2018年08月07日 13:00

「大戸屋」大人の食育セミナー監修・柏原ゆきよ氏による 『多くの人が見落としている! 食とストレス』無料セミナー開催 2018年8月29日(水)東京・恵比寿で開催 お申し込み受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本人の4割以上※1が抱えている「ストレス性疲労※2」に着目。その改善を目指して企業が集まり、調査・研究するストレスオフ・アライアンス(仮称)設立のために発足した準備委員会では、説明会・勉強会を兼ねて、有識者を講師に招いての定期セミナーを2018年6月より開催しています。
※1)メディプラス研究所「ココロの体力測定2018」調査より
※2)ストレスがキャパシティを超過し、心身に蓄積して起こる疲労状態

■ 現代人のストレスに、毎日の「食」からアプローチする
8月29日(水)に東京・恵比寿にて開催する第3回セミナーの第一部では、一般社団法人 日本健康食育協会代表理事を務める、管理栄養士の柏原ゆきよ氏が『多くの人が見落としている! 食とストレス』をテーマに講演します。
続く第二部では、全国14万人への「ココロの体力測定」調査を行い、毎年4月に「ストレスオフ県ランキング」を発表している株式会社メディプラス研究所が『 14万人のデータに見るストレス性疲労と食習慣』を解説いたします。

■第3回セミナー開催概要
日 時 :2018年8月29日(水)17:00~18;30
場 所 :東京・恵比寿 ※詳細は参加者に別途ご連絡
参加費 :無料
募集人数:30名程度 ※応募者多数の場合は先着順
募集対象:企業・自治体の、経営者、人事・管理部、マーケティング部、広報部担当者 など
メディアパートナー:産経新聞社
参加方法:本リリース最後の申込用紙にご記入の上FAXまたはメールでお申し込みください。
【 第一部 】
講 演:一般社団法人 日本健康食育協会代表理事 柏原ゆきよ氏
テーマ:多くの人が見落としている!食とストレスについて
・健康ブームの落とし穴(糖質オフダイエットのストレス)
・心も体もホッとするストレスオフな食生活とは?
・ストレスオフな食生活の第一歩は「よくかんで食べること」
・話題のブーム食材の前に! 見直してほしい“和食の定番”
・企業が注目すべき、ストレスオフな社員の昼食・社員食堂とは?
【 第二部 】
講 演:メディプラス研究所
テーマ: 14万人のデータに見るストレス性疲労と食習慣

柏原ゆきよ 管理栄養士
一般社団法人 日本健康食育協会代表理事
20年以上にわたり、「健康」と「食」をテーマに様々な業界にて研鑽を積む。2007年に独立後、株式会社2社、一般社団法人2団体の創業に携わり、複数社の顧問やアドバイザーを歴任。2008年より、定食チェーン大戸屋にて、食育プロジェクトを国内外にてスタート。社員の意識改革から商品展開、CSR活動を連動させた健康ブランディングにて、健康提案企業としてのイメージ構築し、顧客層の変化をもたらし、業績向上に貢献。現在は、講演活動、健康経営を推進する企業のアドバイザーの他、健康ビジネスを成功に導く人材の育成にも力を注いでいる。


■参考資料:食生活とストレス性疲労の関連(概要)

株式会社メディプラス研究所では、毎年、全国14万人(男女各7万人、20~69歳)に対して「ココロの体力測定」調査を行い、可視化しにくいストレスを見える化する研究を行っています。その結果から、「食習慣」とストレス性疲労の関連をまとめました。詳細につきましては、8月29日の無料セミナーで解説いたします。

【 1 】3食習慣
・1日3食とる習慣は、男性77.7%、女性82.6%と女性の方が多い傾向にある。
・男女とも「ストレス性疲労あり」が1日3食とっている割合は6ポイント程度低い。
・1日1食の人は、男性で5%前後、女性で3%強存在しており、男女とも「ストレス性疲労あり」の割合が多い傾向にある。
【 2 】3食の非摂取率
・男性の「昼食」を除き、3食すべてで、「ストレス性疲労あり」の非摂食率が、「ストレス性疲労なし」を上回る。
・「ストレス性疲労あり・なし」共に、3食の非摂取率の中では、男女とも「朝食」の非摂取率がもっとも高い。
【 3 】日本食意識
・「意識している」のみ、「ストレス性疲労なし」が「ストレス性疲労あり」を上回る傾向に(女性は「やや意識している」も)。男女別では女性の「日本食」意識の高さがうかがえる。
・「お味噌汁」1日1回以上飲むことを意識しているのは、男女とも「ストレス性疲労なし」が高い。
【調査概要】
タイトル :ココロの体力測定2018
調査機関 :株式会社メディプラス研究所
方 法  :インターネット調査
調査期間 :SCR調査 2018年3月7日~3月17日
サンプル数:14万人(男女各7万人)
設問数  :15問
※都道府県ランキングに必要な数、各県1000サンプル以上を確保し、その後人口比率(都道府県、年代、有職割合)でウエイト修正
今回抽出対象数:14万人(男女各7万人)
※各項目詳細
・ストレス性疲労ありN数 [男性]30067人 [女性]36462人
・ストレス性疲労なしN数 [男性]39944人 [女性]33527人



【申込について】
ストレスオフ・アライアンス準備委員会宛
■申込FAX:03-3401-7788
■申込メール:pr@netamoto.co.jp

以下記入の上お申し込みください。
御社名
御所属部署名
役職・御名前
TEL
FAX
E-mail

▼以下はメディアの方のみご記入下さい。
御担当媒体名
撮影の有無   □有( スチール / ムービー )  □無

【アンケート】
Q.本セミナーを何でお知りになりましたか?
□WEBサイト(サイト名        ) □ご紹介(ご紹介者名         )
□その他(                                   )
Q.ご参加希望の理由や目的をお聞かせください。

※定員に達し次第、募集は締め切らせていただきます。
※お申し込みは、申込用紙1枚につき1名様とさせていただきます。
※セミナーの開催は東京・恵比寿(JR恵比寿駅より徒歩3分)となりますが、場所の詳細につきましては、開催の3日前までに別途ご連絡いたします。

■報道関係者問い合わせ先
ストレスオフ・アライアンス(仮称)準備委員会 PR事務局
担当:柴山(携帯 070-1389-0172)
E-mail: pr@netamoto.co.jp TEL 03-5411-0066 / FAX 03-3401-7788
  • ライフスタイル

添付資料

会社概要

商号
ストレスオフ・アライアンス準備委員会(ストレスオフ・アライアンスジュンビイインカイ)
代表者
事務局 メディプラス研究所(ジムキョク メディプラスケンキュウジョ)
所在地
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-6-1 恵比寿MFビル2階
TEL
03-6408-5121
業種
その他
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.