物の全撮影を担当。
写真集に「最新版 日本夜景遺産」(河出書房新社)、「夜城」(世界文化社)、「世界ノ夜景」(ダイヤモンド社)、「世界夜景」(中国語・繁体字版/大売文化有限公司)、「日本の夜景」「東海道夜景五十三次」(エンターブレイン)、「LIFESCAPE~息づく夜景」(角川書店)。※日本写真家協会会員

■本イベントに関するお問い合わせ先
名古屋テレビ塔株式会社
TEL:052-971-8546

■丸々もとお氏・丸田あつし氏に関するお問い合わせ先
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー
TEL:03-6204-0115
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー(イッパンシャダンホウジンヤケイカンコウコンベンション・ビューロー)
代表者
丸々 もとお(マルマル モトオ)
所在地
〒104-0054
東京都中央区勝どき1-13-6 プラザタワー勝どき4008
TEL
03-6204-0115
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.yakei-cvb.or.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.