2016年11月07日 18:00

ジンコソーラーはブルームバーグ将来のエネルギーAPACサミットに出席

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月2日、ジンコソーラーはブルームバーグブルームバーグ将来のエネルギーAPACサミット(the FUTURE of ENERGY APAC SUMMIT)に出席しました。

2016年11月2日、ジンコソーラーはブルームバーグブルームバーグ将来のエネルギーAPACサミット(the FUTURE of ENERGY APAC SUMMIT)に出席しました。このサミットはエネルギー市場、業界、融資及び政策分野の主要な交流プラットフォームです。

世界一のモジュール製造メーカーと中国トップランナープロジェクト最大の入札会社として、ジンコソーラーは彭博新エネルギー財経(Bloomberg New Energy Finance)のインタビューを受け、会社の業務状況、短期と長期の戦略及び未来重要市場の展望等を紹介しました。同時に、ジンコソーラーは“新エネルギー電力入札制度”セミナーを招待され、エネルギー入札の動向及び新エネルギープロジェクトの発展への推進作用をシェアしました。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国、地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社のソーラー製品を供給し、自社のソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2016年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで3.5GW、太陽電池で3.5GW、太陽光発電モジュールで6.5GWの年間総発電容量がある。ジンコソーラーはまた中国国内で電力を販売しており、2016年6月30日時点で、約1130MWの太陽光発電プロジェクトをグリッドに接続、稼働しております。

ジンコソーラーは中国江西省と浙江省、マレーシア、ポルトガル、南アフリカ、新疆に6つの生産施設、中国(2)、イギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、アラブ首長国連邦は、ヨルダン、サウジアラビア、クウェート、エジプト、モロッコ、ガーナ、ケニア、コスタリカ、コロンビア、ブラジルとメキシコに18の世界販売オフィス、ドイツ、イタリア、スイス、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、日本(2)、インド、南アフリカ、チリ、ブラジル、トルコ、メキシコ、スペインに16の海外子会社を持ち、従業員計1万5000人以上を雇用しております。

詳しい情報はhttp://www.jinkosolar.com/を参照。

住所:103-0026東京都 中央区日本橋兜町13番2号 兜町偕成ビル本館9階
代表電話:03-6661-0899
FAX番号:03-6661-0129
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.