2018年03月26日 15:00

ジンコソーラーはマレーシアペナン州で開催された太陽電池の科学技術フォーラムに出席

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月14日、ジンコソーラーの主任研究者の王琪博士はマレーシアペナン州で開催された太陽電池の科学技術フォーラムを出席し、「業界の太陽電池メーカーの科学技術の革新と技術路線」というテーマで講演した。

2018年3月14日、ジンコソーラーの主任研究者の王琪博士はマレーシアペナン州で開催された太陽電池の科学技術フォーラムを出席し、「業界の太陽電池メーカーの科学技術の革新と技術路線」というテーマで講演した。今回のフォーラムの主催者は太陽光業界のリードのメディアPV-Tech、目的は太陽光分野の太陽電池の先端技術と製造などの重要な課題について検討する。

過去の一年の中で、王琪博士の指導により、ジンコソーラーの研究開発チームは4回連続で世界記録を破った。それは単結晶PERC電池の最高効率、多結晶PERC電池の最高効率、60セルの多晶モジュール出力、および60セルの単結晶モジュール出力の世界記録だ。その中で、単結晶PERC電池の研発では、ジンコソーラーに二度自身創立の記録を更新し、技術レベルが業界のリードになる。

単結晶と多結晶の争いについて、王琪博士は「技術的に言えば、単晶と多晶の違いはシリコンを作る技術です。ここ数年、ダイヤモンドワイヤカットと中国のトップランナー政策により、単結晶シリコンの拡産の新規投資は水電の電気代が非常に安い地域に集中し、そのコストをたくさん下げました。しかし、今多結晶のダイヤモンドワイヤとブラックシリコン技術はすでに普通的に展開して、それでは多結晶のコスト優位性を明らかになりました。そのため、多結晶は2017年には市場で約75 %のシェアを占めています。太陽光業界の指導者として、私たちは研究開発の分野で、最も新しい発見と革新的な応用を共有しています。ジンコソーラーはこれから引き続き研究開発に取り組んで、2018年は業界に新しい研究開発の成果をもたらして、モジュールの量産出力をさらに向上させて、市場のために最も優れた製品を提供します。」とコメントした。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供します。ジンコソーラーは2017年9月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーン を構築して、シリコンインゴットとウエハーで7.0GW、太陽電池で4.5GW、太陽光発電モジュールで8.00GWの年間総発電容量があります。

ジンコソーラーは中国(5)、マレーシア、ポルトガル、南アフリカに8つの生産施設、中国(2)、イギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、アラブ首長国連邦は、ヨルダン、サウジアラビア、クウェート、エジプト、モロッコ、ガーナ、ケニア、コスタリカ、コロンビア、ブラジルとメキシコに18の世界販売オフィス、日本(2)、シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリアや南アフリカに15の海外子会社を持ち、従業員計1万5000人以上を雇用しております。

〒104-0031
東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.