2018年05月22日 11:00

【さっぱり夏の冷やし蕎麦】新大久保の蕎麦カフェからフォトジェニックな日本蕎麦が夏限定で続々登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新大久保にある【創作蕎麦】を看板とするBWCAFE(ビーダブリューカフェ)を経営する株式会社and I(本社:東京都荒川区、代表取締役:鈴木 雅和)は、2018年6月1日より期間限定メニューの提供を開始いたします。

徐々に気温も上がってきて食欲がなくなりがちな季節になってまいりました!
そんな時はさっぱりとした冷やし蕎麦やピリ辛なお蕎麦など食欲そそるメニューが恋しくなります。

新大久保にある蕎麦カフェBWCAFEでは2018年6月1日から夏限定メニューが登場致します!

SNS映えする【日本蕎麦】は当店ならでは!
ランチタイムには約8割から9割が女性のお客様で埋まる珍しい蕎麦屋です。

【代表的な夏限定メニュー】

・夏野菜の冷製ベジポタつけ蕎麦 ¥850(税込)
・豚しゃぶ肉と夏野菜の冷やし豆乳坦々つけ蕎麦 ¥880(税込)
・おぼろ豆腐で作る冷たい蕎麦カルボ ¥850(税込)

どのメニューもベースとなっているのはカツオや昆布、煮干しから丁寧にとったこだわりの和風出汁。
今までにない鮮やかな見た目に注目されることが多いと思いますが、日本蕎麦との相性もしっかり考慮し仕上げております。

■シェフの紹介

当店のメニューを考案している鈴木 雅和(すずき まさかず)は、専門学校卒業後、洋食のホテルやイタリア料理店で修業後、知人の紹介で蕎麦屋に勤めることになる。その時の常連の女性客から「蕎麦は好きだけど入りづらい」と言われたことがきっかけで、女性のお客様が一人でも入りやすい蕎麦屋を作りたいと独立。今までの洋食の経験と蕎麦屋の経験を組み合わせ、若い世代や女性のお客様に「蕎麦」の良さや美味しさを広めていけるような店づくりを意識している。

■当店の特徴

2014年12月、女性一人でも入れる蕎麦屋を作りたいという想いから生まれた『蕎麦カフェ』。新大久保から少し歩いた路地裏に佇む隠れ家風の蕎麦カフェは、今まで見たことの無いような新感覚な“創作蕎麦”や、オリジナルスイーツ“フルーツ鍋”が注目を浴びてきました。蕎麦屋としては珍しくランチタイムには約9割が女性のお客様で埋まります。

▼店舗詳細

食べログ http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13177140/

■会社概要

商号    :株式会社 and I
代表者   :代表取締役 鈴木 雅和
所在地   :東京都荒川区西尾久2-25-20
設立    :2014年11月
事業内容 :飲食店経営

■本件に関するお問い合わせ先

店舗名  :蕎麦カフェ&バル BWCAFE
所在地  :東京都新宿区大久保2-7-5
担当者名 :鈴木 雅和
TEL :03-6278-9658
  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社and I(カブシキガイシャアンドアイ)
代表者
鈴木 雅和(スズキ マサカズ)
所在地
〒116-0011
東京都荒川区西尾久2-25-20 
TEL
03-6278-9658
業種
飲食
上場先
未上場
従業員数
10名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.