2015年05月13日 16:00

調査レポート進呈:シニア女性の健康と美容意識と情報接触に関する調査 マーケティング研究協会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マーケティング研究協会(東京都新宿区新小川町6-29アクロポリス東京9階/代表取締役社長近藤崇司)は、登録モニターを対象とした「健康・美容意識と情報接触」に関する調査を実施しました。「シニア女性の健康と美容意識と情報接触に関する調査レポート」 を2015年5月13日より無料進呈いたします。

株式会社マーケティング研究協会(東京都新宿区新小川町6-29アクロポリス東京9階/代表取締役社長近藤崇司)は、登録モニターを対象とした「健康・美容意識と情報接触」に関する調査を実施しました。
「シニア女性の健康と美容意識と情報接触に関する調査レポート」 を2015年5月13日より無料進呈いたします。


<公開の趣旨>
一般に公開されているマーケティングデータとして、65才までのものは多く存在していますが、65才以降のマーケティングデータは数が少ないのが実情です。
当社のモニター特性として70才以降の方々も多く登録されていることより、日々、マーケティングをされている企業の方々の役立つ情報提供の一環として進呈いたします。


<調査概要>
調査方法:留置配布、郵送回収
調査対象:マーケティング研究協会のシニアモニター
       40歳以上女性(回収41~82歳、中央値64歳)
       203回答
調査時期:2014年11月
調査エリア:首都圏(一都三県 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)


<TOPIX>
◆70才以降でも、趣味・生活をエンジョイするアクティブシニア
回答者女性の約8割が何らかのコミュニティ(グループ活動)に参加しています。
しかも、複数のコミュニティに参加されている方々が多く、「ショッピング・グルメ」、「旅行(国内・海外)」、「体操・水泳・ジム・ヨガ」は65才頃までは活発な動きがあるようです。
本レポートでは、65才以降のアクティブシニアの趣味・生活の傾向が見えるようになっています。



◆70才以降の女性は、見た目の「美しさ」だけではなく、気持ちが充実した「美しさ」へ
何歳になっても、美しくありたい。
女性であれば年代を問わず誰もがそう願うのですが、年代間で「美しさ」に関する意識には違いがあるようです。
特に70才以降の女性は、「美しさ」に関して、内面や気持ちの充実といった自分の心と向き合ったときの美しさを強く意識している傾向が見られます。



下記URLよりレポートのお申込みが可能です。
http://www.marken.co.jp/report/report_04.shtml



<株式会社マーケティング研究協会>


株式会社マーケティング研究協会

http://www.marken.co.jp

所在地 :東京都新宿区新小川町6-29 アクロポリス東京9階
代表者 :代表取締役 水上晴規
事業内容:教育研修事業、マーケティングリサーチ事業、
     コンサルティング事業、公開セミナー事業


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社マーケティング研究協会
シニアマーケティングチーム 平日9:00-17:30
TEL:03-5227 -5711


  • ライフスタイル

会社概要

商号
株式会社マーケティング研究協会(カブシキガイシャマーケティングケンキュウキョウカイ)
代表者
近藤 崇司(コンドウ タカシ)
所在地
〒162-0814
東京都新宿区新小川町6-29 アクロポリス東京9階
TEL
03-5227-5711
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
従業員数
50名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.