2018年10月24日 11:30

Amazon AlexaやGoolge Homeで、声だけで遊べる格闘ゲーム「ボイスカンフー」のユーザー数が1万人を突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートスピーカー用の音声スキルを研究するクリエイターユニット「VoiceApp Lab(ボイスアップラボ、所在地:京都府京都市、代表:コバヤシトール)」が手がけた、Amazon AlexaおよびGoogle Home用「声だけで遊べる格闘ゲーム・ボイスカンフー」のユニークユーザー数が、2018年10月付で1万人を突破したことをお知らせします。

現在までのユーザー動向は次の通りです。

- ユニークユーザー数11,200人(10月23日現在)
- セッション毎の平均発話数18.2回
- 平均滞在時間6分13秒
- 初回起動2週間後の平均リテンション率14.4%

スマートスピーカーはPCやスマートフォンのように画面を持たないため、ユーザーが熱中して遊べるようなゲーム体験を提供するのは困難と考えられていましたが、予想を超えて多くのユーザーに支持されていることが判明しました。


■ 声だけで遊べる格闘ゲーム「ボイスカンフー 」とは?

2月16日に配信開始した「ボイスカンフー」( https://voiceapp-lab.com/apps/kungfu/ )は、声だけで遊べる格闘ゲーム。勝てば勝つほどレベルが上がる、RPG要素をとりこんだ「段位システム」、擬似的に他のユーザーと対戦できる「擬似対戦システム」、ゲーム中断中もキャラクターが対戦し続ける「放置対戦システム」、ゲームの終盤には謎を解いて正しいコマンドを当てる「謎解きシステム」、思わず吹き出すコミカルな「自動命名システム」などの特徴があり、声だけでありながら、何度も遊びたくなる味わい深いゲーム体験を提供します。


■「ジャンケン」がモチーフだから誰でも簡単に遊べる
声だけにもかかわらず簡単に遊べる理由は「ジャンケン」をモチーフにした戦闘システムにあります。「パンチ(キック)」「守る」「投げる」のコマンドが、ジャンケンのグー、チョキ、パーのように「三すくみ」の関係になっており、ルールが分かりやすくなっています。段位が上がると相手がフェイントをかけてきたり、「パンチ、パンチ、キック」のように連続コマンドによる戦いになるため、アクションゲームのように判断力が問われます。これにより単純なルールでありながら、高度な思考や判断力を必要とする仕組みとなっています。


■ ユーザーレビュー(一部抜粋)
「もう30回もクリアしました。一度も負けずにクリア目指してます。ボイスカンフー2の開発をお願いします。」
「子供にどうだろうかと思って入れました。好評です。声で進める格闘RPGのような雰囲気だと思います。」
上記、Alexaスキルページより
https://www.amazon.co.jp/dp/B079RM6VZC/

「出てくる名前が好きすぎる」
「覚えれば簡単で、楽しいです!」
「面白い!誰かジャッキーリーの倒しかた教えて、、、」
「楽しすぎて、はまっちゃったぁ~」
上記、Google Assistant Directoryより
https://assistant.google.com/services/a/uid/000000c20c9aa7c1


■ スクリーンレスのアクションゲームに対するニーズ
ユーザーの中には、目が不自由な方もおられ、そういう方たちにはとくに好評のようです。また、子供の視力を気にする親御さんからは、熱中しても視力低下の心配がないから安心、というご感想をいただき、「スクリーンレスのアクションゲーム」に対するニーズが確実に存在することが分かりました。


■ 起動方法
次のウェイクワードで起動します。(Alexaの場合は、起動前にスマートフォンのAlexaアプリで「ボイスカンフー」を有効にしてください。)

「ねぇグーグル、ボイスカンフーにつないで」
「アレクサ、ボイスカンフーを開いて」


■ プロダクト情報
・音声スキル:ボイスカンフー
・プラットフォーム:Google Home, Amazon Alexa
・価格:無料
・オフィシャルページ:https://voiceapp-lab.com/apps/kungfu/


【 VoiceApp Lab(ボイスアップラボ)について 】
VoiceApp Lab は、Google Home や Amazon Alexa、LINE Clova などスマートスピーカー用の音声スキルの研究&開発をおこなうクリエイターユニットです。2017年10月のGoolge Homeの日本上陸時より活動を開始、上記3プラットフォーム向けに延べ30本以上のスキルをリリースしています。特にエンターテイメント系、習慣系スキルを得意とし、蓄積されたノウハウを元に、音声コンテンツのコンサルティングやコラボレーション開発を行っています。

音声ゲームスキル「ヨシオくん危機一髪!」および「どっちでショー」の利用者数は累計4万件を突破するなど、ユーザーの支持を集めています。
https://www.value-press.com/pressrelease/195523

また、九九学習スキル「キャプテン九九」で、アマゾンAlexaスキルアワード2018のファイナリストに、「ゾンビのまち」で、LINE BOOT AWARDS 2018のファイナリストに選出されています。

HP: https://voiceapp-lab.com/
Twitter: https://twitter.com/voiceapplab
Facebook: https://www.facebook.com/voiceapplab


【お問い合わせ先】
VoiceApp Lab
担当:小林
Email:info@voiceapp-lab.com
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
VoiceApp Lab(ボイスアップラボ)
代表者
小林 貫(コバヤシ トオル)
所在地
〒602-8441
京都府京都市上京区観世町121-11 
TEL
050-5327-3850
業種
ソフトウエア
従業員数
10名未満
会社HP
https://voiceapp-lab.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.