2016年04月06日 16:00

統合型プロジェクト管理システム「SI Object Browser PM 中国語版」を正式リリース!~グローバルスタンダードのプロジェクトマネジメントに向けて、まずは中国からスタート~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社システムインテグレータ(本社:さいたま市中央区 代表取締役社長:梅田弘之、東証1部 3826、以下「当社」)は、SI Object Browser PM(以下「OBPM」)を中国語対応した「OBPM中国語版」を、成都ウィナーソフト有限公司(本社:中国四川省成都市、以下「ウィナーソフト社」)を販売総代理店として、2016年5月2日から中国国内で販売します。

「OBPM」は、プロジェクト管理のERPというべき統合型プロジェクト管理システムです。脱Excelをテーマにシステム開発企業のプロジェクト管理を見える化や標準化し、プロジェクトマネジメントを強化していきたいというニーズを的確にとらえ、2008年の発売開始から既に120社を超える導入実績を達成しております。

中国におけるシステム開発企業もプロジェクト管理の重要性が広まりつつあるものの、プロジェクト管理の現場はまだまだExcelを使った管理が主流となっています。今後、統合型プロジェクト管理システムのニーズは高まってくるものと思われます。「OBPM」は、プロジェクト管理の国際標準PMBOKに完全準拠していますので、世界各国の業界慣習などに影響されにくく、どの国でも標準的に利用できる製品となっています。中国におけるプロジェクト管理でも、「OBPM」の導入によって日本と同様の赤字プロジェクト削減の効果が期待できます。
当社は、アジア最大の国土面積と世界最多となる約13億人の人口、GDP世界2位の市場規模である中国のプロジェクトマネジメントスタンダードシステムへと「OBPM」を展開できるように、ウィナーソフト社と「OBPM中国語版」の販売をすすめていきます。

■ 「SI Object Browser PM 中国語版」の主な特長
 「OBPM中国語版」は中国市場向けに中国語にローカライズしており、「OBPM」の機能をそのまま踏襲しています。PMBOKに準拠した5つのプロセスと10知識エリアのメニュー体系になっており、コスト・スケジュール・要員・品質などのプロジェクト管理に必要な機能が集約しています。今後、中国市場を見据えた機能追加なども実装していく予定です。
【システムインテグレータについて】
会社名:株式会社システムインテグレータ
証券コード:3826 (東証1部)
所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心11番地2
    ランド・アクシス・タワー(明治安田生命さいたま新都心ビル)32階
設立:1995年3月
代表者:代表取締役社長 梅田 弘之
資本金:3億6,771万円
URL:http://www.sint.co.jp/
事業内容:業務用パッケージ開発・販売、コンサルティング
     (EC、ERP、プロジェクト管理、データベース開発支援ツール、データベース設計支援ツール、
     アプリケーション設計書作成支援ツール、e-learning、O2Oマーケティング等)

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社システムインテグレータ
Object Browser事業部:吉田
TEL:03-5768-7979 FAX:03-5768-7884
E-mail:obpm@sint.co.jp

※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい。
※記載されている商品名は、各社の商標または登録商標です。


  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社 システムインテグレータ
商号
株式会社 システムインテグレータ(カブシキガイシャ システムインテグレータ)
代表者
梅田 弘之(ウメダ ヒロユキ)
所在地
〒330-6032
埼玉県さいたま市中央区新都心11番地2 ランド・アクシス・タワー(明治安田生命さいたま新都心ビル)32階
TEL
048-600-3880
業種
ソフトウエア
上場先
東証一部
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.sint.co.jp/
IR情報
http://www.sint.co.jp/ir/index.html
公式ブログ
http://mind.sint.co.jp/
  • 公式twitter

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.