2017年11月02日 11:00

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、QUALCOMM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社パテント・リザルトは2017年11月2日、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。

株式会社パテント・リザルトは2017年11月2日、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。

2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

1位の三菱電機の注目度の高い特許には、「内臓コンデンサーに生じる応力を緩和したパワー半導体」や「パワー半導体モジュールに使用される熱伝導性シート用熱硬化性樹脂」などが挙げられます。

2位のパナソニックは、「記録層形状と記録制御の改善により記録密度を向上させた光記録媒体」や、「変形を防止するための太陽電池パネル用フレーム構造」などが注目度の高い特許として挙げられます。

3位のQUALCOMMの注目度の高い特許には「CoMP(多地点協調)環境においてチャネル推定、干渉推定を可能にする方法」や「反射型ディスプレイにおけるスペクトル色再生方法」に関する技術などがあります。

そのほか、上位10社の中で、前年より順位を上げた企業には、京セラ、NECが挙げられます。京セラの注目度が高い特許は「圧電アクチュエーターを用いたインクジェット記録用の液体吐出ヘッド」、NECは「オープンフローネットワークにおける制御技術」が挙げられます。

詳細については、ランキングデータ「特許資産規模ランキング」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2017/11/electric.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
事業内容:特許分析ソフトウェア、技術力評価指標の開発・販売、情報提供など
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社パテント・リザルト(カブシキガイシャパテント・リザルト)
代表者
白山 隆(シラヤマ タカシ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
TEL
03-5802-6580
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.patentresult.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.