2018年07月02日 17:30

武蔵川部屋 名古屋場所必勝祈願 大須万松寺にて祈祷を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

亀岳林万松寺(所在地:愛知県名古屋市中区大須3丁目29-12、住職:四十二世 大藤元裕)は、今年の名古屋場所の武蔵川部屋(武蔵川光偉 師匠一門)宿舎である万松寺で、2018年7月5日(木)に本堂にて必勝祈願の祈祷を行います。

亀岳林万松寺(所在地:愛知県名古屋市中区大須3丁目29-12、住職:四十二世 大藤元裕)は、今年の名古屋場所の武蔵川部屋(武蔵川光偉 師匠一門)宿舎である万松寺で、2018年7月5日(木)に本堂にて必勝祈願の祈祷を行います。
■日時 2018年7月5日(木) 15:00~15:20(予定)
■場所 万松寺 本堂1階
■参列者 武蔵川部屋一門  武蔵國(むさしくに)幕下以下18名


■武蔵川部屋概要
第14代 武蔵川親方(57代横綱 三重ノ海)の定年に伴い、
その弟子であった第67代横綱武蔵丸光洋(当時 年寄大島)に年寄名跡が譲られる事となり、
武蔵川 光偉(むさしがわ みつひで)として、年寄名跡の継承を経て、
平成25年4月1日、財団法人日本相撲協会の承認のもと武蔵川部屋は創設されました。
場所と施設は、定年した中村親方のご協力により、旧中村部屋跡に開設されました。


■武蔵川部屋師匠  武蔵川光偉 (第67代横綱 武蔵丸)
第14代武蔵川 晃偉(むさしがわ あきひで 第57代横綱三重ノ海)の平成23年2月の引退に伴い、
年寄名跡の譲渡されることにより、弟子で横綱である「武蔵丸」が武蔵川を継承。部屋を設立しました。
現役時代の成績は幕内優勝12回。
ハワイ出身で現在は帰化し「武蔵丸 光洋」が本名です。
人柄は、温厚で明るく、ユーモアのある性格で、日本を愛し、相撲を愛しています。
現役時代は、その迫力ある相撲で、安定感のある突き押しを武器とし、幕内時代は対戦相手を土俵際まで吹っ飛ばす事もあるほど。
入門前に痛めた怪我を除けば、大きな怪我も無く安定的な成績を残し、時代は貴乃花、若乃花、曙など実力者がひしめく中、14年間で通算連続勝ち越し55場所(歴代1位)、外国出身力士最多優勝回数12回(引退当時。現在は白鵬が保持)などを記録した。
引退し、武蔵丸の名で五年間年寄を勤めた後、年寄振分、年寄大島を経て現在は先代である第14代武蔵川親方より年寄名跡を引き継ぎ、第15代武蔵川を襲名。先代武蔵川 晃偉より「偉」の文字を頂き、武蔵川 光偉と名乗る事になった。


◆寺院概要
寺号:亀岳林 万松寺(きがくりん ばんしょうじ)
住職:大藤 元裕(だいとう げんゆう)
所在地:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須三丁目29-12
URL:http://banshoji.or.jp
名古屋・大須にある万松寺は1540年に織田信長の父・信秀が織田家の菩提寺として開基。信長や家康をはじめ、戦国武将と縁深い寺であり、名古屋の歴史的観光スポットとしても、多くの参拝客や観光客が訪れる。
境内には信長公ゆかりの身代不動明王、からくり人形「信長」などある。2017年4月にイベントホールや最新の納骨堂を備えた新諸堂「白龍館(はくりゅうかん)」として完成。
【交通】地下鉄鶴舞線・名城線「上前津駅」より徒歩3分/駐車場・近隣に有料大型駐車場あり
【その他】からくり人形「信長」は毎日10時、12時、14時、16時、18時に上演(雨天強風時は中止)。
「白龍」は毎日11時、13時、15時、17時、19時、20時に上演。毎月28日は縁日。
境内で「身代わり餅つき」が行われ、参拝客の方々に無料でつきたてのお餅が振る舞われる。


◆本リリースに関するお問い合わせ
亀岳林 万松寺 (担当:潮谷)
TEL:052-262-0735
E-mail:press@banshoji.or.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
代表者
伊藤 元裕(イトウ モトヒロ)
所在地
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-29-12 
TEL
052-262-0735
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.banshoji.or.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.