2018年06月20日 14:00

東新住建 名古屋市千種区にオープンする注文住宅展示場について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東新住建株式会社(本社:愛知県稲沢市、代表取締役社長:辻 明典、以下:東新住建)は2018年6月23日より単独住宅展示場を名古屋市千種区豊年町にオープンします。また4月1日より注文住宅事業部名をT-style DEISGN(ティースタイルデザイン)と事業部名を変更しました。

東新住建株式会社(本社:愛知県稲沢市、代表取締役社長:辻 明典、以下:東新住建)は2018年4月28日より単独住宅展示場を名古屋市千種区豊年町にオープンします。また4月1日より注文住宅事業部名をT-style DEISGN(ティースタイルデザイン)と事業部名を変更しました。

当社は名古屋市内で建替え需要が見込まれるエリアにて、そのエリアの特性ニーズや敷地条件・周辺環境に合わせて設計をした実物大モデル住宅展示場を展開しております。今回オープンする千種住宅展示場では建替えのきっかけになりやすい3階建て・二世帯同居・サードスペースの要素を盛り込んだ都市型3階建て住宅となっております。東新住建は名古屋市エリアにて木造(2×4工法)3階建て着工戸数1位となっております。(2017年着工数/マーケティングシステムズ調べ)
T-style DESIGNが目指すスタイルは長い年月を経てなお輝きを失わないデザインです。シンプルな形が生み出す、都市にとけ込む造形美、街並みのアイコンとして景観に美しくとけこみます。風情を感じるモダンデザインな家をテーマに外に閉じ、内に開く計画の中にプライバシーを確保しつつ内部空間に自然を感じさせるパティオを取り入れ、風と緑を取り込んでいます。

東新住建では、創業以来「常に一歩先を見据える」という進取の気質を一貫して参りました。80年代には、日本でシェア率の低かった「2×4工法」に着目し家づくりに採用。2×4工法のパネル生産を内製化することによって合理化やコストダウンを実現。また2000年には自然エネルギーに着目し、太陽光発電と太陽熱給湯を一体化してシステムを共同開発。常に時代の一歩先を見据え事業と向きあうことで、進化を続けてきました。これが弊社の変わらぬスタイルです。また、賃貸経営においては、建設だけではなくマネジメント管理も重要であると考えています。良い住まいを建設して、マネジメントでお客様の満足度を高めることで、付加価値の創造をおこなっております。お客様のニーズを理解し、お客様と共に家づくりする企業でありたいと考えております。東新住建は、今後も「明日を見据え」、お客様により良い住環境をご提供するべく歩み続けていきます。


□千種住宅展示場のコンセプト
都市型のコンセプトを基に壁で囲い、中に開放感を出し又3Fのルーフバルコニーは周囲を気にせず、くつろげる、アウトドアイメージをつくっています。
またビルトインカーポート、アイアン内扉も都市型には必須のアイテムとして建物を引き立たせています。
□東新住建 T-style名古屋市千種住宅展示場概要
○所在地/名古屋市千種区豊年町8-15
○1階床面積/ 63.07m2(19.08坪)
○2階床面積/ 73.00m2(22.08坪)
○3階床面積/ 31.47m2( 9.52坪)
○延床 面積/167.54m2(50.68坪)
お問い合わせ/東新住建 T-style DESIGN TEL0120-249-114
  • 住宅、建築、不動産

会社概要

商号
東新住建株式会社(トウシンジュウケンカブシキガイシャ)
代表者
辻 明典(ツジ アキノリ)
所在地
〒492-8628
愛知県稲沢市高御堂1-3-18 
TEL
0587-23-0011
業種
住宅・家具・不動産・建築・土木
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.toshinjyuken.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.