2018年07月18日 10:00

関西初!神戸デジタル・ラボ、Microsoft Mixed Reality パートナープログラム に認定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社神戸デジタル・ラボは、Microsoft Corporationより関西の企業で初となる「Microsoft Mixed Reality パートナープログラム」の認定を取得しました。

株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役:永吉 一郎、以下KDL)は、Microsoft Corporation(以下、マイクロソフト)より関西の企業で初となる「Microsoft Mixed Reality パートナープログラム」の認定を取得したことを本日発表します。
「Microsoft Mixed Reality パートナープログラム」(以下、MRPP)は、Mixed Reality (以下、MR)と呼ばれる、現実世界にCGの仮想世界を融合させる技術を保有し、Microsoft HoloLens(以下、HoloLens)をはじめとするMR製品・技術を用いて、品質の高いサービス・ソリューションを提供することができる企業をマイクロソフト社が審査・認定する制度です。

■認定の背景

KDLでは、AR (拡張現実)、VR (仮想現実)、MR (複合現実)などの技術を、エンターテイメントはもちろん、ビジネスへの応用にも積極的に取り組んで参りました。中でも、VR/AR/MRに高品質なユーザー体験を提供するためのUX向上に取り組んでおり、その研究のひとつとして、2017年より、デジタルフォント等を提供する株式会社モリサワとともに、仮想空間上で視認性の高い文字情報を提供するための研究を行っています。

参考:MR空間でインタラクティブに商品説明を表示するMicrosoft HoloLens向けアプリを開発
https://www.kdl.co.jp/news/2018/06/hololens_app.html

今後も、高品質なUXによるMRビジネスでお客様とともに成功するべく、本研究開発、サービス開発をはじめとした様々な取り組みを続け、関西のMRビジネス活用を牽引して参ります。

◎日本マイクロソフト社の発表はこちら
Microsoft Mixed Reality パートナープログラム 認定パートナー5 社発表!
https://blogs.windows.com/japan/2018/07/17/microsoft-mixed-reality-partnerprogram-4/#Zsh7YroL1iPyXpqW.97

【発表者概要】

株式会社 神戸デジタル・ラボ
AR/VR/MR、AI、IoTなどの最新技術を武器に、Webシステムやアプリの企画・開発を手がけるIT企業。
代表者 : 代表取締役社長 永吉一郎
所在地 : (本  社)〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
設立 : 1995年10月
資本金 : 2億995万円
従業員数 : 162名(2018年1月現在)
URL : https://www.kdl.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
※取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 神戸デジタル・ラボ
担当:新事業創造係 IoT班 堀尾(ほりお)
TEL :078-327-2280  E-mail :info@kdl.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社神戸デジタル・ラボ
商号
株式会社神戸デジタル・ラボ(カブシキガイシャコウベデジタルラボ)
代表者
永吉 一郎(ナガヨシ イチロウ)
所在地
〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
TEL
078-327-2280
業種
システム開発
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.kdl.co.jp/
公式ブログ
https://www.kdl.co.jp/blog/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.