2016年11月21日 09:00

株式会社発明通信社、「米国特許庁審査官向け公式トレーニング使用を用いた米国特許セミナー ~非自明性・第103条~」を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の知財活動をサポートする株式会社発明通信社(東京都千代田区 代表取締役社長:山縣大輔)は、米国の特許事務所、Brundidge&Stanger,P.C.(バージニア州)と鷲田国際特許事務所(東京都新宿区 所長弁理士:鷲田公一)の協力のもと、米国特許庁が審査官の教育指導用に作成した公式トレーニング資料を用いて、審査官が特許出願をどのように解釈し、審査するのかを解説するセミナーを開催いたします。

この度、株式会社発明通信社では、米国の特許事務所、Brundidge&Stanger,P.C.様と
鷲田国際特許事務所様ご協力の下、米国特許庁が審査官の教育指導用に作成した
公式トレーニング資料に焦点を当て、審査官が特許出願をどのように解釈し、
審査するのかを解説するセミナーを開催いたします。

今回のテーマは、特許実務家にとって重要且つ永遠のテーマでもある
「非自明性(米国特許法第103条)」についてです。
本セミナーを通じて、非自明性拒絶に対してどのように対応すべきかを
マスターすることができます。

この機会をお見逃しなく、多数の方々のご参加をお待ちしております。

※席に限りがあるため、企業にご所属の方を優先させていただきます。

※セミナー終了後同会場にて講師を交えた懇親会(17:10~19:00)がございます。
会費はかかりませんので、ご参加される方は、お申込みの際にその旨お知らせください。

「米国特許庁審査官向け公式トレーニング使用を用いた米国特許セミナー ~非自明性・第103条~」
【日 程】2016年12月2日(金)
【時 間】講義 13:00~17:00  懇親会 17:10~19:00
【定 員】34名(事前申込み制)
【資料費】3,000円(税込み)
【会 場】株式会社発明通信社 東京本社 3Fセミナールーム
http://www.hatsumei.co.jp/company/access.html#anc01

【申込み】
http://www.hatsumei.co.jp/seminar/index.php?a=seminar_detail&id=71

【講師】
米国特許弁護士 カール・ブランデッジ 氏 (Brundidge & Stanger, P.C. 代表パートナー)
米国特許弁護士 デビッド・リー 氏    (Brundidge & Stanger, P.C. パートナー)
【コーディネーター】
弁理士 佐川 淳 氏 (鷲田国際特許事務所 所長代理)
磯崎 全宏 氏    (鷲田国際特許事務所 技術部 外国部部長)

【セミナーに関する問合せ】
株式会社発明通信社 東京営業部
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-12-2
TEL:03-5281-5511
FAX:03-5281-5512
seminar_t@hatsumei.co.jp

  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
株式会社発明通信社(カブシキガイシャハツメイツウシンシャ)
代表者
山縣 大輔(ヤマガタ ダイスケ)
所在地
〒101-0047
東京都千代田区内神田1-12-2 
TEL
03-5281-5511
業種
その他
上場先
未上場
会社HP
http://www.hatsumei.co.jp/
IR情報
http://www.hatsumei.co.jp/company/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.