2018年12月05日 16:00

「カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場:単層/多層別、用途別2023年予測」最新調査リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場:単層/多層別、用途別2023年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場規模は2018年の45億5000万ドルから、2023年には98億4000万ドル市場にまで拡大が見込まれます。2018年から2023年にかけての同市場規模の平均年成長率は16.7%とレポートでは分析しています。
当レポートでは、2023年に至るカーボンナノチューブの世界市場予測(市場規模US$、量ベースTon)、メソッド別市場(CVD、CCVD、HiPco法)、タイプ別市場(SWCNT、MWCNT)、用途別市場(エレクトロニクス/半導体、化学製品/ポリマー、バッテリー/コンデンサ、エネルギー、医療、新素材、航空宇宙/防衛、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業11社プロフィール動向などの情報も交えて、市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場:単層/多層別、用途別2023年予測
Carbon Nanotubes (CNT) Market by Type (Single, Multi Walled), Method (Chemical Vapor Deposition, Catalytic Chemical Vapor Deposition, High Pressure Carbon Monoxide), Application (Electronics, Chemical, Batteries, Energy, Medical) - Global Forecast to 2023
http://researchstation.jp/report/MAM/13/Carbon_Nanotube_2023_MAM1315.html

【レポート構成概要】
◆ カーボンナノチューブの世界市場予測2016-2023年
・市場規模(US$)
・量ベース(Ton)

◆ メソッド別、市場-2023年
・化学蒸着法(CDV)
・触媒CVD法(CCVD)
・HiPco法
※(市場規模US$、量ベースTon)

◆ タイプ別、市場-2023年
・単層カーボンナノチューブ(SWCNT)
・多層カーボンナノチューブ(MWCNT)
※(市場規模US$、量ベースTon)

◆ 用途別、市場-2023年
・エレクトロニクス/半導体
・化学製品/ポリマー
・バッテリー/コンデンサ
・エネルギー
・医療
・新素材
・航空宇宙/防衛
・その他
※(市場規模US$、量ベースTon)

◆主要国地域別市場-2023年
アジア太平洋
・日本、中国、韓国、マレーシア
・インド、台湾、ベトナム、インドネシア
・その他アジア太平洋
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、フランス、英国、オランダ
・ベルギー、ロシア、トルコ、ポーランド
・その他欧州
中南米
・ブラジル、アルゼンチン
・その他中南米
中東アフリカ
・サウジアラビア、南アフリカ
・その他中東アフリカ
※ 地域別にタイプ別、用途別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界構造分析(ファイブフォース分析)
・マクロ経済概要
・競合状況

◆ カーボンナノチューブの主要企業プロフィール動向
・NANOCYL SA
・ARKEMA SA
・CHEAP TUBES, INC.
・昭和電工株式会社
・東レインターナショナル株式会社
・ARRY INTERNATIONAL GROUP LIMITED
・HANWHA CORPORATION
・CNT CO., LTD.
・CARBON SOLUTIONS, INC.
・CNANO TECHNOLOGY LTD.
・OCSIAL

(全158頁)
【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/13/Carbon_Nanotube_2023_MAM1315.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2018年12月3日

★関連レポート
「カーボンブラックの世界市場:2021年に至る製造法別、用途別市場予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Carbon_Black_2021_MAM538.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
リサーチステーション合同会社(リサーチステーションゴウドウガイシャ)
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
http://researchstation.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.