2016年09月14日 09:00

VR技術で二次元キャラと“バーチャル添い寝”ができる!震災復興のために生まれたキャラクター “東北ずん子”が、究極の二次元添い寝プロジェクトをスタート! 開始1日半で100万円を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホアプリの開発やVRコンテンツの制作を行う株式会社エンタップは、究極の二次元添い寝を実現させるべく、人気キャラクター東北ずん子による“添い寝プロジェクト”を開始しました。2016年9月11日にCCCグループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」にて募集開始し、スタートからわずか1日半で目標金額の50%である100万円を突破しています。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ 
究極の2次元添い寝を作りたい! バーチャル添い寝プロジェクト with 東北ずん子
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 
・プロジェクトURL:https://greenfunding.jp/lab/projects/1662
・目標金額:200万円
・応募期間は2016年9月11日(日)~10月6日(木) 23:59




“東北ずん子”とは?



SSS合同会社による、ずんだ餅をモチーフにした少女のキャラクター、およびその関連コンテンツの総称。2011年に東日本大震災からの東北復興支援を標榜し登場したもので、キャラクターとしての東北ずん子は、東北6県に本社を登記する企業であれば、手続きなしに無償でPOP広告や商品パッケージ、WEBサイトなどに商用利用できる。また、非商用であれば東北に限らず手続きなし、無償で利用が可能となっている。キャラクターデザインは江戸村ににこさん、声はフォロワーが10万人を超える人気声優佐藤聡美さんが担当しています。


世界で最もクラウドファンディングに成功しているキャラクター



“東北ずん子”は、2011年のゲーム化をはじめ、ボイスロイド化(2012年)、ボーカロイド化(2013年)、姉妹の音源制作・MMD化(2014年)など、過去クラウドファンディングで累計2500万円の資金調達に成功しています。2015年には、世界No.1クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、アニメ化の設定を作るための画集制作のプロジェクトを立ち上げ、$41,586(約500万円)が国内外から集まりました。Twitterではプロジェクトが達成すると「ずん子はわしが育てた」コールが定番となっています。


“バーチャル添い寝”が実現できる理由



2次元のバーチャル添い寝の仕組みを作るにはいくつか必要なものがあり、その1つはVR(バーチャルリアリティ)と呼ばれる技術です。 この数年でヘッドマウントディスプレイをつかってバーチャル空間にダイブすることができるようになりました。また、ただの3Dキャラクターだと2次元のキャラクターの良さが失われますが、つい最近技術の進歩で2次元キャラクターをバーチャル3次元空間に呼び出すことができるようになりました。
音響についても、これまでのバイノーラル録音ではバーチャル空間には対応できなかったのですが、(頭を左右に動かした場合には、バーチャル空間ではキャラクターも動き、声の方向も変わってくる為)、本プロジェクトでは頭部伝達関数を利用し、音が自然と頭の動きに合わせて聞こえるバーチャルバイノーラルシステムを搭載。バーチャルバイノーラルシステムによって見る方向を変えても、音が付いてくるようになり、あのバイノーラルのゾワゾワする感覚をついにバーチャル空間に取り込めるようになりました。




特典(リターン)について



※ 以下、部分抜粋

7,000
・お礼のメッセージ
・完成品(ディレクターズエディション)
・カードボード&ずん子ちゃんシール
※カードボードとは、スマートフォンを利用してバーチャルリアリティを体験できるようにするアタッチメントです。



10,000
・お礼のメッセージ
・完成品(ディレクターズエディション)
・カードボード&ずん子ちゃんシール
※カードボードとは、スマートフォンを利用してバーチャルリアリティを体験できるようにするアタッチメントです。
・ブランケット


30,000
・お礼のメッセージ
・完成品(ディレクターズエディション)
・カードボード&ずん子ちゃんシール
※カードボードとは、スマートフォンを利用してバーチャルリアリティを体験できるようにするアタッチメントです。
・ブランケット
・ずん子ちゃん太ももマウスパッド


55,000円 限定8名  売り切れ
・お礼のメッセージ
・完成品(ディレクターズエディション)
・カードボード&ずん子ちゃんシール
※カードボードとは、スマートフォンを利用してバーチャルリアリティを体験できるようにするアタッチメントです。
・ブランケット
・ずん子ちゃん太ももマウスパッド
・B2タペストリーに佐藤聡美さんのサイン入り
●株式会社エンタップ https://www.entap.co.jp/
事業内容:ウェブインテグレーション事業、ソフトウェア受託開発事業、パッケージソフトウェア事業

●株式会社ワンモア
CCC(TSUTAYA) グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE(ク゛リーンファンテ゛ィンク゛)」を運営。全国約1,450店舗のエンタテインメントストア「TSUTAYA」や「蔦屋」と連携し、映画・ 出版・音楽など様々なジャンルのプロジェクトを掲載。現在35のパートナーと共に、2013年4月のサービスイン以来、400を超えるプロジェクトに総計 4.5億円以上の資金調達をサポートhttps://greenfunding.jp/
------------ 本リリースに関するお問い合わせ ------------ 
株式会社エンタップ 担当:菅俣 TEL:03-6757-4011 MAIL:support@entap.co.jp
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

株式会社エンタップ
商号
株式会社エンタップ(エンタップ)
代表者
松岡 利昌(マツオカ トシマサ)
所在地
〒162-0065
東京都新宿区住吉町1-18 TVB曙橋ビル5F
TEL
03-6757-4011
業種
システム開発
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.entap.co.jp/
  • 公式twitter

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.