2018年06月20日 12:00

SNSの使い方から見る世界中の女子の考えていること Facebookを通して商品・サービスを購入したユーザーは海外が約8割 ~ユーザーの生態からひも解くビジネスに活かす方法は~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外デジタルマーケティングの支援を行う、株式会社インフォキュービック・ジャパン(本社:東京都新宿区:代表取締役山岸ロハン)は、2018年5月14日から2018年5月17日の期間、Facebookに関する質問を日本、海外20~50代の女性約500人を対象にアンケート調査を実施しましたので、その結果を発表いたします。

海外デジタルマーケティングの支援を行う、株式会社インフォキュービック・ジャパン(本社:東京都新宿区:代表取締役山岸ロハン 以下インフォキュービック)は、2018年5月14日から2018年5月17日の期間、Facebookに関する質問を日本、海外20~50代の女性約500人を対象にアンケート調査を実施しましたので、その結果を6月20日に発表いたします。
URL:https://www.infocubic.co.jp/news/2018/06/19.html

【アンケート調査の背景】
2004年に創業したFacebook社が提供するソーシャルネットワークサービスFacebook。いまや地球上の人口の約2/3である約20億7000万月間アクティブユーザーが利用している世界中で最も人気のSNS。最近ではビジネスシーンでの活用も増え、世界中の大小様々な企業のアクティブなページも増えております。
そこで、日本、中国、台湾、韓国、インドネシア、フィリピン、イギリス、アメリカ、スウェーデン、イタリアと、多国籍のスタッフが在籍するインフォキュービック・ジャパンが「Facebook女子の実態」を調査し、Facebook女子のリアルな「動向」を浮き彫りにすることで、Facebookを活用した「ビジネスへのヒント」を探りました。
「Cosmeria調べ http://www.planetia.info/cosmeria/

【調査概要】
集計期間:2018年5月14日から2018年5月17日
調査方法:インターネット集計
調査対象:日本、海外Facebookユーザー20~50代の女性
調査人数:500人

調査結果サマリー
・Facebookに登録している最大の理由は「友達・家族との会話」(約60%以上)

・いいね!シェア、コメント数は気になるか?
国内「全く気にならない」(33.7%)、海外「少しは気になる」(47.1%)

・いいね!をしているコンテンツは国内海外で「おもしろい写真」が多数。
写真、動画偏重が顕著な結果でインスタ寄り?の傾向に

・Facebookを通じて商品やサービスの購入は?
国内 はい 約10% 海外 はい 約75%

※Facebook利用の最大の理由は「友達・家族とのコミュニケーション」が半数以上。
※国内よりも海外の方が圧倒的に、商品/サービスの提供を積極的に利用している。

まずはじめに、Facebookを登録している理由について調査したところ、国内上位から、友達との会話(66.3%)、家族との会話(14.7%)、海外上位は、友達との会話(30.6%)、情報収集(30.1%)、家族との会話(15.7%)という結果になりました。圧倒的に、友人や家族とのコミュニケーションツールとしての側面が垣間見えました。しかし、あまりビジネスでは活用されていないようです。
とても気になると答えた人は国内で(12.9%)、海外で(18.1%)、少し気になると答えたが、国内で(36.8%)、海外で(47.1%)。ほとんどならないと答えたのは、国内で(16.6%)、海外で(26.3%)、全く気にならないと答えたのは、国内(33.7%)、海外(8.4%)でした。
全く気にならないと答えた数の差が国内と海外とでは約4倍以上の開きがあり、国内の方が全く気にならないという結果になりました。

国内で、「いいね!」をしている注目すべき内容は、面白い写真、美しい写真を上げている点です。
二つを合わせると国内(32.3%)海外(26.5%)で、国内では頭一つ抜き出た数字となります。
また、国内のよく「いいね!」しているコンテンツ1位は、友達の近況報告(20.9%)。
友達との会話が登録理由1位なだけに、当然といえば当然の結果です。

一方、海外は、総じて平均的にまんべんなく分散しており、それぞれがおもいおもいの活用をしているようです。「いいね!」の数をあまり気にしない分、自分たちもそれぞれが「いいね!」を押しているようです。

国内に関して、おもしろい、美しい写真関連の注目度が段違いに高く支持されており、ビジュアルを意識したコンテンツは一つのキーワードになりそうです。今後はInstagramのユーザー動向にも注目かもしれません。
Q. それはどんな商品、サービスでしたか?
主な意見
・化粧品  ・美容グッズ  ・洋服、下着などの衣料品  ・日用品全般
・Airチケット など、普段、女性がお買い物をするのとほとんど一緒。

この調査は、国内、海外と調査結果がはっきりと分かれました。
Facebookを活用したデジタルマーケティングは国内よりも海外の方が向いているようです。

【株式会社インフォキュービック・ジャパン概要】
会社名 :株式会社インフォキュービック・ジャパン(https://www.infocubic.co.jp/
所在地 : 〒169-0072  東京都新宿区大久保1-1-7 高木ビル3F
設立  :2007年1月
資本金 :1000万円
代表者 :代表取締役 山岸 ロハン
事業内容:グローバル検索エンジンマーケティング
検索エンジン最適化サービス
リスティング広告コンサルティング
ソーシャルメディアマーケティング
グローバルサイト制作
  • ライフスタイル

会社概要

株式会社インフォキュービック・ジャパン
商号
株式会社インフォキュービック・ジャパン(カブシキガイシャインフォキュービックジャパン)
代表者
山岸ロハン(ヤマギシロハン)
所在地
〒169-0072
東京都新宿区大久保1-1-7 高木ビル3F
TEL
03-6380-2807
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.infocubic.co.jp/
公式ブログ
https://www.infocubic.co.jp/blog/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.