2019年01月15日 14:00

日本モレックス、搬送用コンベアのローラードライブに向けた汎用性の高いアナログモジュール「HarshIO Ethernet I/Oモジュール」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年1月15日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、専用システムを用いることなく搬送用コンベアのモーターローラードライブ(MDR)を制御可能なアナログモジュール「HarshIO Ethernet I/Oモジュール」を本日発表しました。

通常、搬送用コンベアのMDRは、メーカー固有の専用システムによって制御されます。モレックスのHarshIO Ethernet I/Oモジュールは特定のシステムを必要とせず、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)に接続することで、Ethernetフィールドバスを介してMDRが制御可能な汎用性の高いアナログモジュールです。

本モジュールは最大4つのMDRを接続でき、15段階の速度調整、方向、スタート/ストップの制御のほか、伊東電機製PM500XE/XPおよびInterroll製EC310 MDRについては自動検出が可能です。また、コードセットとモジュールとをワンタッチ接続可能なモレックスの特許技術Ultra-Lockプッシュトゥロックを採用しているため、迅速かつ安全に接続できます。EtherNet/IP、PROFINET対応。


HarshIO Ethernet I/Oモジュールの主な特徴

・ IP67規格に準拠し、塵や弱水流の侵入を防ぎ過酷な産業用アプリケーションに適応

・ Ethernetスイッチを2ポート備えているため、Ethernet/IPネットワークのデイジーチェーン接続が可能で、リング構成のEthernetネットワークによって冗長化に対応

・ ネットワーク、電源、およびI/Oの状態を視覚的に確認可能な診断用LEDを搭載

・ 電源用コネクターは4極もしくは5極が選択でき、各国の工場設備要件に対応可能


本アナログモジュールは、FAやマテハン、製造ライン、手荷物処理をはじめ、各種産業分野における倉庫管理、運搬や仕分けなどの搬送ライン用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイト http://www.japanese.molex.com/link/harshio.html をご覧下さい。



モレックスについて
モレックスは世界中のお客様に電子ソリューションを提供するため、日々技術革新に取り組んでいる。モレックスは世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、家電、インダストリアル、自動車、商用車および医療など数多くの市場に、各種接続システムをはじめとした最適な電子ソリューションとサービスを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
日本モレックス合同会社(ニホンモレックスゴウドウカイシャ)
代表者
梶 純一(カジ ジュンイチ)
所在地
〒242-8585
神奈川県大和市深見東1-5-4 
TEL
046-261-4500
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.japanese.molex.com/
公式ブログ
http://www.connector.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.