2018年02月07日 15:00

訪日インバウンドセミナー第2弾 「体験予約サイトの実績データから読み解くナイトタイムエコノミー」を開催 ~観光庁 観光資源課・太田氏、株式会社Voyagin代表取締役・高橋氏登壇~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルマーケティングを支援する、株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都港区 取締役社長 兼 CEO 竹内 真二 以下、IMJ)は、セミナー「体験予約サイトの実績データから読み解くナイトタイムエコノミー」を2018年2月28日(水)に開催いたします。 本セミナーはIMJが、2018年1月より開催しているセミナーシリーズの2回目となります。

訪日インバウンドセミナー第2弾
「体験予約サイトの実績データから読み解くナイトタイムエコノミー」を開催
~観光庁 観光資源課・太田氏、株式会社Voyagin代表取締役・高橋氏登壇~

デジタルマーケティングを支援する、株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都港区 取締役社長 兼 CEO 竹内 真二 以下、IMJ)は、セミナー「体験予約サイトの実績データから読み解くナイトタイムエコノミー」を2018年2月28日(水)に開催いたします。
本セミナーはIMJが、2018年1月より開催しているセミナーシリーズの2回目となります。
当日は観光庁 観光資源課の太田氏、株式会社Voyagin代表取締役である高橋氏にも登壇いただきます。

「日々増加する訪日外国人旅行者への対応を考えるだけで精一杯」

2016年9月に月間191万8千人であった訪日観光客は2017年9月には月間228万人と23% 以上の増加傾向にあります(JNTO日本政府観光局発表)。
2020年には訪日外国人旅行者を年間4000万人、消費市場8兆円とする政府目標が掲げられています。進捗率では、旅行者数は2017年年間で70%と堅調な推移となったものの、消費額は約4兆円と50%程度に留まっています。

消費額向上のためには、長期滞在顧客の誘致に加えて、リピート顧客の増加が欠かせません。一方で、個別の顧客ニーズ分析に基づかない場当たり的なおもてなしで、もう一度日本に来ていただけるでしょうか? 訪日外国人旅行者を継続的なお客様としていくためには、日本での体験の価値の向上、及び日本の魅力を適切に伝えるためのコミュニケーションプランが欠かせないものになると考えられます。


本セミナーでは観光庁・事業社からゲストスピーカーをお招きし、それぞれの立場から体験価値の向上に関して「ナイトタイムエコノミー」を切り口にご講演いただきます。観光庁からは、インバウンド市場を公の立場で支援されている観光資源課の太田氏にご登壇いただき、事業社側からは、訪日外国人向けにロボットレストランや侍体験など、日本独自のコト消費ツアーの販売実績が豊富な株式会社Voyagin代表取締役 高橋氏にご登壇いただきます。

皆様のインバウンドビジネスの課題解決の参考となる情報をお届けいたします。
>セミナー申し込みはこちら
https://www.imjp.co.jp/news-seminar/seminar/2018/0228/form/
【お申し込み締め切り】2018年2月22日(木) 12:00


開催概要

日時  2018年2月28日(水) 16:30-19:00 (受付開始16:00)
会場  株式会社アイ・エム・ジェイ 9F会議室(https://www.imjp.co.jp/access/
    〒108-0073 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル 9F
定員  70名
主催  株式会社アイ・エム・ジェイ
対象  ・訪日インバウンドの現状に興味がある方
    ・訪日インバウンドマーケティング領域における実務担当者
    ・自社の訪日インバウンドマーケティングに課題感を持つ意志決定者
    ・恐縮ながら広告代理店様は参加の対象外とさせて頂いております。
     ご理解のほど、何卒よろしくお願いいたします。
費用  無料 (※事前のお申し込みが必要となります)

>セミナー申し込みはこちら
https://www.imjp.co.jp/news-seminar/seminar/2018/0228/form/
【お申し込み締め切り】2018年2月22日(木) 12:00

セミナープログラム

※タイムスケジュール・プログラムは変更になる場合がございます。

受付開始 16:00
ご挨拶 16:30~16:40 (10分)
第一部 16:40~17:00 (20分) 観光庁担当者が語るインバウンドビジネスの鍵
第一部では、2020年政府目標達成へ向けて現在の観光庁で取り組んでいる内容、今後の方針などを語っていただきます。2020年へ向けてインバウンド市場をマクロ視点で捉えると同時に、ナイトタイムエコノミーなど個別の施策レベルの内容についてもお話しいただきます。

観光庁観光地域振興部
観光資源課課長補佐 太田 雄也氏

第二部 17:00~17:20 (20分)「配信してみてわかった旅マエ、旅ナカの広告実績」
第二部では、弊社インバウンドサービス「wanokoto」の事業責任者である谷島より、弊社サービスの概要、及びその配信実績をご紹介いたします。特に旅マエと旅ナカでは、効果を発揮するメディアが実は大きく異なる点を、実績をもとにご説明いたします。

株式会社アイ・エム・ジェイ 「wanokoto」事業責任者
新規ビジネス開発室 事業開発プロデューサー 谷島 貴弘


第三部 17:30~18:00 (30分)「データでみるナイトタイムエコノミー」
第三部では、株式会社Voyagin代表の高橋氏より、実購買データから読み解くナイトタイムエコノミーの実情を語っていただきます。Voyagin社では、訪日外国人向けにさまざまな日本独自の体験ツアーの販売を行っています。その豊富な販売実績をもとに、ナイトタイムエコノミーの最新動向、成功事例などについてをデータをもとにひもといていただきます。

株式会社Voyagin
代表取締役 高橋 理志氏

第四部 18:00~18:30 (30分) パネルディスカッション
第四部では、登壇者によるパネルディスカッションを通して、訪日外国人旅行者の体験価値向上の鍵を、ナイトタイムエコノミーの視点を軸に探ってまいります。会場の皆様からの質問時間も用意いたしますので、この機会をぜひご活用くださいませ。

名刺交換 ~19:00


ご注意当日は参加票を印刷してお持ちください。会場での受付時にお名刺を頂戴しております。会場内での撮影・録音はご遠慮ください。お申し込み多数の場合、抽選とさせていただくことがございます。あらかじめご了承ください。大変恐れ入りますが、同業の方、個人でのお申込みはご遠慮いただいております。


お申し込みについて

セミナーのお申し込みは「個人情報の収集及び利用目的について」にご同意のうえ、お申し込みフォームからお願いいたします。お申し込み後、受付完了のご連絡と参加票をメールにて送付させていただきます。

>セミナー申し込みはこちら
https://www.imjp.co.jp/news-seminar/seminar/2018/0228/form/
【お申し込み締め切り】2018年2月22日(木) 12:00

※当日は参加票を印刷のうえ、お名刺とともにお持ちください。
※2018年2月23日(月) 18:00までに参加票、または、抽選結果メールが届いていない場合は、
セミナー事務局 imj-seminar_entry@imjp.co.jp までご連絡下さい。

株式会社アイ・エム・ジェイについてhttps://www.imjp.co.jp/

デジタルマーケティング領域において、戦略策定、集客・分析(データ解析・効果検証等)からウェブインテグレーション事業における豊富な知見・実績を強みに「ストラテジープランニング」「アナリティクス」「クリエイティブ」「エグゼキューション」という様々なソリューションをワンストップで提供し「デジタルの力で生活者の体験を豊かにする」という企業ミッションの実現に取り組んでいます。
2016年にはアクセンチュア インタラクティブのグループに加わり、共同で掲げたスローガン「REINVENTING THE EXPERIENCE」のもと、生活者・企業・社会における体験価値を再定義・再創造・再発明し、それぞれの“体験”を次のステージへとアップグレードしていくことを目指します。

セミナーお申し込みに関するお問い合わせ
セミナーお申し込みに関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。
株式会社アイ・エム・ジェイ Marketing & Sales室 セミナー事務局
TEL:03-6436-5538 (平日 10:00~18:30)
E-mail:imj-seminar_entry@imjp.co.jp








  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社アイ・エム・ジェイ
商号
株式会社アイ・エム・ジェイ(カブシキガイシャアイエムジェイ)
代表者
立花 良範(タチバナ ヨシノリ)
所在地
〒108-0073
東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル
TEL
03-3588-3900
業種
その他IT関連
上場先
未上場
会社HP
https://www.imjp.co.jp/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.