2018年11月08日 11:00

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、QUALCOMM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社は11月8日、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。
2017年4月1日から2018年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

その結果、1位 三菱電機、2位 パナソニック、3位 QUALCOMMとなりました。

1位の三菱電機の注目度の高い特許には、「車両用モーターの制御技術」、「車両用ヘッドアップディスプレイの制御技術」、「HEMS(Home Energy Management System)に組み込んだ電気自動車のバッテリーマネージメント」といった自動車に関連する技術が多く見られます。

2位のパナソニックは、「下肢への電気刺激装置」、「吐水制御付き水栓」、「物体検出センサーの信号処理技術」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。これらの特許は異議申立が不成立となっており、競合他社への高い影響力が伺えます。

3位のQUALCOMMの注目度の高い特許には、「後方互換性のある多元接続ワイヤレス通信を可能にするためのシステム」、「屋内環境におけるナビゲーション用マップ生成」、「IoTデバイス間のコンテキストアウェアネス動作」に関する技術が挙げられ、ハードウェアよりも通信、ソフトウェア関連の技術が多く見られます。

そのほか、4位の京セラは「燃料電池とその電力管理」に関する技術が、5位の富士通は「電子機器の冷却システム」に関する技術が、注目度の高い特許として挙げられます。

詳細については、ランキングデータ「電気機器 特許資産規模ランキング」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2018/11/electric.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社パテント・リザルト(カブシキガイシャパテント・リザルト)
代表者
白山 隆(シラヤマ タカシ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
TEL
03-5802-6580
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.patentresult.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.