2018年12月18日 16:00

オレンジタグス、ICカード対応CRMシステムのインテグレーションで協業 ウェブ側とNFC対応ICカード・タグとの連携でCRM・顧客管理・販売管理を総合支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IoT製品、FeliCa(フェリカ)やMifare(マイフェア)を含むNFC対応の非接触ICカード・タグの印刷・会員カード制作・製造・販売を行う株式会社オレンジタグス(本社:東京都、代表取締役 仁宮淳、以下オレンジタグス、http://www.orangetags.co.jp)は、クラウド型ICカード対応CRM・顧客管理・販売管理システムのインテグレーション事業において2018年12月18日株式会社イーグリッド(本社:島根県、代表取締役 小村 淳浩、以下イーグリッド、https://www.e-grid.co.jp)と協業を開始した。
◆【特徴・メリット】
従来は、クラウド型CRMシステムの導入には多くのコストがかかっていた。これはウェブ側と同人端末側・クライント側の知識を保有する技術的な難易度と、業務知識や経営コンサルティンなど戦略的な難易度があるため、システム会社が全てを請け負い、これが多くの負担になってきたためである。
ウェブ開発者にとって、ウェブ側と同時に端末側・クライント側での開発は難易度が高いため、オレンジタグスの開発キットプラットフォーム「OrangeMomopass(オレンジ・モモパス)」を利用し、CRM・顧客管理・販売管理においては業務と戦略において強みを発揮するイーグリッドがユーザーへのインテグレーションを行う。またオレンジタグスは、ICカード・ICタグの印刷を行い、会員カード・ポイントカードを制作や番号の管理などイーグリッドの後方支援を行う。
「いつ」「誰が」「どこから」という情報を、端末側のICチップのチップID番号などからウェブ側へデータを蓄積し、購入履歴、顧客属性情報(プロファイリング)、ログイン、本人確認などを行い、顧客を認識する。店舗側は、レジ周辺システムと、顧客へのリーチ(販売促進)を通して、顧客との間の関係を見直す。顧客とより信頼性の高い関係を構築し、購入してくれた顧客やリピート顧客から、ロイヤルユーザーを育成し、少ない労力で顧客獲得につなげ、顧客側と店舗側の総合利益(WIN-WIN)となるCRM経営に注力できる。
(参考)http://www.orangetags.co.jp/aboutorangetags.html
(参考)https://www.e-grid.co.jp/business
今後も両社の協業を推進し、インフラ面では、ICタグやICカード印刷・会員証発行などのフルフィルメント・アウトソーシングや、ハードウェア・リーダライタ製品においてはSONY製品、PaSoRi(パソリ)RC-S380/Sなどへと拡充し、より汎用的な利用シーンでの適用を図る。業務面・ソリューション分野においては、販売促進、ポイント管理、予約管理、ログイン管理、分析、売上管理、セミナー管理、勤怠管理、日報管理、在庫管理など幅広い分野へのソリューションを広げる予定となっている。ウェブ側と端末側が連携される事により、IoTの推進だけでなく、O2O(Online to Offline)サービスを中堅中小規模でも安価で簡単に出来るようになる。

◆【導入実績】
OrangeMomopass(オレンジ・モモパス)はすでに上場企業を含む複数社で導入が決まっており、IoTシステム・ポイント管理や会員システム・ログイン認証などO2O(Online to Offline)サービスとして利用されている。オレンジタグスは、ウェブ開発会社やクラウド事業者などのソリューションパートナーのさらなる拡充を行い、開発ツールとともに、低価格に強みをもっている同社の会員カード・ICカード・ICタグの拡充とコストダウンソリューションを提供する体制を整えている。
(参考)会員カード印刷・ポイントカード制作 http://www.orangetags.co.jp/print_members_card.html

【NFC開発キット101(ワンオーワン)シリーズとは?】
(参考) http://www.orangetags.co.jp/nfc_development_start_kit.html
(導入事例)http://www.orangetags.co.jp/software_application.html
会員・ポイント管理・顧客管理、電子マネー、イベント会場やセミナーでの受付管理 、塾・学校での出席管理 、診察券による病院受付管理、地域観光地や商店街のスタンプラリー 、地域共通マネー・共通ポイントサービス、タイムカード・勤怠管理 、入退出管理・受付、貸し出し管理・資産管理など様々な用途に利用可能
【NFC(Near Field Communication:ISO18092)とは?】
NFCは、国内で普及しているフェリカ(FeliCa) やマイフェア(Mifare)等非接触ICカード・ICタグの共通通信方式としてISO/IEC18092に規定された近距離無線通信の国際標準規格。トータル導入コストの削減や、各種NFCカード・タグへの対応、様々な通信規格やタグ形状(キーホルダ型、シール型等)に対応したサービスが安価に提供できるようになる。最近ではAndroid端末やiPhone端末にNFCが搭載されている。

【会社概要】
株式会社オレンジタグスは、各IoT製品を全世界に供給するグローバルメーカーです。FeliCa(フェリカ)やMifare(マイフェア)を含むNFC対応の非接触ICカード・タグの印刷・会員カード制作・製造・販売を行い、ポイントカードや会員カードの管理、IDセキュリティ関連業務、ソフト開発、開発ツール・開発キットやリーダライタの提供・開発・OEM、組込モジュール等、IoTの総合支援を行っている。
◆社名/株式会社オレンジタグス、代表者名/代表取締役 仁宮 淳、所在地/東京都
◆ウェブサイト
会社ホームページ http://www.orangetags.co.jp
技術者向けNFC開発支援サイトURL http://developers.orangetags.jp
◆業務内容
1. 各種IoT製品の製造・販売・関連サービス
NFC対応非接触ICカード・ICタグの設計・開発・カスタム・製造・販売、
NFCカード印刷、NFCタグ印刷、会員カード・ポイントカードの制作、シール加工、
データ入力、NDEF入力、発送請負・関連サービス
ハードウェア製品・組込モジュールの設計・開発・製造、アンテナ設計、試作評価
2. IoTシステム・ソフトウェア開発・関連サービス
電子マネーシステム、ポイントシステムの開発
カード認証、セキュリティシステム、ミドルウェア、開発キット、カスタムAPI開発
ウェブサイト開発・運営管理、各種業務請負・アウトソーシング業務、
◆主要販売先 http://www.orangetags.co.jp/aboutorangetags.html
2千社以上のソリューションパートナー、上場大手企業から中小・個人規模までの社内情報システム部門・総務部門・教育機関・研究機関、システム開発会社など

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社オレンジタグス
商号
株式会社オレンジタグス(カブシキカイシャオレンジタグス)
代表者
仁宮 淳(ニミヤ アツシ)
所在地
〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-12-12 振興ビル2階
TEL
03-5843-9084
業種
その他IT関連
上場先
未上場
会社HP
http://www.orangetags.co.jp
IR情報
http://www.orangetags.co.jp
公式ブログ
http://www.orangetags.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.