2018年05月07日 11:00

2018年度へらぶなチーム対抗戦西日本大会結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年4月29日(日)滋賀県甲賀市 「甲南へらの池」で行われた「2018年度 がまかつ へらぶなチーム対抗戦 西日本大会」の結果をお知らせいたします。

GAMAKATSU PTE LTDと株式会社がまかつが共催する「がまかつ へらぶなチーム対抗戦・西日本大会」が、今年も滋賀県甲賀市・甲南へらの池で平成30年4月29日(日)に開催されました。
朝から雲ひとつない快晴で、絶好のへらぶな釣り日和にも恵まれ1回戦の早い時間から多くの場所で竿が次々と曲がる激しい戦いとなりました。1回戦終了時点でトップに立ったのは、会場の甲南へらの池をよく知る実力者、南治孝選手・鈴木千秋選手ペアで2人とも10kgオーバーの釣果で合計22.8kg、2位にはわずかな差で伊藤正弘選手・山本敏之選手ペアが続きました。


場所ムラは多少あるものの、1回戦終了時点で20kgオーバーが4組と例年に比べて全体的に好釣果で、2回戦の結果によっては大きくジャンプアップする可能性も十分にある白熱した試合展開となりました。
続く2回戦も変わらず快晴の天候で初夏を思わせるような暑さの中での競技となりました。気温が上がったこともあり激しい釣り合いの展開は変わらなかったものの場所ムラがやや目立ってきたこともあり大きく釣果を上げる選手、落としてしまう選手が出ることとなりました。


そんな中でも、1回戦とほとんど変わらないペースで順調に釣り続けた南選手・鈴木選手ペアがまたしても両者10kgオーバーの釣果で、他ペアの追い上げを見事に振り切って勝ちを収めました。南選手は3回目、鈴木選手は2回目の入賞となります。2位には前半7位の位置からジャンプアップを果たした猪飼護仁選手・石原弘三選手ペアが入り、G杯優勝経験もある前山智孝選手が2回戦全選手中1位の釣果で猛然と追い上げたものの1回戦の出遅れが響き、わずかに届かず中村康司選手とのペアで3位入賞となりました。


●優勝チームコメント
15尺、両グルテンの1mの釣りで攻めました。(南治孝さん)前半1フラシ後半1フラシを狙っていました。チーム対抗戦の面白さは何より自分だけじゃなく、相手も結果を残さないといけないことだと思います。それだけに優勝は本当に嬉しいです。この喜びは大会中に前で見ていた嫁に一番に伝えたいと思います。来年も優勝目指して連覇を狙いたいと思います。


●次回大会概要(予定)
がまかつへらぶなチーム対抗戦・東日本大会
平成30年11月17日(土)  埼玉県 椎の木湖


  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
GAMAKATSU PTE LTD(ガマカツピーティーイーエルティーディー)
代表者
藤井 敏孝(フジイ トシタカ)
所在地
〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル3階
TEL
06-6344-3317
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.gamakatsu.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.