2018年12月14日 16:00

低コストで利用できる定期通販専用のクラウド型物流サービス「リピロボ」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Eサプライチェーンの自動化、グローバル化ソリューションを提供する株式会社ECロボ(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤彰弘、以下 ECロボ)は、各定期通販カート及びショッピングモール利用者(通販会社)が低コストで利用できるクラウド型通販物流サービス「リピロボ」を2018年12月17日よりリリースいたします。

新サービス提供開始の背景
ECロボは、クラウドWMS500社以上の実績をもっています。これまでのWMSは、アパレルを中心に機能開発されてきましたが、昨今、定期通販市場が急速に拡大しているにもかかわらず、その要件を満たすWMSが販売されていませんでした。そこで定期通販の要件をすべて満たす機能を提供したいとの考えに至り、1年間に渡るシステム開発を行いサービスリリースに至りました。サービスリリースの背景には、急速に増大する定期通販市場の成長と物流業界の人手不足があります。

新サービス概要
リピロボは、日本の通販物流にイノベーションを起こすサービスです。リピロボは、定期通販専用のクラウドWMSと定期通販の出荷に強い低コストの物流サービスの2つからなります。顧客(荷主)は、システム利用は、ECロボと物流代行は、3PL会社と直接契約していただきます。リピロボは、3PL会社から紹介料をいただきません。この仕組みにより、利用者は、最低コストでリピロボを利用でき、3PL会社も適切な売上を確保できます。また、独自に発明したSDバッチ処理により伝票出力から出荷までの業務効率を大幅に削減することが可能となり、人手不足の解消に寄与します。

リピロボの特長
1.ユーザー(荷主)は、LPの品番に対して、同梱施策を自由に設計して利用できます。
2.コンビニ後払い同梱がクラウド印刷で利用できます。(API連係も可能)
3.ECロボが独自に発明したSDバッチにより、伝票出力~出荷業務の効率を30%程度向上します(当社比)。
4.ユーザー(荷主)は、倉庫の出荷ステータス、返品ステータス、入荷ステータス、在庫アラート、配送ステータスなどがダッシュボードでリアルタイムに確認できます。
5.ユーザー(荷主)は、多店舗一元の受注処理機能が利用できます。



今後の展開
現状、リピロボは、受注管理機能とWMS機能を有していますが、今後は、CS機能を追加する計画で、受注からCS業務までを一元管理可能となります。ECロボは、初年度、400社へのリピロボ提供を目指しています。また、提携倉庫は、現在、6社ですが、2019年3月末には、一流倉庫を厳選して20社くらいに増やす計画です。

オープンキャンペーンとして2019年3月末までは、現状のWMSシステムからの同梱ルールなどのデータコンバートを無償で対応していきます。

会社概要
商号   : 株式会社ECロボ
代表者  : 代表取締役 伊藤 彰弘
所在地  : 〒106-0041 東京都港区麻布台1-9-10飯倉ITビル5F
設立   : 2013年7月
資本的  : 5,000万円
事業内容 : Eサプライチェーンの自動化、グローバル化ソリューション
URL : http://www.ecrobo.com/
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社コマースロボティクス
商号
株式会社コマースロボティクス (カブシキガイシャコマースロボティクス )
代表者
伊藤 彰弘(イトウ アキヒロ)
所在地
〒106-0041
東京都港区麻布台1-9-10 飯倉ITビル5F
TEL
03-4431-1337
業種
その他IT関連
上場先
その他
従業員数
500名未満
会社HP
https://commerce-robotics.com/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.