2018年03月30日 12:30

IMJ、ロート製薬と共同でHoloLensを活用したMR体験ブースを「明星和楽2018」に出展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルマーケティングを支援する、株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都港区 取締役社長兼CEO:黒川順一郎 以下、IMJ)と、ロート製薬株式会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長 兼COO:吉野俊昭、以下、ロート製薬)は、2018年3月30日、31日に開催される「明星和楽2018」に、HoloLens*を活用した「MR動体視力チャレンジ」を体験できるブースを共同で出展します。

デジタルマーケティングを支援する、株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都港区 取締役社長兼CEO:黒川順一郎 以下、IMJ)のR&D室(通称:すまのべ!)と、ロート製薬株式会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長 兼COO:吉野俊昭、以下、ロート製薬)は、2018年3月30日、31日に開催されるテクノロジーとクリエイティブの祭典「明星和楽2018」に、HoloLens*を活用した「MR動体視力チャレンジ」を体験できるブース、ロート製薬xRラボ supported by IMJを共同で出展します。

*Microsoft HoloLensとは、マイクロソフトが開発しているヘッドマウントディスプレイ(HMD)方式の拡張現実ウェアラブルコンピュータです。
「MR動体視力チャレンジ」は、参加者がHoloLensを装着した状態で、現実の映像に浮かび上がるバーチャルなオブジェクトや文字などを目で追うことで、動体視力のトレーニングやレベルチェックができる、体験型MR(Mixed Reality:複合現実)コンテンツです。
共同ブース「ロート製薬xRラボ supported by IMJ」は、未来の研究所をイメージした何もない真っ白な空間で、「MR動体視力チャレンジ」を含む、HoloLensを装着して行う目の状態チェックプログラムを提供します。CGで作られたさまざまな画像、バーチャルなオブジェクトやカップ、眼球の映像などが現実世界に融合するかのように目の前に現れ、動体視力をチェックするゲームに挑戦したり、オペレーターによる疲れ目のメカニズムの解説を受けたりと、MR空間でしか実現できない体験をしながら目についての知識や気付きが得られるプログラムです。

■「MR動体視力チャレンジ」ロート製薬xRラボ supported by IMJブース出展日程
2018年3月30日より、本体験ブースを明星和楽2018で展示し、プロトタイプによって実証実験を行います。
【期間】 2018年3月30日(金)~3月31日(土)
【時間】 10:00~18:00(予定)
【場所】 福岡三越 ライオン広場
福岡県福岡市中央区天神2-1-1ソラリアターミナルビル1F
※2018年3月23日現在、決定している内容となります。(プログラムの関係上、時間・場所が変更となる場合があります)

■明星和楽2018、出展の背景
IMJとロート製薬は、2018年1月より、テクノロジーを活用することで、目薬ブランドとしての認知強化・拡大を進めるプロジェクトを開始しています。そのプロジェクトの一環として、目の症状への認識・正しい原因理解を促進することで、ユーザーの潜在意識への働きかけや購買行動の変容につなげていけるのかを調査するために、実際の体験を通じてユーザーの生の声を収集し、仮説検証を行う場として本イベントを活用することになりました。
IMJでは今後も、さまざまなデータ活用で培ってきたデジタルマーケティングの知見をもとに、店舗をはじめとしたオフラインでのデータ取得・活用や、イベントなどで個々に最適化された顧客体験を提供できるよう、企業のマーケティング活動を統合的に支援いたします。

■明星和楽2018について(http://myojowaraku.net/
明星和楽は「テクノロジーとクリエイティブに関わる人々が集まる」ことを目標に2011年に開始されたフェスティバルです。無機質なテクノロジーではなく、「クリエイティブに触発され、感性を揺さぶるテクノロジー」を生むための環境を生み出します。「テクノロジーにはアートやクリエイティブなどは関係ない」と思われがちですが、人がテクノロジーに触れるきっかけを作るためには、まず、魅力的であることが必要となってきます。テクノロジーを中心とした、アート、音楽、食、acg(anime、comic、game)、スポーツ、デザインなどのコンテンツが一堂に会します。

期間: 2018年3月30日(金)~3月31日(土)10:00~18:00
場所: Fukuoka Growth Next周辺
入場料:無料

ロート製薬株式会社について(http://www.rohto.co.jp/
ロート製薬の従来の事業領域は、ヘルスアンドビューティーケア領域内でOTC医薬品や化粧品といったお客様のニーズに合った付加価値の高い製品を開発しご提供してまいりました。今後も新ブランドの育成に努め、その分野でトップあるいは主要なブランドを築くことに変わりはございません。
さらに、ロート製薬を取り巻く社会や人々に奉仕するために、製品の卓越性に加えて、社会的卓越性を提供するソーシャルヘルスケアビジネスに取り組んでいます。このソーシャルヘルスケアをより広く・深く実現するために、ロート製薬は健康の基本である食やサービスなど日常のライフスタイルから医療など先端のライフサイエンスまで、関連するあらゆる分野を統合した「統合ヘルスアンドビューティーケア」へと事業領域を拡げ、進化してまいります。
ロート製薬は、人々の健康や美容だけでなく、社会の文化、科学、産業の発展、地球環境の保全にも配慮しつつ、期待値を超える商品やサービスを提供し、世界中に美と健康を届ける努力をし続けてまいります。

株式会社アイ・エム・ジェイについて (https://www.imjp.co.jp/
デジタルマーケティング領域において、戦略策定、集客・分析(データ解析・効果検証等)からウェブインテグレーション事業における豊富な知見・実績を強みに「ストラテジープランニング」「アナリティクス」「クリエイティブ」「エグゼキューション」というさまざまなソリューションをワンストップで提供し「デジタルの力で生活者の体験を豊かにする」という企業ミッションの実現に取り組んでいます。
2016年にはアクセンチュア インタラクティブのグループに加わり、共同で掲げたスローガン「REINVENTING THE EXPERIENCE」のもと、生活者・企業・社会における体験価値を再定義・再創造・再発明し、それぞれの“体験”を次のステージへとアップグレードしていくことを目指します。

R&D室 Smart Innovationについて(http://sumanobe.imjp.co.jp/
通称「すまのべ!」。次世代のデジタルマーケティングでは、リアルを含めたあらゆるチャネルで顧客を把握し、「個」に最適化されたサービス(顧客体験)を提供する事が求められます。R&D室 Smart Innovationは、リアルとデジタルの融合を実現するための最先端デバイス&テクノロジーを研究し、活用の可能性について提案を行っています。

※ 文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。
※ この情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
※ 画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先

サービスに関するお問い合わせ先
株式会社アイ・エム・ジェイ
Marketing & Sales室
TEL:03-6436-5538 E-mail:sl-info@imjp.co.jp

報道機関からのお問い合わせ先
株式会社アイ・エム・ジェイ
コーポレートサービス本部 広報Unit
TEL:03-6436-5525 E-mail:irpr@imjp.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社アイ・エム・ジェイ
商号
株式会社アイ・エム・ジェイ(カブシキガイシャアイエムジェイ)
代表者
立花 良範(タチバナ ヨシノリ)
所在地
〒108-0073
東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル
TEL
03-3588-3900
業種
その他IT関連
上場先
未上場
会社HP
https://www.imjp.co.jp/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.