2018年07月25日 11:00

デバイスが"耳"を持つ「音」の新時代に突入! 広がる「音」のインターフェース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米調査会社Strategy Analyticsによると、2018年1月~3月におけるスマートスピーカーの世界出荷台数は940万台を突破した。成長スピードは1年前の約4倍と、驚異のスピードだ。日本国内のスマートスピーカーの市場は2025年度に、2017年度見込み比9.2倍の165億円を見込んでいると富士経済が発表した。いつのまにか世界はデバイスが持つ"耳"を活用した「音」の新時代に突入している。

米調査会社Strategy Analyticsによると、2018年1月~3月におけるスマートスピーカーの世界出荷台数は940万台を突破した。成長スピードは1年前の約4倍と、驚異のスピードで成長を遂げている。市場調査会社の富士経済が公表した予測では、日本国内のスマートスピーカーの市場は2025年度に、2017年度見込み比9.2倍の165億円を見込んでいると発表した。いつのまにか世界はデバイスが持つ"耳"を活用した「音」の新時代に突入している。

しかしながら現在の日本は、世界と比べてスマートスピーカーの普及率や利用率はそこまで高くない。現在における一番身近な音のデバイスといえば、スマートフォンの「音声アシスタント」ではないだろうか。そこで、「音」を活用した独自技術で事業を展開している株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(東京都新宿区 代表取締役社長 山川進 / 以下、SST)が運営する、快適なスマートフォンライフを創造するために研究調査しているスマートサウンドラボ(以下、SSL)では、スマートフォンの音声アシスタントの利用について北海道、東京都、愛知県、大阪府、福岡県在住の20代~50代の男女200人に実態調査をおこなった。その調査結果を2018年7月25日に公開する。
北海道、東京都、愛知県、大阪府、福岡県在住の20代~50代の男女200人に、スマートフォンの音声アシスタントSiriまたはGoogleアシスタントを利用したことがあるかの問いに対し、どちらか一方、または両方を利用したことがあると回答したのは全体の42.7%だった。

総務省の平成29年版『情報通信白書』によると、スマートフォンの世帯普及率は71.2%であり、日本はiPhoneシェア率が約70%であるという事実から、Siri利用者がGoogleアシスタント利用者より高いという結果は予想通りと言えるだろう。

そこで次に音声アシスタント利用者に、音声アシスタントを日常的に利用しているか調査をしたところ、日常的に使用していると回答したのが、Siriで18%、Googleアシスタントで21.3%という結果になった。注目してほしいのは「最初は利用したが、だんだん使わなくなった」の結果だ。Googleアシスタントは14%にとどまったのに対し、Siriは20%である。性能や機能に大きな差はない中で、このような結果がでた理由が、利用目的を調査して明らかになった。
音声アシスタント利用者に、「どんなときに音声アシスタントを利用しているか」について調査したところ、Siriの利用者は「検索・調べもの」が一番多かったものの、2位が「暇つぶし」という結果に。それ以下も「タイマー」「天気」など全体を見ても、用途にばらつきがあることがわかる。対してGoogleアシスタント利用者は「検索・調べもの」が圧倒的に多い。
この結果から、「検索といえばGoogle」という企業イメージがユーザーに定着・浸透していることで、音声アシスタントの利用目的が明確だったことや、定着度に差が出たことが考えられる。米国におけるスマートスピーカー市場においても、シェア1位のAmazon Echoを2位のGoogle Homeが猛追している。「音」というインターフェースの波は確実に浸透しつつある。

こういった現象についてSST所長の安田は「マイクとスピーカーは唯一残されたライセンスフリーのレガシー」とさらに音の新時代を強調する。「これにAIといった新しい技術が加わることで、ユーザーの生活はもっと便利になりうるがまだ課題もある」と言う。SSLでは、google Home、SONY スマートスピーカーLF-S50G W、LINE Clova WAVE、Amazon Echo Dotを購入し、スマートスピーカーを実際に利用しその実態を調査した。天気、タイマーセット、検索、メッセージの送信、音楽の再生など、音声認識に関してはどのスマートスピーカーも高性能であることは間違いない。しかし、音声コマンドの制御だけでは、スマートスピーカーが日常生活に浸透することは難しいというのが安田の見解だ。「普及させるには、スマートスピーカーと会話が成立し、その中から情報や楽しみが得られる機能が必須」とAIの進歩に期待を寄せる。
【スマートフォンの音声アシスタント実態把握調査】
調査主体:Smart Sound Lab
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象: 北海道、東京都、愛知県、大阪府、福岡県在住の20代~50代の男女200人
調査時期:2018年5月
※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。

Smart Sound Labの記事の引用については自由ですが、出展元としてかならずSmart Sound Labを明記していただくようお願いします。また、ウェブ媒体、メールマガジンなどでの引用の際は、Smart Sound Labトップページへのリンクか、引用記事へのリンクをお願いします。


  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(スマート・ソリューション・テクノロジー)
代表者
山川 進(ヤマカワススム)
所在地
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂1丁目15番 神楽坂1丁目ビル8階
TEL
03-6265-0009
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.sstinc.co.jp/
公式ブログ
https://smartsoundlab.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.