2016年10月04日 10:00

実写VRの難題に挑む! 国際映像製作スタジオNOMAが”実写VR映画” 「Solid Time」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月4日、国際映像製作スタジオNOMA(ノマ)が、実写VR短編映画「Solid Time」(監督・太一)を発表。キービジュアルと劇中写真を公開した。本作は複数の国際映画祭にエントリー中。各国映画祭の出品条件を照らしながら、一日も早い無償一般公開を目している。NOMAは、独自に研究と開発を続けたノウハウと技術をユニット化。課題の解決を越えて、さらに上質な実写VR映画の制作に挑戦した。

2016年10月4日、国際映像製作スタジオNOMA(ノマ)が、実写VR短編映画「Solid Time」(9min./英語/監督・太一)を発表。キービジュアルと劇中写真を公開した。本作は複数の国際映画祭にエントリー中。各国映画祭の出品条件を照らしながら、一日も早い無償一般公開を目している。
既存の映像制作技法が通用しないVRは、実写映画との相性が良いとは言えない。設置されたVRカメラで撮影するだけでは、映画の物語性を伝えることは困難。演出、撮影、編集まで、NOMAは、独自に研究と開発を続けたノウハウと技術をユニット化した。
本作「Solid Time」では、360°空間の中に、さらに2Dスクリーンを設置し、実写VR内でクローズアップやフレーミングを可能にする演出補完技術「CoViR (カヴァー / Complement Virtual Reality)」や、既存の映画撮影に近いキャメラワークと効果を実現する撮影環境技術「AART (アート / All Around Recording Technology)などを駆使し、課題の解決を越えて、さらに上質な実写VR映画の制作に挑戦した。

■NOMAとは
国と企業を越えた専門家約150名が所属している国際映像製作スタジオ。監督、プロデューサー、アクター、シネマトグラファー、作曲家などが多数所属し、企画開発から運営管理まで映像製作の全てをチーム内で完結。また、最新鋭の映像表現を追求するために、技術者、研究者、クリエイター、アーティスト、そして事業家などがサポートを行う。結成6か月で既に7作品の短編映画を製作。国際映画祭へのエントリーを続けている。


【本件に関するお問い合わせ】
■ NOMA
HP:https://www.noma-film.com/
E-Mail:mail@noma-film.com
担当者携帯電話:090-7855-4371[恵水 流生 / Emi Ryusei:NOMA Producer]
電話:03-5778-5304 / +81-3-5778-5304
住所:[株式会社EDLEAD-japan-]
〒107-0061 東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー 11F
Level 11 Aoyama Palacio Tower
3-6-7 Kita Aoyama Minato-ku
Tokyo, Japan 107-0061
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

NOMA
商号
NOMA(ノマ)
代表者
恵水 流生(エミ リュウセイ)
所在地
〒107-0061
東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー11F
TEL
03-5778-5304
業種
エンターテイメント
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.noma-film.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.