2018年09月25日 13:00

TechShare,ジヤトコへ DOBOT MagicianとRaspberry Piを利用したビジョンナビゲーション付ロボットアームシステムを納入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、国内正規代理店として取り扱うロボットアームDOBOT Magician及びビジョンシステム開発プロジェクトをジヤトコ株式会社(以下、「ジヤトコ」)より受注し、その第一弾のプロトタイプ納品が完了したことを2018年9月25日付でお知らせいたします。

今後、ジヤトコでの生産工程でのフィールドテストなどを通して改良を重ね、小型部材の整理作業などをDOBOT Magicianを利用した低コストシステムの実現を目指すことになります。

ジヤトコの自動車用トランスミッション生産工場では、投資効果の大きいメインの製品組立ラインや部材搬送システムなどは、既にロボットなどによる自動化が実現されているが、ネジやナットなどの小型の部品の整理やその他軽作業は、多品種少量生産が求められる現状では、高額なロボットアームやカスタムパーツフィーダーなどを投入することがコスト面の問題で課題があった。

DOBOT Magicianは、ロボットアームの本体価格が\139,000-とアルバイト作業員1か月分の給与に満たない投資で購入できる本体重量 約4.0kgの小型の低価格ロボットアームです。元々は、次世代の技術者を育成する教育用に開発されたロボットアームではあるが、500gの可搬、0.2mmの繰返し精度、メーカー保証ではないが200日以上の連続稼働にも耐える耐久性を有することから、従来、導入コストの問題でロボットアームの導入検討が困難であった作業工程を、このロボットアームで代替する可能性を開く、現在、注目されているロボットアームです。

今回ジヤトコからTechShareが受注した開発プロジェクトでは、このDOBOT MagicianとRaspberry Piをコントローラとして採用し、小型パーツの整理作業ができるビジョンシステム付の小型ロボットアームシステムを低価格での実現を目指すもので、その初期プトロタイプの開発が完了し、現場での実利用を想定した実証試験を開始したものです。

ジヤトコのユニット技術部 主管 川本 典弘は、下記のように述べています。「ジヤトコでは、202x年に目指す生産のありたい姿として、5つのゼロの目標を掲げ、製品、工場、工程それぞれに戦略を持って活動を推進中です。なかでも、工場/工程における戦略のありたい姿である組立ラインの無人化を目指すために、自動化の促進がより一層望まれています。大型投資を前提とした産業用ロボットなどを使った自動化設備の導入も進んでおり、生産ラインでの更なる生産性向上を進めるための新たなアイデアを検討中です。その実現のため、低コストで実現できる最新のテクノロジーをいち早く導入し、ボトムアップのアプローチで、アジャイル型の開発や投資で現場に合わせて改善を進めていくことも促進中です。DOBOT MagicianとRaspberry Piは、このようなアプローチの考え方にフィットする性能とコストバランスを持っています。生産現場で利用するにあたり、これらの機器は機能面では、追加開発が必要となりますが、その投資効果については、大きなポテンシャルがあると感じています。今後、フィールドテスト、追加開発を加え、ジヤトコの生産現場で利用できるパッケージを構築していきたいと考えています。」

TechShareの代表取締役 重光貴明は、下記の通り述べています。「多くの日本の生産工場のメインラインでは、従来型の大口投資を必要とするロボットによる自動化は既に完了しています。今後のIndustry 4.0時代のSmart Factoryでは、低価格で導入できるようになった最新のコンポーネントをいち早く導入し、個々の現場の状況に合わせたアジャイル型開発で改善していくことが重要です。今回の開発プロジェクトでは、DOBOT MagicianやRaspberry Piが採用され、弊社とパートナーのエンジニアリングサービスで、実際の生産工場の現場で稼働を前提としたプロトタイプシステム開発ができたことで、今後のビジネスユースの可能性を広げる大きな転換点になったと考えています。」

DOBOT Magicianを利用する現場では、顧客毎に異なった対象物を、異なった環境で作業することが要求されるため、追加のハードウエアやソフトウェア開発が必要になるケースが多くあります。TechShareでは、今回のプロジェクトでソフトウエア開発を担当した株式会社MTMシステムズをはじめDOBOT Magicianの産業界等での利用を促進するためのエンジニアリングパートナーネットワークの整備に取り組んでいます。

また、今回の開発プロジェクトを含めてDOBOT製品の産業界での利用事例などを紹介するイベント「DOBOT User Conference 2018」を2018年12月6日秋葉原UDXで開催される予定です。TechShareでは、今後も、このようなエンジニアリングニーズに対応する体制やユーザ事例など産業ユーザに役立つ情報発信のインフラなどDOBOT社と協力して整備していきたいと考えています。

ジヤトコ株式会社について
社名:ジヤトコ株式会社
所在地:静岡県富士市今泉700番地の1
設立:1999年6月28日

ジヤトコ株式会社は、自動車用変速機(AT、CVT)の専門メーカーで、2017年度の総生産台数は579.8万台、売上高は7,749億円です。現在は国内6拠点、海外はメキシコ、中国、タイの3拠点の計9拠点で生産を行っています。CVTの世界シェアは業界トップを維持し続けており(自社調べ)、2017年は37%でした。世界で唯一、軽自動車用から3.5リッタークラス車用までCVTのフルラインナップを揃えており、2018年にはCVTの累計生産台数が4,000万台を超えました。

ジヤトコホームページ:https://www.jatco.co.jp/

DOBOT社(Shenzhen Yuejiang Technology 社)について
社名:Shenzhen Yuejiang Technology Co. Ltd
所在地:Shenzhen市、中国
設立:2015年

Shenzhen Yuejiang Technology社は、産業用ロボットアームソリューションのレベルアップと拡張アプリケーションの継続的な開発を目指して、中国のShenzhen市で2015年に設立されたベンチャー企業です。設立当初よりDobot1.0、第二世代のDOBOT Magicianをはじめとしたデスクトップの汎用ロボットアームを開発・製造している技術集団で、その主力製品のDOBOTは、KickStarterでも製造メーカー、研究機関、教育機関、個人と幅広いレンジのセクターから高い評価を受け、グローバル展開する急成長するロボットアームのベンチャー企業です。

DOBOT社ホームページ:http://dobot.cc/

TechShareについて
社名:TechShare株式会社
所在地:〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目28-6 TSビル
設立:2012年1月
資本金:2,000万円
代表者:代表取締役 重光 貴明

TechShare株式会社は、シミュレーションソフトウェアとオープンソースハードウェア関連製品の開発・販売と受託開発・技術研修などの技術サービスを提供する企業です。物理シミュレーションや振動解析等のソフトウェア販売事業、Arduino、Raspberry Pi、BeagleBone、Tinker Board、LattePanda等のシングルボードコンピュータ及び量産用カスタムボード等の販売事業、ロボットアームや自律走行ロボットなどのロボット製品販売事業を3つの核として事業展開しています。自動車、建設機械メーカーから、ソフトウェアハウスや開発ベンチャー、官公庁、大学・高専等の教育機関まで、幅広い顧客にサービス提供しています。

オープンソースハードウエア事業関連サイト:http://www.physical-computing.jp/
TechShare公式サイト: http://www.techshare.co.jp/
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

TechShare株式会社
商号
TechShare株式会社(テックシェアカブシキガイシャ)
代表者
重光 貴明(シゲミツ タカアキ)
所在地
〒135-0016
東京都江東区東陽5-28-6 TSビル6F
TEL
03-5683-7293
業種
ハードウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://techshare.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.