2018年03月06日 11:30

DOMMUNEで「チャージマン研!解体新書」~チャージマン研!の音世界!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映像音楽コンサートを手がけるスリーシェルズは、CD「チャージマン研!音楽大全」の発売を記念してインターネットのストリーミング放送「DOMMUNE」に出演して、このCDやチャージマン研!の魅力について語り、演奏をする。

映像音楽コンサートを手がけるスリーシェルズは、CD「チャージマン研!音楽大全」の発売を記念してインターネットのストリーミング放送「DOMMUNE」に出演して、このCDやチャージマン研!の魅力について語り、演奏をする。

■配信時間 3月8日(木)19時~21時
Three Shells Presents「チャージマン研!音楽大全」リリース記念番組!
「チャージマン研!解体新書」~チャージマン研!の音世界!

■1974年に放送されたカルトアニメ「チャージマン研!」ネット文化の発展によってブームとなり、根強い人気を誇る。その魅力をライブシネマコンサートへ発展させた、音楽プロデューサーの西耕一とコンサートで指揮をした髙橋奨、殺人レコードの殺人ギターを弾いた大坪純平を迎えてお送りする。「チャージマン研!解体新書」~チャージマン研!の音世界!!

【番組概要】
■チャージマン研!を語る!/その面白さとは?/チャージマン研!の名台詞 /何故か素晴らしすぎる音楽
宮内國郎はすごい/現代音楽作曲家の今堀拓也が宮内國郎の凄さを解説/ひばり児童合唱団もすごい/実際にチャージマン研!はオシャレなのか?

■チャージマン研!の音楽をスタジオ生ライヴ!/宮内國郎作曲・今堀拓也編曲:ボルガ博士死のバラード
ほか/演奏:髙橋奨、大坪純平

■「チャージマン研!ライブシネマコンサート」!なぜチャージマン研!でライブシネマコンサートか?

■3/10に発売されるCDについて / 旧版と新板の音質の違いをスタジオのスピーカーでド迫力検証!/世界に一枚の殺人レコードを爆音再生/爆笑のチャージングゴー指導集や子供宇宙ステーションの台詞のみ音源などを聴きどころを紹介!など豊富な内容で2時間生放送!!!

などを予定している

番組詳細情報
http://www.dommune.com/reserve/2018/0308/

CD「チャージマン研!音楽大全」についてのリリースはこちら
https://www.dreamnews.jp/press/0000168201/
プロフィール

宮内國郎(みやうちくにお 作曲)

1932年2月16日東京都世田谷生まれ。『ウルトラQ』『ウルトラマン』『快獣ブースカ』『ガス人間第一号』『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』などの音楽を手掛けたアニメ・特撮音楽の巨匠。
ジャズの味わいを基本に、オーケストラサウンドまで幅広くフォローした作風で、児童合唱を使った『チャージマン研!』の主題歌、挿入歌、不気味サウンドやビートの効いたロックもふまえたBGMは重要作品である。2006年11月27日に74歳で亡くなった。

西耕一(にしこういち)

日本の現代音楽評論と企画を専門とする。2004年より、日本作曲家専門レーベル・スリーシェルズにて、伊福部昭や3人の会(黛敏郎、團伊玖磨、芥川也寸志)を中心に演奏・CD化を行う。 これまでにNHK 、東京藝術大学、日本作曲家協議会、日本現代音楽協会等、放送局や研究機関の依頼による企画協力や、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京バレエ団、新国立劇場等のプログラム冊子執筆で評価される。 執筆雑誌は『音楽現代』、『音楽の友』、『邦楽ジャーナル』、『バンドジャーナル』、『New Composer』等。 近年の主な仕事として、セントラル愛知交響楽団による日本の管弦楽曲100周年企画選曲や東京フィルハーモニー交響楽団黛敏郎個展における論文のほか、『松村禎三 作曲家の言葉』(春秋社)や『黛敏郎の世界』(ヤマト文庫)の企画・編集、CD『松村禎三作品集』(Naxos Japan)解説などがある。 2014年伊福部昭の生誕100年を祝う「伊福部昭百年紀」シリーズをプロデュース、第3回、第4回「伊福部昭音楽祭」に関わる。2015年、「芥川也寸志生誕90年」「渡辺宙明卒寿記念」コンサートを行う。2016年には、「伊福部昭百年紀4」「黛敏郎個展」や日本合唱協会による「伊福部昭個展」(和田薫指揮)をプロデュース。

髙橋 奨(たかはしすすむ 指揮)

東京生まれ。東京音楽大学音楽学部ヴィオラ専攻を経て、洗足学園音楽大学大学院修了。これまでにヴィオラを兎束俊之、百武由紀、岡田伸夫、井野邉大輔の各氏に、指揮を上杉隆治氏に師事。2009年、ゲルハルト・ボッセ指揮ジャパンアカデミーフィルハーモニック参加。2011~17年、洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団に所属し、秋山和慶芸術監督の下で研鑽を積む。2012年より、オーケストラ・トリプティークの首席ヴィオラ奏者を務める。クラシックのみならず、Game Symphony Japanへの出演など、幅広い活動を行っている。

大坪純平(おおつぼ じゅんぺい ギター)

15歳よりエレキギターを、16歳よりクラシックギターを始める。エリザベト音楽大学卒業。これまでにギターを長野文憲,徳武正和,佐藤紀雄の各氏に師事。第34回日本ギターコンクール最高位の他、第45回クラシカルギターコンクール、第1回イーストエンド国際ギターコンクール、第2回パン・パシフィック現代音楽コンクールソロ部門、第26回日本重奏ギターコンクール等でそれぞれ上位入賞。
在学中にリサイタルを開催し、以降国内外の現代音楽を数多く取り上げ新作初演も意欲的に行う。委嘱作品も多数。「田中聰ギター作品全曲演奏会」や「久留智之とギターの世界」など一人の作曲家に焦点を当てたリサイタルを開催し好評を博す。委嘱献呈された作品楽譜はSONICARTSより出版されている。
2017~2018年にかけ、愛知県立芸術大学にて作曲家に向けたギター作品ワークショップレクチャーを行う。
現代音楽ギターデュオ「対話」ギターとサクソフォンのデュオ「TRAVESSIA」ギター6人による「EXTRANO GUITAR FANCTION」などのユニットで活動。2011年より三浦一馬タンゴ5重奏参加。同氏主宰タンゴオーケストラ東京グランドソロイスツメンバー。
2011年~2018年まで島村テクニカルアカデミー(旧代官山音楽院)にて講師を務める。アポヤン道ギターフェスティバルアートディレクター。

今堀拓也(楽譜復元・編曲 いまほりたくや)

1978年横浜生まれ。2001年にガウデアムス賞(オランダ)受賞。IRCAM(フランス)、スイス・ジュネーヴ高等音楽院修了、2017年イタリア国立ローマ・アカデミア・サンタチェチーリア研究科課程作曲専攻を最高位評価で修了。ならびにミラノ市立クラウディオ・アバド音楽学校指揮予備科で指揮を学ぶ。 ドナウエッシンゲン音楽祭(ドイツ)、ラジオフランス・プレザンス音楽祭、横浜みなとみらいホール委嘱、ベルリン・ブランデンブルク放送、ニコシア・ファロス国際現代音楽祭(キプロス)、ジュネーヴ・アルシペル音楽祭(スイス)、ヴェネツィア・ビエンナーレ(イタリア)などで作品が演奏されている。ヴィスビー国際作曲家センター(スウェーデン)2012年および2015年レジデント作曲家。
玉川大学芸術学部非常勤講師、日本大学芸術学部音楽学科助教など歴任。
http://takuyaimahori.strikingly.com/

関連URL

株式会社ICHI
http://ichi-pro.com/

株式会社ICHI 公式ツイッター
https://twitter.com/ichi_pro

スリーシェルズ
https://www.3s-cd.net/
https://twitter.com/johakyu_

オーケストラ・トリプティーク
https://3s-ca.jimdo.com/
https://twitter.com/info_triptyque
https://page.line.me/gsx6850b

ひばり児童合唱団
http://hibari-children1943.com/

■本件や所属・関連アーティストに関するお問い合わせは下記までお願い致します。

実行委員会・事務局
株式会社スリーシェルズ
〒170-0013 東京都豊島区東池袋5-7-6-604
TEL:070-5464-5060
http://www.3s-cd.net/
メール jcacon@gmail.com
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社スリーシェルズ(カブシキガイシャスリーシェルズ)
代表者
西 耕一(ニシ コウイチ)
所在地
〒170-0013
東京都豊島区東池袋5-7-6 スカイコート第2-604
TEL
070-5464-5060
業種
エンターテイメント
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.3s-cd.net/
IR情報
https://www.3s-cd.net/about/
公式ブログ
http://3scd.blogspot.jp/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.