2017年09月11日 14:00

神戸デジタル・ラボ、標的型攻撃メール訓練のASP版「Selphish」提供開始 送信タイミングや回数、メール文面のカスタマイズが自由に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社神戸デジタル・ラボは9月11日、ASPサービス「SaaS型標的型攻撃メール訓練システム『Selphish(セルフィッシュ)』」の提供を開始しました。

株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:永吉一郎、以下KDL)は9月11日、ASPサービス「SaaS型標的型攻撃メール訓練システム『Selphish(セルフィッシュ)』」の提供を開始しました。

■標的型攻撃メールとは
標的型攻撃メールとは、特定の組織を標的に攻撃する標的型攻撃の一つの手段です。その組織に関連性のありそうな企業や人物になりすまし、ウイルス感染させるためのURLや添付ファイルをメールに仕込み送信します。標的となる組織の従業員がURLにアクセス、または添付ファイルを開くことでウイルスに感染、「重要な情報を盗まれる」「踏み台にされる」などの被害が発生してしまいます。

■ASPサービス「SaaS型標的型攻撃メール訓練システム『Selphish(セルフィッシュ)』」
「 Selphish 」は、標的型攻撃メールへの対策として、従業員に対して疑似的な標的型攻撃メールを送信し、意識向上を図る標的型攻撃メール訓練サービスです。受信側のリスクに対する意識を高め、水際よりもっと前で危険を食い止めます。  公式サイトURL : https://www.selphish.jp/
■なぜASPサービスなのか
KDLでは、2013年より「標的型攻撃メール訓練サービス」を提供しておりましたが、2015年に起きた日本年金機構の不正アクセスによる情報流出事件以降、問い合わせ数が激増しておりました。

実際このサービスはメールを送信する作業の前に「コンテンツ作成(メール文面・開封時のコンテンツ内容・教育など)」「送信テスト」「社内やKDLとのスケジュール」など各種調整作業に時間がかかる側面があり、サービス利用者様より「もっと気軽に訓練をしたい」「自分たちのペースでスケジュールを決めたい」というご要望もいただいておりました。訓練も1回だけではなく2回、3回と続けていくことで社員への意識づけができ、「標的型攻撃メール」の開封率が下がる傾向にあるため、それぞれの企業に合わせた運用をいただくためにもASPサービスを開発しました。時間のかかるコンテンツ作成もポイントを抑えたテンプレートを利用することによって、検討時間の短縮が図れるようになっています。

■訓練を受けた企業の開封率の推移
A社様の場合
 1回目の開封率 約30%  2回目の開封率 約27%  3回目の開封率 約7%

その他多くの企業様でも2~3回目に開封率が大きく下がる傾向があります。逆に言い換えると、訓練をしていない企業の場合、平均でも約20%以上の方、5人に1人は不審なメールの添付ファイルを開き、URLをクリックしている計算となります。この数値は企業にとって大きなリスクです。
■訓練の流れ
1、メール設定・コンテンツ設定
2、対象者設定
3、スケジュール設定
4、メール送信
5、レポーティング(ASP上で誰が開封したか、部署ごとの開封率・比較などを集計できます)

■価格(年間契約のみ) このほかのプランもございます。
年間送信数 100までの場合 30万円(税別)
年間送信数 1000までの場合 40万円(税別)
年間送信数10000までの場合 160万円(税別)
年間送信数10001~の場合   要見積もり
※従業員200人に年間5回訓練を行う場合は1000通(年間40万円・税別)となります。

■導入目標
開始後2年間で30社への導入を目指します。

■開発者の声(セキュリティソリューション事業部 長山 哲也)
メール訓練型のWebサービスは、スパムシステムとして悪用される可能性が高いものです。だからこそ、セキュリティ面をしっかり考慮し、システムの選定には慎重になられる企業が多いのが現状です。
「Selphish」は、情報セキュリティソリューションを提供する部門のメンバーが、セキュリティ面に十分配慮して開発したシステムです。開発前の仕様検討段階からセキュリティに力を入れていますので、安心してご利用いただけます。

【会社概要】
 社名 : 株式会社 神戸デジタル・ラボ
 代表者 : 代表取締役社長 永吉一郎
 所在地 : (本  社)〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
       (東京オフィス)〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-1-1 ヒューマックス恵比寿ビル
 設立 : 1995年10月
 資本金 : 2億995万円
 従業員数 : 163名(2017年9月現在)
 URL :http://www.kdl.co.jp/

※記載されている会社名、製品・サービス名は、商標登録申請中です。
※プレスリリースに記載されたサービスの価格、仕様、内容、お問合せ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

【本件に関するお問い合わせ先】※取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
株式会社 神戸デジタル・ラボ
担当 :セキュリティソリューション事業部 長山(ながやま)、苦木(にがき)
TEL :0120-996-535
E-mail : info@proactivedefense.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社神戸デジタル・ラボ
商号
株式会社神戸デジタル・ラボ(カブシキガイシャコウベデジタルラボ)
代表者
永吉 一郎(ナガヨシ イチロウ)
所在地
〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
TEL
078-327-2280
業種
システム開発
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.kdl.co.jp/
公式ブログ
https://www.kdl.co.jp/blog/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.