2017年11月01日 15:00

株式会社サムライズ、 なりすましによる不正ログイン対策サービス 「Capy リスクベース認証」の販売を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷 利太郎、以下、サムライズ)は、Capy株式会社(本社:東京渋谷区、代表取締役社長:岡田 満雄、以下、Capy)が提供する、なりすましによる不正ログイン対策サービス「Capy リスクベース認証」の販売を2017年11月1日より開始することを発表いたします。

■不正ログイン対策サービス取り扱いの背景
近年、他サイトなどから不正に取得したユーザIDとパスワードのリストをもとに、ロボットなどを利用して大量の不正ログインを行う攻撃手法である 「リスト型攻撃」 による被害は増加傾向にあります。会員を抱える事業者と利用者に多大な被害をもたらす不正ログイン被害の増加に伴い、サムライズではCapyが提供する「Capy パズルキャプチャ」、「Capyアバターキャプチャ」の提案を通じて、リスト型攻撃による不正ログイン対策に貢献してまいりました。
■なりすましによる不正ログインの増加と「Capyリスクベース認証」
一方、ロボットによる攻撃だけでなく、悪意を持った人が本人になりすまして不正にログインすることで、個人情報の窃取、不正なポイント交換やカード利用が行われるといった被害*1も増加しており、会員を抱える事業者は、ロボットによる「リスト型攻撃」だけでなく、「なりすましによる不正ログイン」への対策も必要となっています。今回販売を開始する「Capy リスクベース認証」は、そのような「なりすましによる不正ログイン」対策サービスとして、従来の「Capy リスクベース認証」を強化し、機能が追加されたリニューアル版です。

*1:IPA発行の情報セキュリティ10大脅威2017の第一位
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2017.html


■「Capy リスクベース認証」(リニューアル版)とは?
「Capy リスクベース認証」では、Webサービスを利用するユーザーのログイン履歴をデータとして蓄積、各ユーザーの「その人らしさ」をベースに、ログインしたユーザーの行動が本人によってなされたものかを識別します。それにより、第三者が不正にログインを行った場合、本人でないことを検知します。さらに、不正なログインを検知した際の機能として「秘密の質問」や「2要素認証」といった、追加認証のサンプルが今回のリニューアルで実装されました。
また、サービスの提供形態は、利用が簡易でメンテナンスが不要なSaaSでの提供となり、これまで高額な仕組みとして考えられてきたリスクベース認証を低価格で実現いただけます。

「Capy リスクベース認証」紹介ページ
http://www.samuraiz.co.jp/capy/product/riskbased.html?WT.mc_id=08-5-15-633


■不正ログイン対策のさらなる強化
ロボットなどを使ったリスト型攻撃対策の「Capy パズルキャプチャ」、「Capyアバターキャプチャ」に加え、この度リリースされた、なりすましによる不正ログイン対策「Capy リスクベース認証」を合わせて利用することで、第三者による不正ログインをさらに広範囲に検知、予防することが可能となります。


■紹介セミナー
11月16日(木)15:30より開催するセミナー「不正ログインからランサムウェア対策まで未知の脅威から企業を守る ブラックリスト型からAIを活用したホワイトリスト型へ」にて、「Capy リスクベース認証」の紹介を行います。
http://www.samuraiz.co.jp/event/08_171116.html?WT.mc_id=08-5-15-633


■Capy株式会社について
2012年10月に代表取締役である岡田 満雄氏が米国デラウェア州で設立テキスト型キャプチャがリスト攻撃対策の主流であるなか、2013年12月にパズルをピースに埋め込むだけの認証サービス「Capy パズルキャプチャ」の提供を開始。以来、日本国内で数多くの企業で採用されている、不正ログイン対策サービスのリーディングカンパニーです。


■株式会社サムライズについて
サムライズはCapy株式会社の販売代理店として、不正ログイン対策サービスを提供するほか、セキュリティ分野において、その独自の視点から、お客様のウェブサイト、アプリケーション、ネットワークなど、様々な観点で安全性の維持、向上の為の提案をしております。最小の投資で最大の効果を得られるよう、計画~導入~運用まで、トータルにご支援いたします。
サムライズは常にお客さまの視点に立ち、投資に見合う情報化・効率化を実現する「革新的な技術やサービス」を提案することで、お客さまに課題解決の為の簡易かつ最適なサービスとソリューションを提供する「ソフトウェアとサービスのマーケティング/セキュリティ・プラットフォーム企業」を目指しております。

本社所在地  : 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F
代表取締役社長: 谷 利太郎
URL      : http://www.samuraiz.co.jp/?WT.mc_id=08-5-15-633


■本件(プレスリリース)掲載場所
http://www.samuraiz.co.jp/news/capy_17_1.html?WT.mc_id=08-5-15-633


*本文に記載のある製品名、会社名、サービス名は各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。


※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社サムライズ(サムライズ)
代表者
谷 利太郎(タニ リタロウ)
所在地
〒141-0032
東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル5F
TEL
03-5436-2040
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
IR情報
http://www.samuraiz.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.