2018年08月08日 13:00

クイズで読み解くアート! 常設企画展「よりみち美術館 ~みんなで挑戦、ちょうこくクイズ~」を彫刻の森美術館で開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が運営する彫刻の森美術館は、1969 年に日本で初めての野外美術館として開館しました。庭園を散策しながら、自然と彫刻の調和を楽しめることが特徴です。
作品には作者のさまざまな思いや考え、経験が込められています。作家の表現として誕生した彫刻は、ひとつの言語、一種の伝達手段といえるでしょう。
7月14日よりスタートした常設企画展「よりみち美術館 ~みんなで挑戦、ちょうこくクイズ~」では、コレクションの中から、石や木、金属といった伝統的な素材で作られた彫刻を紹介します。そして、作品の内容をクイズとイラストで表しています。答えを見つけて作者の意図に近づきながら、彫刻の世界にお立ち寄りください。

■ 常設企画展「よりみち美術館 ~みんなで挑戦、ちょうこくクイズ~」
【主  催】彫刻の森美術館(公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団)
【会  期】2018 年 7 月 14日(土)~ 2019 年 7 月 15 日(月・祝)( 予定)
【会  場】 彫刻の森美術館 アートホール
(〒250-0493 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121)
【開館時間】 9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
【入 館 料 】 大人1,600円 / 大・高校生1,200円 / 中・小学生800円
【交通手段】 箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車、徒歩2分

*作品リスト *
1.ジュリアーノ・ヴァンジ(イタリア、1931 年- )
《フロレンツィア》2008 年 花崗岩、金 214×43×87cm

2.ジョエル・シャピロ (アメリカ、1941 年- )
《無題》1985 年 ブロンズ 229×228×133cm

3.ヘンリー・ムーア(イギリス、1898 - 1986 年)
《腰かける女》2008 年 ブロンズ 160×142×104cm

4..ルイーズ・ネヴェルスン (ロシア- アメリカ、1899 - 1988 年)
《無題》1961 年 木、塗料 233×165×30cm

5.イサム・ノグチ(アメリカ、1904 - 1988 年)
《雨の山》1982 年 鋼鉄、亜鉛メッキ 240×78×63cm

6. 篠田守男 (日本、1931 年-)
《テンションとコンプレッション402》1972 - 73 年 アルミニウム、真鍮 23×23×22cm

7.トニー・クラッグ(イギリス、1949 年- )
《アトモス》1991 年 鋼鉄 116× 101、101× 78、89× 76cm

8. ヴェナンツォ・クロチェッティ (イタリア、1913 - 2003 年)
《海辺を歩く少女》1985-93 年 ブロンズ 204×65×75cm

【彫刻の森美術館 概要】
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
TEL:0460-82-1161
FAX:0460-82-1169
URL:http://www.hakone-oam.or.jp

【本件に関するお問い合わせ】
彫刻の森美術館
広報担当:辻井
TEL:0460-82-1161
FAX:0460-82-1169
E-Mail:press@hakone-oam.or.jp
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
公益財団法人彫刻の森芸術文化財団(コウエキザイダンホウジン チョウコクノモリゲイジュツブンカザイダン)
代表者
日枝 久(ヒエダ ヒサシ)
所在地
〒250-0493
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121 
TEL
0460-82-1161
業種
芸術
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.