2018年07月26日 11:00

核医学検査装置、特許総合力ランキングトップ3はPHILIPS、島津製作所、キヤノンメディカルシステムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社パテント・リザルトは2018年7月25日、日本の特許庁に出願された「核医学検査装置関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

核医学検査は、外部から体内にX線を照射するCTやX線検査とは異なり、体内に微量の放射性医薬品を取込み、その放射線を測定することで検査、診断を行います。また、CTやX線などは形態的情報を、核医学検査では血液や代謝などの機能的情報を得ることができます。具体的な装置としては、SPECT(単一光子放出コンピュータ断層撮像)とPET(陽電子放出断層撮像)が挙げられます。

今回の調査では、これら核医学検査装置関連特許を対象に各個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見たランキングを作成しました。

その結果、「総合力ランキング」では、1位PHILIPS、2位 島津製作所、3位キヤノンメディカルシステムズとなりました。

総合力1位のPHILIPSは、放射線検出器における半導体素子や、画像処理、2位の島津製作所は装置構成、3位のキヤノンメディカルシステムズは画像処理に関する特許が高い注目度となっています。

特許分類の一つであるFタームを用い、特に検出回路や信号処理技術について総合力上位5社における注力領域の違いを可視化しました(集計対象のFタームについては、複数の分類をBizCruncherの「ユーザー分類機能」を用いて適宜まとめています)。

この結果から、島津製作所における「位置検出・演算」、キヤノンメディカルシステムズにおける「同時回路」、日立製作所における「波形処理」、「複数信号処理」、日本メジフィジクスにおける「評価・判定・予測回路」、「画像処理」という、各社における注力領域の違いを見て取ることができます。

本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「核医学検査装置関連技術」にてご覧いただけます。

■価格:100,000円~(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2018/07/nuclearmc.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
http://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
http://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:http://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社パテント・リザルト(カブシキガイシャパテント・リザルト)
代表者
白山 隆(シラヤマ タカシ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
TEL
03-5802-6580
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.patentresult.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.