2018年12月27日 17:00

TPCマーケティングリサーチ株式会社、肥料・土壌改良材市場について調査結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年度の肥料・土壌改良材市場は、前年度比1.9%減の1,821億円となった。これは、農業従事者の高齢化、労働力の不足等により、国内市場が厳しい状況であることに起因している。そうした中、メーカー各社は、「トータルソリューション」「省力化肥料」「海外展開」などの事業戦略により、起死回生を狙っている。当資料では、肥料・土壌改良材を展開する主要肥料メーカーの製品展開状況や研究開発動向、今後の方向性等について分析している。

概要
◆2017年度における肥料・土壌改良材市場は、前年度比1.9%減の1,821億円となった。国内を取り巻く肥料・土壌改良材市場の現状は、農業従事者の高齢化、労働力の不足等により厳しい状況にあり、今後も緩やかに減少することが予測される。

◆しかし、メーカー各社は、自社肥料の拡販を狙った「トータルソリューション」、施肥回数を減らすことが可能な「省力化肥料」、海外拠点を足がかりとした「海外展開」などの事業戦略により、起死回生を狙う。

◆「トータルソリューション」では、サンアグロが専用肥料の使用を前提とした施肥法を提案。施肥法と肥料の両面から、トータルに農業従事者をサポートしている。「省力化肥料」では、多木化学がコーティング肥料(被覆肥料)の拡販による省力化を訴求している。「海外展開」においては、OATアグリオが2018年にスペインの農業資材関連会社2社を拠点として買収。販売チャネルを活用して、世界中に自社製品の海外展開を加速させている。

◆当資料では、肥料・土壌改良材を展開する主要肥料メーカーの事業戦略(製品展開状況、肥料登録状況、研究開発動向、今後の方向性等)をまとめたレポートとなっている。

TPC市場調査レポート
「2019年 肥料・土壌改良材の市場動向分析調査」
―今後の事業展開はトータルソリューション、省力化肥料、海外展開―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410190450
資料体裁:A4判134頁
発刊日:2018年12月26日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.